Skip To Content

ArcGIS Desktop のライセンス タイプ

ArcGIS Desktop は、次の 3 つのライセンス タイプを提供しています。

  • 指定ユーザー (ArcGIS Pro でのみ使用できます)
  • 単独使用
  • 同時使用

指定ユーザー ライセンス

指定ユーザー ライセンス タイプは、ArcGIS Pro でのみ使用でき、ArcGIS Pro のデフォルトのライセンス タイプです。別のライセンス タイプを使用することも可能ですが、My Esri でライセンスを変更する必要があります。

指定ユーザー ライセンス タイプでは、ArcGIS Pro のコア製品およびエクステンションのライセンスが ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 組織のメンバーに割り当てられます。ライセンスは、ArcGIS 組織の管理者によって組織の Web アプリケーションを使用して割り当てられます。

ArcGIS Online における ArcGIS Pro のライセンス管理のユーザー インターフェイス
ArcGIS 組織の管理者は、ArcGIS Pro ライセンスを組織の選択したメンバーに割り当てます。

ArcGIS Pro ライセンスを割り当てられた組織のメンバーは、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise アカウントの認証情報を使用して ArcGIS Pro にサイン インします。メンバーは、アプリケーションがインストールされている任意のコンピューターで (同時に最大 3 台のコンピューターまで) サイン インできます。

アプリケーションは、組織の管理者が指定したライセンス レベル (Advanced、Standard、Basic) で、ライセンスを割り当てられているエクステンションとともに実行されます。ライセンスのタイプとレベルは、ArcGIS Pro[ライセンス] ページで確認できます。

ArcGIS Pro の指定ユーザーのライセンス タイプ

注意:

複数の ArcGIS Pro ライセンス タイプを組み合わせて使用することも可能です。特定数の指定ユーザー ライセンスを維持しながら、一部を同時使用または単独使用に変更できます。詳細については、「指定ユーザー ライセンスから単独使用ライセンスへの変更」および「指定ユーザー ライセンスから同時使用ライセンスへの変更」をご参照ください。

単独使用ライセンス

単独使用ライセンスは、デスクトップ コンピューターなど 1 台のコンピューターで ArcGIS Desktop (オプションで ArcGIS Pro を含む) を使用できるように、1 人のユーザーを認証します。このライセンスは、ラップトップ コンピューターなど 2 台目のコンピューターでも ArcGIS Desktop を使用できるように、同じユーザーを認証します。ただし、ソフトウェアを 2 台のコンピューターで同時に使用することはできません。

単独使用ライセンスは、他の個人ユーザーが使用する別のコンピューターに移行できます。移行するには、現在認証されているコンピューターでライセンスの認証を解除してから、新しいコンピューターで認証プロセスを繰り返します。

単独使用ライセンスで ArcGIS Pro を使用するためにサイン インする必要はありません。ただし、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise のコンテンツにアクセスするには、ArcGIS アカウントの認証情報を使用してサイン インする必要があります。

同時使用ライセンス

同時使用ライセンスを使用すると、複数のユーザーが、ネットワーク上の任意のコンピューターまたは仮想コンピューターから ArcGIS Desktop (オプションで ArcGIS Pro を含む) へのアクセスを共有することができます。ネットワーク コンピューター上にインストールされた ArcGIS License Manager ソフトウェアは、プールにある共有ライセンスの配布を管理します。プール内の同時使用ライセンスの数によって、同時にソフトウェアを使用できるユーザー数が決まります。ユーザーが同時使用ライセンスを使用して ArcGIS Pro を起動すると、ソフトウェアはライセンス マネージャーにリクエストを送信して、ライセンスが利用可能かどうかを判断します。ユーザーは使用可能なあらゆるライセンス レベルとエクステンションを選択できます。この時点で、ソフトウェアが有効化され、利用可能なライセンスの数が 1 つ減少します。ユーザーがソフトウェアの使用を停止すると、ライセンスはプールに返却されます。

また、同時使用ライセンスをライセンス マネージャーから借用して、ユーザーがネットワークに接続していないときにソフトウェアを指定された時間だけ使用することもできます。ライセンスを借用すると、プール内の利用可能なライセンスの数が 1 つ減少します。ユーザーがネットワークに再接続すると、このライセンスがプールに返却されます (指定された借用時間が終了すると、ライセンスは自動的に返却されます)。

同時使用ライセンスで ArcGIS Pro を使用するためにサイン インする必要はありません。ただし、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise のコンテンツにアクセスするには、ArcGIS アカウントの認証情報を使用してサイン インする必要があります。

関連トピック