Skip To Content

インストール オプション

1 つまたは複数の言語パックのインストール、ArcGIS Pro のサイレント インストール、およびアプリケーションとそのコンポーネントのアンインストールを実行できます。また、ArcGIS Pro の更新がリリースされたときに、デフォルトで更新を取得したり、セッション中に更新を確認することもできます。

ArcGIS Pro のローカライズ バージョンのインストール

setup.exe は、完全にローカライズされた状態で実行できます。setup.exe は自動展開する実行可能ファイルであり、コア製品の ArcGISPro.msi を実行した後、2 番目のインストールとして言語パック Pro<language>LP.msi を実行します。たとえば、スペイン語版 ArcGIS Pro の setup.exe を実行すると、ArcGIS Pro のセットアップとスペイン語の言語パックがインストールされます。それ以外の言語パックを追加する場合は、別途インストールする必要があります。

setup.exe は ArcGIS Pro のセットアップを実行し、言語パックを自動的にインストールします。セットアップごとに [プログラムの追加と削除] アイテムが用意されています。ArcGIS Pro のアンインストール処理を実行しても、言語パックはアンインストールされないので、言語パックを個別にアンインストールする必要があります。

ArcGIS Pro は、次の言語をサポートしています。

  • アラビア語
  • 中国語 (簡体字)
  • チェコ語
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ヘブライ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ポルトガル (ブラジル) 語
  • ロシア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
  • トルコ語

注意:

ローカライズ版 ArcGIS Pro のインストールを実行すると、セットアップが完了した時点で ArcGIS Pro を実行するオプションが [インストールの準備ができました] ダイアログ ボックスに表示されます。このオプションをオンのままにすると、コア製品とそれに対応する言語パックをインストールした後で ArcGIS Pro が起動します。ArcGIS Pro は、サイレント インストールの実行後は自動的に起動しません。

コマンド ライン パラメーターを使用した ArcGIS Pro のサイレント インストール

Windows インストーラーのコマンド ライン パラメーターを使用してセットアップを実行すると、ArcGIS Pro をユーザー インターフェイスを使用せずにインストールすることができます。

ArcGIS Pro インストールのコマンド ライン パラメーター

ArcGISPro.msi を実行するときに使用できるコマンド ライン パラメーターは次のとおりです。必要に応じて、これらを MSI コマンドライン オプションと組み合わせて使用します。パラメーターは大文字と小文字を区別し、次の定義に従って使用する必要があります。

INSTALLDIR

ArcGIS Pro のインストール場所。指定しないと、インストール先の場所が %System Drive%\Program Files\ArcGIS\Pro (コンピューター単位のインストールの場合) または %System Drive%\%USERPROFILE%\AppData\Local\Programs\ArcGIS\Pro (現在のユーザー インスタンス単位のインストールの場合) になります (ALLUSERS プロパティの説明をご参照ください)。

ALLUSERS

ArcGIS Pro セットアップのインストール コンテキストを定義します。ALLUSERS=1 はコンピューター単位のインストールを意味し、ALLUSERS=2 はユーザー インスタンス単位のインストールを意味します。このパラメーターを指定しないと、デフォルトでユーザー単位のインストールが実行されます。

管理者権限のないユーザーが ALLUSERS=1 に設定した場合、インストールは正常に実行されません。

ENABLEEUEI

Esri User Experience Improvement プログラムへの参加を有効にするかどうかを指定します。デフォルト値は 1 (参加を有効にする) です。参加しない場合は、ENABLEEUEI=0 を指定します。

BLOCKADDINS

指定した場合、システム管理者は BlockAddins レジストリ値を使用して、ArcGIS Pro が読み込むアドインのタイプを構成できます。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Esri\ArcGISPro\Settings の下に作成します。

このプロパティは、コンピューター単位のインストール中にのみ読み取られるので注意してください。ユーザー単位のセットアップでは、指定されていても無視されます。

BLOCKADDINS=#0 を設定した場合、アドインにデジタル署名が含まれているかどうかにかかわらず、すべてのアドインが読み込まれます。#1 を設定した場合、信頼できる認証機関によってデジタルに割り当てられたアドインのみが読み込まれます。#2 を設定した場合、Esri が公開したアドインのみが読み込まれます。#3 を設定した場合、管理者フォルダーのアドインおよび Esri が公開したアドインのみが読み込まれます。#4 を設定した場合、アドインは読み込まれず、実行されません。

CHECKFORUPDATESATSTARTUP

コンピューター単位のインストールの場合にのみ、このプロパティを 0 に設定すると、ArcGIS Pro の自動更新通知が無効化されます。指定しない場合、このプロパティはデフォルトで 1 に設定されます。

ESRI_LICENSE_HOST

ライセンス マネージャーのホスト名を指定します。

SOFTWARE_CLASS

「Viewer」、「Editor」、または「Professional」を指定できます。

AUTHORIZATION_TYPE

ArcGIS Pro を単独使用シートとしてインストールする場合は「SINGLE_USE」、同時使用シートとしてインストールする場合は「CONCURRENT_USE」、指定ユーザー ライセンスの場合は「NAMED_USER」を使用します。

LOCK_AUTH_SETTINGS

ArcGIS Pro のコンピューター単位のサイレント インストール時、認証タイプが定義されている場合、このパラメーターは、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Esri\ArcGISPro\Licensing の下で True に設定されます。LOCK_AUTH_SETTINGS が True の場合は、レジストリ内のライセンス設定がそのコンピューター上のすべての ArcGIS Pro ユーザーに適用されるため、個々のユーザーは変更を加えることができません。そのコンピューター上の ArcGIS Pro ユーザーが ArcGIS Pro アプリケーションを使用して独自の認証設定を定義できるようにするには、LOCK_AUTH_SETTINGS を False に設定します。

ArcGIS_Connection

www.arcgis.com への接続を [ポータル] ページから利用可能にすべきかどうかを指定します。接続を含めるには、このプロパティを「TRUE」に設定します。「FALSE」に設定した場合、接続は [ポータル] ページに表示されません。

Portal_List

1 つ以上のポータル接続を [ポータル] ページに追加するには、Portal_List="<portalURL1>; <portalURL2>" のように設定します。ポータル URL を区切るには、セミコロンを使用します。

「ArcGIS_Connection」を「False」に設定した場合、このプロパティは「arcgis.com」を含むことができません。

ポータルが HTTPS をサポートしている場合は、Portal_List の URL で HTTPS を使用することを強くお勧めします。

License_URL

指定ユーザー ライセンス ポータルの URL を指定するには、License_URL="<portalURL>" を設定します。

「ArcGIS_Connection」を「False」に設定した場合、「License_URL」は「arcgis.com」を含むことができません。このプロパティを使用するには、「AUTHORIZATION_TYPE」を「NAMED_USER」に設定する必要があります。

の標準サイレント インストールの実行方法 ArcGIS Pro

コマンド ラインから次のセットアップを実行して、ArcGIS Pro をコンピューター単位 (すべてのユーザー) のコンテキストでインストールします。

msiexec.exe /i <setup staging location>\ArcGISPro.msi ALLUSERS=1 INSTALLDIR="C:\MyArcGISPro\" /qb
注意:

/qb を指定すると、進行状況とエラー処理の基本的な UI が表示されます。/qr を指定すると、表示される UI の数が少なくなり、/qn を指定すると、UI が何も表示されなくなります。詳細は、MSDN に関するトピック「コマンドライン オプション」をご参照ください。

ArcGIS Pro のアンインストール

Windows 7 および Windows Server 2008 の場合は、[スタート] > [コントロール パネル] の順にクリックして [プログラムのアンインストール] を選択します。削除するプログラムをリストから選択します。

Windows 8.1 および Windows Server 2012 の場合は、画面の右上隅にマウス ポインターを合わせて下に移動し、[検索] をクリックして、検索ボックスから [コントロール パネル] にアクセスします (タッチ スクリーンを使用しない場合)。[プログラムのアンインストール] をクリックして、削除するプログラムをリストから選択します。

Windows 10 の場合、[スタート] メニューで [設定] を選択してから [システム][アプリと機能] の順に選択します。削除するプログラムを選択して、[アンインストール] をクリックします。

ArcGIS Pro 製品のサイレント アンインストール

製品をサイレント アンインストールするには、次の Windows インストーラー コマンドを使用します。

msiexec.exe /x <{product code}> /qb

ArcGIS Pro スイートの製品コードは、該当する製品のレジストリ キーの文字列値 ProductCode 内にある HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Esri (コンピューター単位のインストールの場合) または HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Esri (ユーザー単位のインストールの場合) のレジストリで確認できます。

プロダクトVersion製品コード

ArcGIS Pro

1.0

{E7549454-0E98-4FD3-A802-4203391A544F}

1.0.2

{C3E96E9C-8FFD-441E-B2D8-A3D517FF320C}

1.1

{E6A90F07-DFF5-43A2-A6A0-75B338A3FE18}

1.2

{42FEFFA4-9449-4712-A9D6-D207F9B040DC}

1.3

{3D77DC61-4F04-4A38-B565-5120F736699F}

1.4

{47713041-D242-4904-B8B7-6A3D44DFE3E8}

2.0

{28A4967F-DE0D-4076-B62D-A1A9EA62FF0A}

2.1

{0368352A-8996-4E80-B9A1-B1BA43FAE6E6}

ArcGIS Pro オフライン ヘルプ

1.0

{1996F49D-D39C-4249-A4B0-2F74362E3AEF}

1.1

{AE7E6C01-2DEF-4182-9FEC-93DBB804C0C3}

1.2

{50B4C28F-54EA-4F67-A9FD-C5CA622D45C7}

1.3

{C41BEC9D-90A1-4D8C-ADE2-E713A6BDB6A5}

1.4

{D62609CF-ABFF-4DAC-A326-74450D27AE8C}

2.0

{BD50C978-ABC5-4987-96BD-C8BAFA5CD6D5}

2.1

{BE56B59B-43D0-4B75-8AEC-4FACB6D3979A}

ArcGIS Pro SDK

1.1

{9085867D-27EF-4EB4-9DB9-D9E4FD39A983}

1.2

{955849E0-A873-4C71-9066-76B2494D8B91}

1.3

{1DF9DEB2-0F84-494F-87F2-3A3A8A800E01}

1.4

{84217415-BBB7-4E15-8A47-3673E6C96746}

2.0

MSI はありません。VSIX のみです。

ArcGIS Pro Python

1.0

{FCF420D1-5597-4AD7-803B-0F6184A3E2E6}

1.1

{0CE06A42-FFF2-4AF1-9B3F-346462AE2140}

1.2

{7AEB78CA-A57D-4E01-99DA-837FB0E727D6}

ArcGIS Pro ソフトウェアの更新の取得

  1. Esri がアプリケーションの更新をリリースすると、デフォルトでは、ArcGIS Pro の開始時に通知が表示されます。通知メッセージをクリックして、更新の詳細を表示し、更新プロセスを開始することができます。
  2. セッションの間に更新を確認するには、[プロジェクト] タブをクリックして [バージョン情報] をクリックします。更新が存在する場合、更新プロセスを実行できます。また、ArcGIS Pro の起動時に更新を確認するオプションをオフにすることもできます。

注意:

システム管理者が ArcGIS Pro のコンピューター単位のインストールに対して自動更新通知を無効化するには、レジストリ キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Esri\ArcGISPro\Settings で CheckForUpdatesAtStartup の値を 0 に設定します。