ブロック調整レポートの生成 (Generate Block Adjustment Report) (データ管理)

サマリー

モザイク データセットにオルソ マッピングのブロック調整を実行した後にレポートを生成します。このレポートは、オルソ マッピング プロダクトの品質と精度を評価するために重要です。

使用法

  • オプションのコントロール ポイント テーブルが含まれている場合、出力レポートには、コントロール ポイントの精度評価と、ブロック調整の精度評価が含まれます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力モザイク データセット

入力モザイク データセットのパス。

Mosaic Dataset; Mosaic Layer
入力ソリューション テーブル

ブロック調整後に関連付けられたソリューション ポイント テーブル。

Table View
入力ソリューション ポイント

ソリューション ポイント フィーチャクラス。

Table View
出力レポート

出力オルソ マッピング レポート ファイルのパスと名前。Web サイトでサポートされている出力形式は HTML です。

File
調整用の入力コントロール ポイント
(オプション)

関連付けられたコントロール ポイント テーブル。タイ ポイントと地上コントロール ポイントが格納されている場合があります。

Table View
レポート形式
(オプション)

ブロック調整レポートの出力形式。

  • HTML調整レポートが HTML ファイルとして作成されます。これがデフォルトです。
  • PDF ファイル調整レポートが PDF ファイルとして作成されます。
String

arcpy.management.GenerateBlockAdjustmentReport(input_mosaic_dataset, input_solution_table, input_solution_point, output_report, {input_control_point_for_adjustment}, {report_format})
名前説明データ タイプ
input_mosaic_dataset

入力モザイク データセットのパス。

Mosaic Dataset; Mosaic Layer
input_solution_table

ブロック調整後に関連付けられたソリューション ポイント テーブル。

Table View
input_solution_point

ソリューション ポイント フィーチャクラス。

Table View
output_report

出力オルソ マッピング レポート ファイルのパスと名前。Web サイトでサポートされている出力形式は HTML です。

File
input_control_point_for_adjustment
(オプション)

関連付けられたコントロール ポイント テーブル。タイ ポイントと地上コントロール ポイントが格納されている場合があります。

Table View
report_format
(オプション)

ブロック調整レポートの出力形式。

  • HTML調整レポートが HTML ファイルとして作成されます。これがデフォルトです。
  • PDF調整レポートが PDF ファイルとして作成されます。
String

コードのサンプル

GenerateBlockAdjustmentReport (ブロック調整レポートの生成) の例 1 (Python ウィンドウ)

以下は、GenerateBlockAdjustmentReport ツールを実行する Python サンプルです。

import arcpy
mdname = "c:/omproject/adjustedcollection.gdb/droneimgs"
solutiontbl = "c:/omproject/adjustedcollection.gdb/droneimgs_solutiontbl"
solutionpnt = "c:/omproject/adjustedcollection.gdb/droneimgs_solutionpnt"
arcpy.GenerateBlockAdjustmentReport_management(
        mdname, solutiontbl, solutionpnt, "c:/omproject/adjustmentreport.html")
GenerateBlockAdjustmentReport (ブロック調整レポートの生成) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

以下は、GenerateBlockAdjustmentReport ツールを実行するスタンドアロン スクリプト サンプルです。

import arcpy
mdname = "c:/omproject/adjustedcollection.gdb/droneimgs"
solutiontbl = "c:/omproject/adjustedcollection.gdb/droneimgs_solutiontbl"
solutionpnt = "c:/omproject/adjustedcollection.gdb/droneimgs_solutionpnt"
controlpnt = "c:/omproject/adjustedcollection.gdb/droneimgs_tiepoints"
arcpy.GenerateBlockAdjustmentReport_management(
        mdname, solutiontbl, solutionpnt, "c:/omproject/adjustmentreport.pdf",
controlpnt, report_format="PDF")

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック