Skip To Content

ArcGIS Pro のライセンス タイプ

ArcGIS Pro には、3 つのライセンス タイプがあります。以下では、管理者およびユーザー向けの一般的なライセンス情報を提供します。

ArcGIS Pro のライセンス タイプ

ArcGIS Pro では、3 つのライセンス タイプを利用できます。指定ユーザー、同時使用、および単独使用です。指定ユーザー ライセンスはデフォルトのタイプで、ほとんどの場合に使用されます。

指定ユーザー ライセンスの場合、ArcGIS Online または Portal for ArcGIS メンバーは、ArcGIS Pro がインストールされた任意のコンピューター上でこのアプリケーションにサイン インして使用できます。ArcGIS Online または Portal for ArcGIS の管理者により指定されたライセンス レベルとエクステンションで、アプリケーションが実行されます。指定ユーザー ライセンスを所有しているメンバーは、同時に最大 3 台のコンピューター上で ArcGIS Pro を実行できます。

同時使用ライセンスの場合、ユーザーは、各自のコンピューター上で ArcGIS Pro を実行するためのライセンス認証をライセンス マネージャー サーバーのライセンスの共有プールから取得します。ユーザーは使用可能なあらゆるライセンス レベルとエクステンションを選択できます。

同時使用ライセンスでは、ライセンスの合計数を上回る数のコンピューター上に ArcGIS Pro をインストールできます。アプリケーションの同時使用は、ライセンス マネージャー サーバーで利用可能なライセンスの数によって制限されます。同時使用ライセンスは、ArcGIS Pro などの他の ArcGIS Desktop アプリケーションと同様に ArcMap に適用されます。

単独使用ライセンスは、My Esri から取得した 1 つ以上の一意の認証番号を使用して、単一のコンピューターで認証されます。単独使用ライセンスがコンピューター上で認証されたら、ネットワークに接続されているかどうかに関係なく、そのコンピューターにアクセスできるすべてのユーザーが ArcGIS Pro を使用できます。単独使用ライセンスは、ArcGIS Pro などの他の ArcGIS Desktop アプリケーションと同様に ArcMap に適用されます。

ArcGIS Pro で指定ユーザー以外のライセンス タイプを使用するには、指定ユーザー ライセンスを同時使用ライセンスまたは単独使用ライセンスに変更する必要があります。詳細については、「同時使用ライセンス」と「単独使用ライセンス」をご参照ください。

注意:

各ライセンス タイプを組み合わせて使用することもできます。たとえば、いくつかのライセンスを同時使用ライセンスに変換し、残りのライセンスを指定ユーザー ライセンスのままにすることができます。

管理者情報

管理者は、次に示すいずれかの状況で ArcGIS Pro ライセンスを管理できます。

ArcGIS トライアル

ArcGIS トライアルには、1 つの ArcGIS Pro ライセンスが含まれています。これは、トライアルの ArcGIS Online 組織で指定ユーザー ライセンスとして管理されます。

ソフトウェアをダウンロードする手順、ライセンスを管理する手順、および ArcGIS Online 組織にユーザーを招待する手順は、トライアル ソフトウェアを有効にしたときに提供されます。これらの手順には ArcGIS の無料トライアルでアクセスできます。ユーザー名とパスワードを使用してサイン インする必要があることがあります。

追加のヘルプについては、ArcGIS Online ヘルプのサブスクリプションの有効化」と「ライセンスの管理」をご参照ください。

ArcGIS Desktop

ArcGIS DesktopArcGIS Pro を含みます。デフォルトで、ArcGIS Pro ライセンスは、ArcGIS Online 組織を通じて指定ユーザー ライセンスとして管理されます。必要に応じて、ライセンスの一部またはすべてを同時使用ライセンスまたは単独使用ライセンスに変換できます。

ArcGIS Online 組織を設定するには、以下の手順に従います。組織がすでに設定されている場合、ステップ 4 に進みます。

  1. サブスクリプションを有効化します。
  2. 組織にメンバーを追加します。
  3. ArcGIS Pro 使用するメンバーの Esri アクセスを有効化します。
    注意:

    Esri アクセスが有効化されたら、メンバーは、[組織] > [ダウンロード] の My Esri アカウントからソフトウェアをダウンロードできます。

  4. メンバーの指定ユーザー ライセンスを管理します。

ArcGIS Desktop および ArcGIS Enterprise

ArcGIS DesktopArcGIS Pro を含みます。ArcGIS Enterprise もある場合は、ArcGIS Online 組織または Portal for ArcGIS を通じて ArcGIS Pro 指定ユーザー ライセンスを管理できます。

Portal for ArcGIS を介して指定ユーザー ライセンスを管理するには、Portal for ArcGIS ヘルプの「ArcGIS Pro ライセンスの設定」と「ライセンスの管理」の手順に従います。

Portal for ArcGIS と ArcGIS Online サブスクリプションの関係の詳細をご確認ください。

注意:

ArcGIS Pro 2.0Portal for ArcGIS 指定ユーザー ライセンスを管理する、または同時使用ライセンスを管理するには、ArcGIS License Manager 10.5.1 以降をインストールする必要があります。

Enterprise Agreement の場合

Enterprise Agreement (EA) があり、ArcGIS Pro 2.0ライセンス管理のヘルプが必要な場合、または My Esri にアクセスできない場合、Esri に問い合わせてカスタマー サービスまたは販売代理店にご連絡ください。

ユーザー情報

このセクションの最後にあるリンクは、それぞれのライセンス タイプで ArcGIS Pro を起動する方法およびライセンス設定を確認および変更する方法の説明を示しています。

所有しているライセンス タイプが指定ユーザーの場合、ArcGIS Online を使用するには、Portal for ArcGIS または ArcGIS Pro 認証情報を使用してサイン インする必要があります。ライセンス レベル (Advanced、Standard、Basic) およびあらゆるエクステンション製品は、管理者により割り当てられます。

所有しているライセンス タイプが同時使用の場合は、ライセンス マネージャー サーバーで利用可能な任意のライセンス レベルとエクステンションを選択できます。ArcGIS Pro を使用するためにサイン インする必要はありませんが、Web でコンテンツを共有するか、Web からコンテンツにアクセスするにはサイン インする必要があります。

所有しているライセンス タイプが単独使用の場合は、ライセンス管理者がライセンス レベルとエクステンション (オプション) を割り当てます。ユーザーは、アプリケーションを認証するときにこのライセンス レベルを指定します。ArcGIS Pro を使用するためにサイン インする必要はありませんが、Web でコンテンツを共有するか、Web からコンテンツにアクセスするにはサイン インする必要があります。

関連トピック