Skip To Content

同時使用ライセンス

ArcGIS Pro のデフォルトのライセンス タイプは、指定ユーザーです。ArcGIS Pro で同時使用ライセンスを使用する前に、管理者が My Esri で指定ユーザー ライセンスを同時使用ライセンスに変更しておく必要があります。同時使用ライセンスは、保守が有効な ArcGIS Desktop の同時使用ライセンスをすでに持っている顧客のみが利用できるので注意してください。

同時使用ライセンスは、ArcGIS License Manager を使用して認証および管理します。ArcGIS License Manager はネットワーク上の 1 台のコンピューターにインストールされ、コア製品 (ArcGIS ProArcMapArcCatalogArcScene、および ArcGlobe) とエクステンションのライセンスが利用可能になります。

同時使用ライセンスは、利用可能なライセンスのプールからユーザーによってチェック アウトされます。管理者が ArcGIS License Manager をインストールしてライセンスを利用可能にすると、ユーザーは ArcGIS Pro を起動して、[ライセンス] ダイアログ ボックスから利用可能なライセンスをチェック アウトできるようになります。

ArcGIS Pro ライセンスを利用可能にした組織の管理者は、同時使用ライセンスを使用するために、次の手順を完了する必要があります。「ArcGIS License Manager ガイド」には、ArcGIS License Manager を使用してライセンスをインストール、構成、認証するための手順が記載されています。

  1. My Esri にサイン インして、指定ユーザー ライセンスから同時使用ライセンスに変更および管理します。
  2. ArcGIS License Manager をインストールします。
  3. ArcGIS License Manager を使用して、変更したライセンスを認証します。
  4. ライセンスをチェック アウトする ArcGIS License Manager を指定するように、ArcGIS Pro を構成します。
注意:

ArcGIS Pro 2.0 同時使用ライセンスを管理するには、ArcGIS License Manager 10.5.1 以降をインストールする必要があります。

My Esri での同時使用ライセンスの管理

ArcGIS License Manager で同時使用ライセンスの保存と管理を行う前に、My Esri で指定ユーザー ライセンスを同時使用ライセンスに変更しておく必要があります。My Esri でライセンス情報を表示するには、管理者権限を持っている必要があります。

My Esri でのライセンスの表示

  1. My Esri にアクセスし、Esri アカウントの認証情報を使用してサイン インします。
  2. [組織] をクリックします。

    所属している組織のリストが表示されます。

  3. [ライセンス] をクリックします。

    ライセンスを管理するオプションの一覧が表示されます。

  4. ページの左側にある [ライセンス] で、[認証の表示] タブをクリックします。

    組織の認証済みライセンスのリストが表示されます。

  5. [クイック サーチ] ボックスに「ArcGIS Pro」と入力して、リストをフィルター処理します。[並べ替え] ドロップダウン メニューを [ライセンス タイプ] に設定します。
  6. リスト内にあるアイテムの [詳細] ボタンをクリックすると、認証番号などの情報が表示されます。
  7. リストに同時使用ライセンスがない場合や、他の指定ユーザー ライセンスを同時使用ライセンスに変更する場合は、次のセクションに進みます。

指定ユーザー ライセンスから同時使用ライセンスへの変更

ArcGIS Pro を利用可能にした組織の管理者は、My Esri で指定ユーザー ライセンスを同時使用ライセンスに変更できます。

  1. My Esri にアクセスしてサイン インします。
  2. [組織] をクリックします。

    所属している組織のリストが表示されます。

  3. [ライセンス] をクリックします。

    ライセンスを管理するオプションの一覧が表示されます。

  4. ページの左側で、[ArcGIS Pro 指定ユーザー ライセンスの変換] タブをクリックします。

    ライセンスを付与されたコア製品とエクステンション製品のリストが表示されます。コア製品は、エクステンションを除く ArcGIS Pro アプリケーションです。[製品] 列に変更するライセンスが見つからない場合は、列名の上にあるドロップダウン メニューを使用してリストをフィルター処理するか、[クイック サーチ] ボックスを使用します。

    リストの [指定ユーザー] 列には、各製品で利用可能な指定ユーザー ライセンスの数が表示されます。

  5. 変更するライセンスを特定したら、[ArcGIS Pro 指定ユーザー ライセンスの変換] ページの手順とガイドラインに従います。次に、これらの手順の概要を説明します。

  1. [ステップ 1: ライセンスの選択] では、[アクション] 列で、変換するライセンスの [変換] をクリックします。
  2. [手順 2: ライセンスの変換] では、[数量] ボックスで、変換するライセンスの数を指定します。[次へ] をクリックします。
  3. [ステップ 3: 確認] では、設定を確認します。変更が必要な場合は、[戻る] をクリックします。準備が整ったら、[ライセンスの変更] をクリックします。

    ライセンスが正常に変換されたら、結果として認証番号が表示されます。これらの数値は、Esri アカウントに関連付けられている電子メール アドレスにも送信されます。

  4. 必要に応じて、[エクスポート: PDF] または [エクスポート: Excel] をクリックして、数値をファイルに保存します。
  5. 現在のすべてのライセンスを表示するには、[認証サマリーの表示] をクリックします。

    注意:

    新しく割り当てられたライセンスが表示されるまで、最大 30 分かかる場合があります。

  6. 必要に応じて、ソフトウェア認証ウィザードで認証番号を手動で入力しなくても済むように、プロビジョニング ファイルを作成します。[組織] タブで、左側にある [新しいプロビジョニング ファイルの作成] タブをクリックして、ファイルを作成する手順に従います。

ArcGIS License Manager を使用して同時使用ライセンスを認証

ArcGIS Pro を利用可能にした組織の管理者は、アプリケーションを使用できるようにライセンスを認証する必要があります。同時使用ライセンスは、ArcGIS License Manager を使用して保存および管理します。ArcGIS License Manager をインストールしてライセンスを利用可能にすると、ユーザーは ArcGIS Pro を起動して、利用可能なライセンスをチェック アウトできるようになります。「ArcGIS License Manager ガイド」には、ArcGIS License Manager を使用してライセンスをインストール、構成、認証するための手順が記載されています。

  1. ArcGIS License Manager をインストールします。
  2. ArcGIS License Server Administrator を起動します。
  3. ディレクトリ ツリーで、[認証] フォルダーをクリックします。
  4. [バージョン] の下で、ArcGIS Pro の正しいバージョンを選択します。
  5. [今すぐ認証] をクリックして、ソフトウェア認証ウィザードを開きます。
  6. My Esri からの同時使用ライセンスの認証番号またはプロビジョニング ファイルを使用して、ソフトウェア認証ウィザードを完了します。

    注意:

    ArcGIS Pro は、他の ArcGIS Desktop アプリケーション (ArcMapArcCatalogArcScene、および ArcGlobe) とは異なる同時使用ライセンスを使用します。ArcMap の認証番号は、ArcGIS Pro の認証には使用できません。

  7. ArcGIS License Server Administrator で、ディレクトリ ツリーの [利用可能ライセンス] フォルダーをクリックします。

    認証済みの利用可能ライセンスが表示されます。

同時使用ライセンスでの ArcGIS Pro の起動

同時使用ライセンスが認証されると、ArcGIS Pro は同時使用ライセンスで起動できます。

  1. ArcGIS Pro を起動します。
  2. [ArcGIS サイン イン] ウィンドウで、[ライセンス オプションの構成] をクリックします。

    [ライセンス] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [ライセンス] ダイアログ ボックスにある [ライセンス タイプ] ドロップダウン リストで [同時使用ライセンス] を選択します。
  4. [ライセンス レベル] の下で、ライセンス レベル (Advanced、Standard、Basic) を選択します。
  5. ライセンス マネージャーの名前を入力します。必要に応じて、バックアップ ライセンス マネージャーの名前を入力します。

    利用可能なライセンスとエクステンションが表示されます。コア製品ライセンス (ArcGIS Pro Advanced など) がデフォルトでオンになっています。ライセンスが表示されない場合は、[更新] をクリックします。

  6. [ライセンス] 列で、使用する利用可能なエクステンション製品のチェックボックスをオンにします。[OK] をクリックします。

    注意:

    ライセンスの変更を有効にするには、ArcGIS Pro を再起動する必要があります。

ライセンス情報の確認と更新

ArcGIS Pro セッションで、開始ページまたは [プロジェクト] タブからライセンス情報を確認および変更できます。

  1. プロジェクトを開いている場合は、リボンの [プロジェクト] タブをクリックします。開始ページが表示されている場合は、[ArcGIS Pro について] をクリックします。
  2. [ライセンス] をクリックすると、ライセンス レベル、エクステンション、および設定が表示されます。
  3. 設定を変更するには、[ライセンス オプションの構成] をクリックします。

    [ライセンス] ダイアログ ボックスが開き、別のライセンス タイプを選択できます。

オフライン作業

ライセンスをオフラインで利用できるようにすると、ArcGIS Pro をオフライン環境で操作できます。

  1. プロジェクトを開いている場合は、リボンの [プロジェクト] タブをクリックします。開始ページが表示されている場合は、[ArcGIS Pro について] をクリックします。
  2. [ライセンス] をクリックします。
  3. [設定] の下で、[ArcGIS Pro がオフラインで動作するように認証] チェックボックスをオンにします。必要な日数を指定します。

    これで、コンピューターがライセンス マネージャーと接続されていないときに ArcGIS Pro を使用できるようになりました。

  4. ライセンスをチェック インするには、[ArcGIS Pro がオフラインで動作するように認証] チェックボックスをオフにします。

関連トピック