Skip To Content

CAD データのジオリファレンスについて

ジオリファレンスは、元のソース データを実際に変更することなく、CAD ドローイングを空間的に調整する処理です。ArcGIS Pro では、CAD ドローイングの任意のポイントを既知の地理的座標にリンクすることで、この処理が行われます。CAD データセットをジオリファレンスすると、メモリ内でリアルタイムに変換されます。ただしソース データはディスク上で元のまま維持されます。

CAD データセットのジオリファレンス

CAD データセットの制限

DGN および DWG 形式は、ArcGIS ジオリファレンス システムをネイティブでサポートしません。この制限を回避するために、ArcGIS Pro は CAD データセットのプロパティを拡張して、ジオリファレンスのコントロール ポイントを補助情報として格納します。この情報は始点と終点の座標として定義され、補助ワールド (*.wld) ファイルに格納されます。

CAD データセットのジオリファレンスは、相似変換方法を使用する 2 点変換に制限されます。この調整方法は、CAD ドローイングの縦横比を維持し、X 軸と Y 軸に対して歪みが発生するのを防ぎます。CAD データセットのジオリファレンスの目的は、既存の空間データを使用してジオメトリを歪めることなく CAD ドローイングを正確にオーバーレイすることです。より複雑な変換が必要な場合は、データをジオデータベースに読み込んで [フィーチャの修正] ウィンドウを使用することができます。

コントロール ポイント

コントロール ポイントは「リンク」と呼ばれる変位パスを定義し、ジオリファレンスの土台となります。CAD データセットには最大で 2 つのリンクを設定できます。1 点変換では、1 つのリンクを使用してデータセットを移動します。2 点変換では 2 つのリンクを使用して、データセットを一様に移動、回転、およびスケール変更します。

コントロール ポイントは、始点と終点の方向でクリックすることでポインターによって手動で作成したり、ワールド ファイルから読み込んだり、その座標情報をコントロール ポイント テーブルに追加したりできます。

ワールド ファイル

ワールド ファイルはファイル拡張子 *.wld 付きで保存されます。リンクを共有して他のプロジェクトやマップ ドキュメントで再利用する場合は、コントロール ポイントをワールド ファイルに格納することをお勧めします。ArcGIS Pro では、ファイルの名前と場所を使用して、ワールド ファイルを特定の CAD データセットにリンクします。

ワールド ファイルを CAD データセットに関連付けるには、以下の条件を満たす必要があります。

  • ワールド ファイルと CAD ドローイングの名前 (接頭辞) を同じにする必要があります。たとえば、MyDrawing.dwgMyDrawing.wld のように名前を付ける必要があります。
  • ワールド ファイルは、CAD ドローイングと同じフォルダーに存在している必要があります。

これら 2 つの条件を満たしている場合、ワールド ファイルは [カタログ] ウィンドウに表示されなくなります。ArcGIS Pro では、コントロール ポイントをメモリに読み込み、CAD データセットがマップに追加された時点で、そのデータセットを自動的に再配置します。

ユニバーサル ワールド ファイル

ユニバーサル ワールド ファイルは、同じフォルダーに格納されている CAD データセットのうち、ジオリファレンスされていないすべての CAD データセットのコントロール ポイントを定義します。

ユニバーサル ワールド ファイルを定義するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • ワールド ファイルには、esri_cad.wld という名前を付ける必要があります。
  • ワールド ファイルは、CAD ドローイングと同じフォルダーに存在している必要があります。