Skip To Content

組織サイトへのサイン イン

ArcGIS Pro を使用していると、さまざまな場合でサイン インが必要になります。指定ユーザーとしてライセンスされている場合、ArcGIS Pro を実行するには、ライセンス ポータルでサイン インする必要があります。また、組織サイトにサイン インすると、自分のコンテンツ、グループ コンテンツ、およびプロジェクト内の組織のコンテンツにアクセスすることができます。その他のポータルにサイン インして、そのコンテンツを使用することもできます。組織サイトで公開および共有する場合もサイン インする必要があります。

組織サイトにサイン インするには、上部の隅にある [サイン イン] メニュー サイン イン状態 を使用するか、リボンにある [プロジェクト] タブをクリックして [ポータル] ページをクリックします。[サイン イン] メニューは、ポータルに接続している場合にのみ、上部の隅に表示されます。アカウントの認証方法は、ポータルによって異なる場合があります。ダイアログ ボックスまたはプロンプトが表示されたら、認証情報を指定して、ArcGIS Pro の操作を続行します。

ArcGIS Pro を起動するためのサイン イン

指定ユーザーとしてライセンスされている場合は、ArcGIS Pro を起動したときに、ライセンス ポータルがサイン インを要求することがあります。

  1. ArcGIS Pro を起動します。
  2. [サイン イン] ダイアログ ボックスまたはプロンプトが表示されたら、アカウントに関連付けられている認証情報を指定します。
  3. オプションが用意されており、この機能が必要な場合は、自動的にポータルにサイン インするオプションを選択します。
    • ArcGIS Pro に認証情報を記憶させて、自動的にポータルにサイン インする場合は、[自動的にサイン イン] をオンにします。このオプションはデフォルトでオンになっています。
    • ArcGIS Pro を起動するごとに認証情報を指定する場合は、[自動的にサイン イン] をオフにします。
  4. [サイン イン] をクリックします。

上部の隅の [サイン イン] メニューには、アカウント名と組織が表示されます。組織がソフトウェアのライセンス付与とコンテンツの共有に同じポータルを使用している場合、プロジェクト内のそのコンテンツを直ちに使用できるようになります。操作が一定期間行われなかった場合、再度サイン インする必要がある場合があります。

ポータルのコンテンツにアクセスするためのサイン イン

ライセンス方法によっては、サイン インしないでアプリケーションを起動して、ローカル データを使用してプロジェクトの作業を行うことができます。ポータルに接続している場合、[サイン イン] メニューがアプリケーションの上部の隅に表示され、サイン インしているかどうかを示します。組織のポータル上のコンテンツにアクセスする必要がある場合 (たとえば、以下のいずれかが必要な場合)、サイン インしなければなりません。

  • 組織のポータルで利用可能なプロジェクト テンプレートを使用して、新しいプロジェクトを作成する。
  • ポータル上でプロジェクト パッケージとして共有されているプロジェクトを開く。
  • ポータル上でマップ パッケージとして共有されているマップをプロジェクトに追加する。
  • Web シーンをプロジェクトに追加する。
  • Web レイヤーをマップに追加する。

  1. ArcGIS Pro の上部の隅にある [サイン イン] メニュー サイン イン状態 をクリックします。
  2. [サイン イン] ダイアログ ボックスまたはプロンプトが表示されたら、アカウントに関連付けられている認証情報を指定します。
  3. オプションが用意されており、この機能が必要な場合は、自動的にポータルにサイン インするオプションを選択します。
    • ArcGIS Pro に認証情報を記憶させて、自動的にポータルにサイン インする場合は、[自動的にサイン イン] をオンにします。このオプションはデフォルトでオンになっています。
    • ArcGIS Pro を起動するごとに認証情報を指定する場合は、[自動的にサイン イン] をオフにします。
  4. [サイン イン] をクリックします。

サイン インしている場合、[サイン イン] メニューにはアカウント名と組織が表示されます。組織のポータルで利用可能なコンテンツを使用して、タスクを完了できます。

その他のポータルへのサイン イン

多くのポータルのコンテンツを使用できます。別のポータルのコンテンツにアクセスするには、まずポータルへの接続を追加する必要があります。そのポータルを最初に使用するときは、ポータル接続を追加するときにサイン インします。過去にそのポータルに接続したことがある場合は、必要に応じて、アクティブなポータルにしてサイン インして、そのコンテンツを使用します。

  1. ArcGIS Pro の上部の隅にある [サイン イン] メニュー サイン イン状態 をクリックします。
  2. [アクティブなポータルの切り替え] をクリックします。

    既存のポータル接続のリストが表示されます。

  3. 使用するポータルをクリックします。
  4. [サイン イン] ダイアログ ボックスまたはプロンプトが表示されたら、アカウントに関連付けられている認証情報を指定します。
  5. オプションが用意されており、この機能が必要な場合は、自動的にポータルにサイン インするオプションを選択します。
    • ArcGIS Pro に認証情報を記憶させて、自動的にポータルにサイン インする場合は、[自動的にサイン イン] をオンにします。このオプションはデフォルトでオンになっています。
    • ArcGIS Pro を起動するごとに認証情報を指定する場合は、[自動的にサイン イン] をオフにします。
  6. [サイン イン] をクリックします。

[サイン イン] メニューが変化して、アクティブなポータルのアカウント名と組織が表示されます。このポータルで利用可能なコンテンツを使用して、タスクを完了できます。[カタログ] ウィンドウの [ポータル] タブから、そのコンテンツにアクセスできます。

注意:

また、サイン インして、リボンにある [プロジェクト] タブをクリックしてから [ポータル] ページをクリックして、アクティブなポータルを切り替えることもできます。使用するポータルを右クリックして、[サイン イン] または [アクティブなポータルとして設定] をクリックします。

関連トピック