タイル キャッシュの管理 (Manage Tile Cache) (データ管理)

サマリー

タイル キャッシュを作成するか、既存のタイル キャッシュ内のタイルを更新します。 このツールを使用して、新しいタイルの作成、欠落したタイルの補充、古くなったタイルの上書き、またはタイルの削除ができます。

使用法

  • [タイル キャッシュの管理 (Manage Tile Cache)] ツールを使用してタイル キャッシュを作成するとき、[対象地域 (AOI)] が定義されていない場合、キャッシュは、ソース ラスターまたはモザイク データセットの全範囲、またはマップ ファイルの現在の範囲を使用して作成されます。

  • 生成されるキャッシュの範囲が [対象地域] より大きい場合があります。 この場合、[タイル キャッシュの管理 (Manage Tile Cache)] ツールは、データをスーパータイルと呼ばれる大きな領域に分割してから、それを要求したサイズのタイルに分割します。 [入力データ ソース] がアンチエイリアスを使用している場合、スーパータイルは 2,048 x 2,048 ピクセルです。それ以外の場合は 4,096 x 4,096 です。 定義された [対象地域] のフィーチャがスーパータイルの境界と交差する場合、そのスーパータイル全体が作成されます。 つまり、フィーチャクラスに基づくキャッシュを行って時間やディスク容量の節約効果を得るには、拡大表示する必要がある場合があります。 対象地域が多く、[入力データ ソース] のほとんどをカバーしている場合、ほとんどのフィーチャがスーパータイルと交差するため、フィーチャクラスに基づくキャッシュの効果はあまり得られない可能性があります。

  • カスタム タイル スキーマ内にキャッシュを作成するには、ソース データセットのタイル スキーマを定義していることを確認してからこのツールを使用します。 [タイル キャッシュのタイル スキーマの生成 (Generate Tile Cache Tiling Scheme)] ツールを使用してタイル スキーマを作成できます。

  • ArcGIS Online タイル スキーマにキャッシュを作成するには、[入力タイル スキーマ] パラメーターに対して [ArcGIS Online スキーマを使用]を指定 (Python では tiling_schemeARCGISONLINE_SCHEME に設定) します。

  • このツールは、広大な地理的範囲または非常に大きな縮尺をカバーするキャッシュを作成するために、実行に時間がかかることがあります。 ツールがキャンセルされると、タイルの作成は停止しますが、既存のタイルは削除されません。 このため、ツールはいつでもキャンセルでき、後で [管理モード] パラメーターに [空タイルを再作成] を指定 (Python では manage_modeRECREATE_EMPTY_TILES に設定) して、同じキャッシュに対してツールを再実行すると、キャンセルした場所からツールの実行が継続されます。

  • このツールは、並列処理環境設定をサポートしています。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
キャッシュの格納先

キャッシュ データセットが作成されるフォルダーまたは既存のタイル キャッシュへのパス。

Folder; Raster Layer
管理モード

キャッシュを管理するためのモード。

  • すべてのタイルを再作成範囲が変化した場合、またはレイヤーがマルチレイヤー キャッシュに追加された場合には、既存のタイルは置き換えられ、新しいタイルが追加されます。
  • 空タイルを再作成空のタイルだけを作成します。 既存のタイルは未変更のままです。
  • タイルの削除タイルはキャッシュから削除されます。 キャッシュ フォルダー構造は削除されません。
String
キャッシュ名
(オプション)

キャッシュの格納先に作成されるキャッシュ データセットの名前。

String
入力データ ソース
(オプション)

ラスター データセット、モザイク データセット、またはマップ ファイル。

[管理モード] パラメーターで [タイルの削除] を指定した場合、このパラメーターは必要がありません。

マップ ファイル (*.mapx) には、マップ サービスまたはイメージ サービスを含めることはできません。

Mosaic Layer; Raster Layer; Map
入力タイル スキーマ
(オプション)

タイル スキーマを指定するオプション パラメーター。

  • ArcGIS Online スキーマデフォルトの ArcGIS Online タイル スキーマを使用します。
  • スキーマのインポート既存のタイル スキーマをインポートします。
  • 標高タイル スキーマ標高サービスにこのタイル スキーマを使用します。
  • WGS84 バージョン 2 タイル スキーマWGS84 バージョン 2 に基づいて、このタイル スキーマを使用します。
  • WGS84 バージョン 2 標高タイル スキーマWGS84 バージョン 2 に基づいてこのタイル スキーマを使用し、標高データのタイル キャッシュを作成します。
String
タイル スキーマのインポート
(オプション)

既存のスキーマ ファイル (*.xml) へのパスを指定するか、インポート先の既存のイメージ サービスまたはマップ サービスを指定します。

Image Service; Map Server; File
縮尺 [ピクセル サイズ] (推定ディスク使用量)
(オプション)

このツールの実行時に、[管理モード] パラメーターの値に応じてタイルを作成または削除する縮尺レベル。 ピクセル サイズは、タイル スキーマの空間参照に基づいて表されます。

  • デフォルトでは、[最小キャッシュ縮尺][最大キャッシュ縮尺] の間の縮尺のみがオンになります。
  • [最小キャッシュ縮尺] または [最大キャッシュ縮尺] パラメーターのいずれかの値を変更すると、該当する縮尺レベルのオン/オフが変わります。
  • 縮尺がオンになっていても、[最小キャッシュ縮尺] または [最大キャッシュ縮尺] の範囲外にある場合、それらの縮尺は、キャッシュの生成時に無視されます。
Double
対象エリア
(オプション)

対象エリアを定義して、タイルを作成または削除する範囲を制限します。

フィーチャクラスを指定するか、対話的に定義するフィーチャを指定できます。

このパラメーターは、不規則な形状のエリアでタイルを管理する場合に便利です。 一部のエリアだけを事前にキャッシュして、表示頻度の低いエリアをキャッシュしない場合にも有効です。

Feature Set
最大ソース セル サイズ
(オプション)

キャッシュが生成されるデータソースの表示設定を定義する値。 デフォルトでは、この値は空です。

この値が空の場合、以下のように動作します。

  • キャッシュのレベルがデータ ソースの表示範囲内にある場合、キャッシュはデータ ソースから生成されます。
  • キャッシュのレベルがデータ ソースの表示範囲外にある場合、キャッシュは前のレベルのキャッシュから生成されます。

この値が 0 よりも大きい場合、以下のように動作します。

  • セル サイズが [最大ソース セル サイズ] (max_cell_size) 以下になるレベルの場合、キャッシュはデータ ソースから生成されます。
  • セル サイズが [最大ソース セル サイズ] (max_cell_size) を超えるレベルの場合、キャッシュは前のレベルのキャッシュから生成されます。

[最大ソース セル サイズ] の値の単位は、ソース データセットのセル サイズの単位と同じである必要があります。

Double
最小キャッシュ縮尺
(オプション)

タイルを作成するときの最小縮尺です。 これがタイル スキーマ内で最も小さい縮尺とは限りません。 最小キャッシュ縮尺は、キャッシュの生成時に使用する縮尺を決定します。

Double
最大キャッシュ縮尺
(オプション)

タイルを作成するときの最大縮尺です。 これがタイル スキーマ内で最も大きい縮尺とは限りません。 最大キャッシュ縮尺は、キャッシュの生成時に使用する縮尺を決定します。

Double

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
キャッシュ名

出力キャッシュの場所に作成されたキャッシュ データセット。

Raster Dataset

arcpy.management.ManageTileCache(in_cache_location, manage_mode, {in_cache_name}, {in_datasource}, {tiling_scheme}, {import_tiling_scheme}, {scales}, {area_of_interest}, {max_cell_size}, {min_cached_scale}, {max_cached_scale})
名前説明データ タイプ
in_cache_location

キャッシュ データセットが作成されるフォルダーまたは既存のタイル キャッシュへのパス。

Folder; Raster Layer
manage_mode

キャッシュを管理するためのモード。

  • RECREATE_ALL_TILES範囲が変化した場合、またはレイヤーがマルチレイヤー キャッシュに追加された場合には、既存のタイルは置き換えられ、新しいタイルが追加されます。
  • RECREATE_EMPTY_TILES空のタイルだけを作成します。 既存のタイルは未変更のままです。
  • DELETE_TILESタイルはキャッシュから削除されます。 キャッシュ フォルダー構造は削除されません。
String
in_cache_name
(オプション)

キャッシュの格納先に作成されるキャッシュ データセットの名前。

String
in_datasource
(オプション)

ラスター データセット、モザイク データセット、またはマップ ファイル。

manage_mode パラメーターで DELETE_TILES を指定した場合、このパラメーターは必要ありません。

マップ ファイル (*.mapx) には、マップ サービスまたはイメージ サービスを含めることはできません。

Mosaic Layer; Raster Layer; Map
tiling_scheme
(オプション)

タイル スキーマを指定するオプション パラメーター。

  • ARCGISONLINE_SCHEMEデフォルトの ArcGIS Online タイル スキーマを使用します。
  • IMPORT_SCHEME既存のタイル スキーマをインポートします。
  • ARCGISONLINE_ELEVATION_SCHEME標高サービスにこのタイル スキーマを使用します。
  • WGS84_V2_SCHEMEWGS84 バージョン 2 に基づいて、このタイル スキーマを使用します。
  • WGS84_V2_ELEVATION_SCHEMEWGS84 バージョン 2 に基づいてこのタイル スキーマを使用し、標高データのタイル キャッシュを作成します。
String
import_tiling_scheme
(オプション)

既存のスキーマ ファイル (*.xml) へのパスを指定するか、インポート先の既存のイメージ サービスまたはマップ サービスを指定します。

Image Service; Map Server; File
scales
[scale,...]
(オプション)

このツールの実行時に、manage_mode パラメーターの値に応じてタイルを作成または削除する縮尺レベル。 ピクセル サイズは、タイル スキーマの空間参照に基づいて表されます。

  • キャッシュの生成時に使用されるデフォルトの縮尺は、min_cached_scalemax_cached_scale の間の縮尺のみです。
  • min_cached_scale または max_cached_scale パラメーターのいずれかの値を変更すると、キャッシュの生成時にどの縮尺を使用するかが変更されます。
  • 存在していても min_cached_scale または max_cached_scale の範囲内にない縮尺は、キャッシュの生成時に無視されます。
Double
area_of_interest
(オプション)

対象エリアを定義して、タイルを作成または削除する範囲を制限します。

フィーチャクラスを指定するか、対話的に定義するフィーチャを指定できます。

このパラメーターは、不規則な形状のエリアでタイルを管理する場合に便利です。 一部のエリアだけを事前にキャッシュして、表示頻度の低いエリアをキャッシュしない場合にも有効です。

Feature Set
max_cell_size
(オプション)

キャッシュが生成されるデータソースの表示設定を定義する値。 デフォルトでは、この値は空です。

この値が空の場合、以下のように動作します。

  • キャッシュのレベルがデータ ソースの表示範囲内にある場合、キャッシュはデータ ソースから生成されます。
  • キャッシュのレベルがデータ ソースの表示範囲外にある場合、キャッシュは前のレベルのキャッシュから生成されます。

この値が 0 よりも大きい場合、以下のように動作します。

  • セル サイズが [最大ソース セル サイズ] (max_cell_size) 以下になるレベルの場合、キャッシュはデータ ソースから生成されます。
  • セル サイズが [最大ソース セル サイズ] (max_cell_size) を超えるレベルの場合、キャッシュは前のレベルのキャッシュから生成されます。

[最大ソース セル サイズ] の値の単位は、ソース データセットのセル サイズの単位と同じである必要があります。

Double
min_cached_scale
(オプション)

タイルを作成するときの最小縮尺です。 これがタイル スキーマ内で最も小さい縮尺とは限りません。 最小キャッシュ縮尺は、キャッシュの生成時に使用する縮尺を決定します。

Double
max_cached_scale
(オプション)

タイルを作成するときの最大縮尺です。 これがタイル スキーマ内で最も大きい縮尺とは限りません。 最大キャッシュ縮尺は、キャッシュの生成時に使用する縮尺を決定します。

Double

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_cache_location

出力キャッシュの場所に作成されたキャッシュ データセット。

Raster Dataset

コードのサンプル

ManageTileCache (タイル キャッシュの管理) の例 1 (Python ウィンドウ)

以下は、ManageTileCache ツールを実行する Python サンプルです。

import arcpy
            
arcpy.ManageTileCache_management(
      "C:/CacheDatasets/Manage", "RECREATE_ALL_TILES", "Test",
      "C:/Data/Cache.gdb/Md", "IMPORT_SCHEME", "C:/Data/Cache.gdb/Md",
      "#", "#", "#", "40000", "2000")
ManageTileCache (タイル キャッシュの管理) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

以下は、ManageTileCache ツールを実行する Python スクリプト サンプルです。

#Generate tile cache for 3 out of 5 levels defined in tiling scheme

import arcpy

folder = "C:/Workspace/CacheDatasets/Manage"
mode = "RECREATE_ALL_TILES"
cacheName = "Test"
dataSource = "C:/Workspace/Cache.gdb/md"
method = "IMPORT_SCHEME"
tilingScheme = "C:/Workspace/Schemes/Tilingscheme.xml"
scales = "16000;8000;4000;2000;1000"
areaofinterest = "#"
maxcellsize = "#"
mincachedscale = "8000"
maxcachedscale = "2000"

arcpy.ManageTileCache_management(
       folder, mode, cacheName, dataSource, method, tilingScheme,
       scales, areaofinterest, maxcellsize, mincachedscale, maxcachedscale)

環境

並列処理ファクター

並列処理係数値が空 (空白) の場合、このツールは、利用可能なコアの 50 パーセント (1/2) を使用して実行されます。

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック