ラスターのダウンロード (Download Rasters) (データ管理)

サマリー

イメージ サービスまたはモザイク データセットからソース ファイルをダウンロードします。

使用法

  • 別の形式に変換しない限り、ダウンロードするラスター データセットがソース ファイルになります。形式の変換は、強制的に実行することも、必要な場合にのみ実行することもできます。クリップが発生する場合、またはソース ファイルをラスターとしてダウンロードできない場合は、ダウンロードしたファイルが変換されます。

  • イメージ サービスまたはモザイク データセットから指定したフォルダーに、選択したラスターまたは LAS ファイルを元のファイル形式でダウンロードすることができます。

  • クリップ範囲を指定した場合は、クリップ範囲と交差するラスターがクリップされ、指定した形式に変換されます。

  • ソースと同じフォルダー構造でデータをダウンロードするように選択できます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力

ダウンロードするイメージ サービスまたはモザイク データセット。

Image Service; Mosaic Layer; Raster Layer; String
出力フォルダー

イメージ サービスまたはモザイク データセットのダウンロード先。

Folder
クエリ定義
(オプション)

ダウンロードの条件を満たすラスター データセットを制限する SQL 式。

SQL Expression
選択フィーチャ
(オプション)

ダウンロードをフィーチャクラスまたは境界ボックスの範囲に制限します。範囲と交差するラスター データセットはすべてダウンロードされます。

  • [デフォルト] - すべての関連する入力の最大範囲に基づく範囲とします。これがデフォルトです。
  • [現在の表示範囲] - 範囲がデータ フレームまたは表示範囲と同じになります。アクティブなマップが存在しない場合、このオプションは使用できません。
  • [以下の指定に一致] - この範囲は、指定された最小および最大範囲値に基づきます。
  • [参照] - 範囲は、既存のデータセットに基づきます。
Extent
選択フィーチャを使用してクリップ
(オプション)

ダウンロードした画像をフィーチャのジオメトリに基づいてクリップするかどうかを指定します。クリップ ジオメトリと交差するラスターは、クリップされた後にダウンロードされます。この設定は、対象範囲が四角形でない場合に有効です。ダウンロードした画像をクリップする場合は、クリップした画像の出力形式を指定する必要があります。

  • オフ - ファイルは、指定した最小境界範囲に基づいてクリップされます。これがデフォルトです。
  • オン - ファイルは、[選択フィーチャ] のジオメトリに基づいてクリップされます。
Boolean
ラスターの変換
(オプション)

ラスターを常に指定した形式に変換するか、必要な場合にのみ変換するかを選択します。

  • オフ - ラスター データセットを新しい形式に変換しません。
  • オン - ダウンロードしたラスター データセットを別の形式に変換します。[選択フィーチャ] を使用して範囲を制限した場合、[出力フォーマット] パラメーターで形式を指定する必要があります。
Boolean
出力形式
(オプション)

ダウンロードしたラスター データセットの出力形式を選択します。

  • TIFFTagged Image File Format。これがデフォルトです。
  • BILEsri Band Interleaved by Line。
  • BSQEsri Band Sequential。
  • BIPEsri Band Interleaved by Pixel。
  • BMPビットマップ。
  • ENVI DATENVI DAT ファイル。
  • IMAGINE イメージERDAS IMAGINE。
  • JPEGJoint Photographics Experts Group。この形式では、圧縮品質も指定できます。有効な圧縮品質の値の範囲は 0 〜 100 です。
  • GIFGraphic Interchange Format。
  • JP2 JPEG 2000。この形式では、圧縮品質も指定できます。有効な圧縮品質の値の範囲は 0 〜 100 です。
  • PNGPortable Network Graphics。
String
圧縮方法
(オプション)

指定した [出力形式] で使用する圧縮方法を選択します。

  • なし圧縮は行われません。これがデフォルトです。
  • JPEG公開されている JPEG 圧縮アルゴリズムを使用する非可逆圧縮方式。JPEG を選択した場合は、圧縮品質も指定できます。有効な圧縮品質の値の範囲は 0 〜 100 です。この圧縮方式は、JPEG ファイルおよび TIFF ファイルに使用できます。
  • LZWすべてのラスター セル値を維持する可逆圧縮。
  • PackbitsTIFF ファイル用の PackBits 圧縮。
  • RLEIMG ファイル用のランレングス エンコーディング。
  • CCITT Group 31 ビット データ用の可逆圧縮方式。
  • CCITT Group 41 ビット データ用の可逆圧縮方式。
  • CCITT 1D1 ビット データ用の可逆圧縮方式。
String
圧縮品質
(オプション)

1 ~ 100 の値を設定します。値が高いほど画像の品質が高くなりますが、圧縮率は低くなります。

Long
フォルダー構造を維持
(オプション)

ダウンロードしたラスターのフォルダー構造を決定します。

  • オン - ソース ラスター データセットの格納に使用されている階層型フォルダー構造を複製します。
  • オフ - ラスター データセットは、フラットなフォルダー構造として出力フォルダーにダウンロードされます。

Boolean

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
更新されたフォルダー

更新された出力フォルダー。

フォルダー

arcpy.management.DownloadRasters(in_image_service, out_folder, {where_clause}, {selection_feature}, {clipping}, {convert_rasters}, {format}, {compression_method}, {compression_quality}, {MAINTAIN_FOLDER})
名前説明データ タイプ
in_image_service

ダウンロードするイメージ サービスまたはモザイク データセット。

Image Service; Mosaic Layer; Raster Layer; String
out_folder

イメージ サービスまたはモザイク データセットのダウンロード先。

Folder
where_clause
(オプション)

ダウンロードの条件を満たすラスター データセットを制限する SQL 式。

SQL Expression
selection_feature
(オプション)

ダウンロードをフィーチャクラスまたは境界ボックスの範囲に制限します。範囲と交差するラスター データセットはすべてダウンロードされます。

  • MAXOF - すべての入力の最大範囲が使用されます。
  • MINOF - すべての入力に共通する最小領域が使用されます。
  • DISPLAY - 範囲は、表示範囲と同じになります。
  • [レイヤー名] - 指定したレイヤーの範囲が使用されます。
  • Extent オブジェクト - 指定したオブジェクトの範囲が使用されます。
  • [座標のスペース区切りの文字列] - 指定した文字列の範囲が使用されます。座標は、x-min、y-min、x-max、y-max の順序で表されます。
Extent
clipping
(オプション)

ダウンロードした画像をフィーチャのジオメトリに基づいてクリップするかどうかを指定します。クリップ ジオメトリと交差するラスターは、クリップされた後にダウンロードされます。この設定は、対象範囲が四角形でない場合に有効です。ダウンロードした画像をクリップする場合は、クリップした画像の出力形式を指定する必要があります。

  • NO_CLIPPINGファイルは、指定した最小境界範囲に基づいてクリップされます。これがデフォルトです。
  • CLIPPINGファイルは、[selection_feature] のジオメトリに基づいてクリップされます。
Boolean
convert_rasters
(オプション)

ラスターを常に指定した形式に変換するか、必要な場合にのみ変換するかを選択します。

  • CONVERT_AS_REQUIREDラスター データセットを新しい形式に変換しません。
  • ALWAYS_CONVERTダウンロードしたラスター データセットを別の形式に変換します。[selection_feature] を使用して範囲を制限した場合、[format] パラメーターで形式を指定する必要があります。
Boolean
format
(オプション)

ダウンロードしたラスター データセットの出力形式を選択します。

  • TIFFTagged Image File Format。これがデフォルトです。
  • BILEsri Band Interleaved by Line。
  • BSQEsri Band Sequential。
  • BIPEsri Band Interleaved by Pixel。
  • BMPビットマップ。
  • ENVIENVI DAT ファイル。
  • IMAGINE ImageERDAS IMAGINE。
  • JPEGJoint Photographics Experts Group。この形式では、圧縮品質も指定できます。有効な圧縮品質の値の範囲は 0 〜 100 です。
  • GIFGraphic Interchange Format。
  • JP2JPEG 2000。この形式では、圧縮品質も指定できます。有効な圧縮品質の値の範囲は 0 〜 100 です。
  • PNGPortable Network Graphics。
String
compression_method
(オプション)

指定した [出力形式] で使用する圧縮方法を選択します。

  • NONE圧縮は行われません。これがデフォルトです。
  • JPEG公開されている JPEG 圧縮アルゴリズムを使用する非可逆圧縮方式。JPEG を選択した場合は、圧縮品質も指定できます。有効な圧縮品質の値の範囲は 0 〜 100 です。この圧縮方式は、JPEG ファイルおよび TIFF ファイルに使用できます。
  • LZWすべてのラスター セル値を維持する可逆圧縮。
  • PACKBITSTIFF ファイル用の PackBits 圧縮。
  • RLEIMG ファイル用のランレングス エンコーディング。
  • CCITT_GROUP31 ビット データ用の可逆圧縮方式。
  • CCITT_GROUP41 ビット データ用の可逆圧縮方式。
  • CCITT_1D1 ビット データ用の可逆圧縮方式。
String
compression_quality
(オプション)

1 ~ 100 の値を設定します。値が高いほど画像の品質が高くなりますが、圧縮率は低くなります。

Long
MAINTAIN_FOLDER
(オプション)

ダウンロードしたラスターのフォルダー構造を決定します。

  • MAINTAIN_FOLDERソース ラスター データセットの格納に使用されている階層型フォルダー構造を複製します。
  • NO_MAINTAIN_FOLDERラスター データセットは、フラットなフォルダー構造として out_folder にダウンロードされます。
Boolean

派生した出力

名前説明データ タイプ
derived_out_folder

更新された出力フォルダー。

フォルダー

コードのサンプル

DownloadRasters (ラスターのダウンロード) の例 1 (Python ウィンドウ)

以下は、DownloadRasters ツールを実行する Python サンプルです。

import arcpy
DownloadRasters_management(
     "http://srv/arcgis/services/Ext/MDpan/ImageServer?", "c:/dload/", 
     "AcquisitionDate = date '1999-08-18'", "", 
     "c:/workspace/clippingfeat.shp", "TIFF", "JPEG", "75", 
     "MAINTAIN_FOLDER", "CONVERT_AS_REQUIRED")
DownloadRasters (ラスターのダウンロード) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

以下は、DownloadRasters ツールを実行する Python スクリプト サンプルです。

##Download Rasters from image services URL
##Maintain the original sensor data folder structure

import arcpy
arcpy.env.workspace = r"\\myworkstation\Workspace\downloadras"
    
arcpy.DownloadRasters_management(
     "http://serv1/arcgis/services/Ext/MD_LS_pan/ImageServer?",
     "downloadFolder", "AcquisitionDate = date '1999-08-18 00:00:00'",
     "", "", "", "", "", "MAINTAIN_FOLDER")

環境

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック