マップのパッケージ化 (Package Map) (データ管理)

サマリー

マップおよびすべての参照先データ ソースをパッケージ化し、単一の圧縮 *.mpkx ファイルを作成します。

使用法

  • このツールはサポートされていないレイヤー タイプを見つけると警告を出します。サポートされていないレイヤーは出力に書き込まれません。

  • [マップのパッケージ化 (Package Map)] ツールを実行するには、説明を入力レイヤーに追加する必要があります。説明を追加するには、レイヤーを右クリックし、[プロパティ] をクリックして、説明を入力します。

  • [データをファイル ジオデータベースへ変換] パラメーターをオン (Python では convert_data = 'CONVERT') にしたとき、以下が発生します。

    • 一意のデータ ソースごとに、ファイル ジオデータベースが統合フォルダーまたはパッケージに作成されます。
    • 圧縮されたラスター形式およびベクター形式は、ファイル ジオデータベースに変換され、圧縮は解除されます。
    • エンタープライズ ジオデータベースのデータは統合されません。 エンタープライズ ジオデータベースのデータをファイル ジオデータベースに変換するには、[データを参照せずにエンタープライズ ジオデータベースのデータを含める] パラメーターをオンにします。

  • [データをファイル ジオデータベースへ変換] パラメーターをオフ (Python では convert_data = 'PRESERVE') にしたとき、以下が発生します。

    • 可能な場合、入力レイヤーのデータ ソース形式が維持されます。
    • ADRG、CADRG/ECRG、CIB、および RPF ラスター形式は、常にファイル ジオデータベース ラスターに変換されます。 ArcGIS は、ネイティブにこれらの形式を書き出すことはできません。 効率のために、それらは常にファイル ジオデータベース ラスターに変換されます。
    • 出力フォルダー構造の中で、ファイル ジオデータベースはバージョン固有のフォルダーに統合され、それ以外の形式はすべて commonData フォルダーに統合されます。
    • 圧縮されたラスターおよびベクター形式は、[範囲] パラメーターに範囲が指定されていても、クリップされません。

  • [ArcGIS Runtime のサポート] がオン (Python では arcgisruntime='RUNTIME') の場合、[バージョン] パラメーターがオーバーライドされ、パッケージには現在のリリース バージョンと互換性のあるジオデータベースとマップのみが含まれるようになります。

  • 結合を含むか、リレーションシップ クラスに属するレイヤーの場合、結合したデータ ソースまたは関連付けられたデータ ソースはすべて出力フォルダーに統合されます。 デフォルトでは、結合したデータ ソースまたは関連付けられたデータ ソースは、[範囲] パラメーターを使用して指定された範囲に基づいて、全体が統合されるか、[関連行の選択] パラメーターに応じて統合されます。

  • フィーチャ レイヤーの場合は、[範囲] パラメーターを使用して、統合するフィーチャを選択します。 ラスター レイヤーの場合は、[範囲] パラメーターを使用して、ラスター データセットをクリップします。

  • 一部のデータセットは、他のデータセットを参照しています。 たとえば、4 つのフィーチャクラスを参照するトポロジ データセットなどがあります。 他のデータセットを参照するそれ以外のデータセットの例として、ジオメトリック ネットワーク、ネットワーク、およびロケーターを挙げることができます。 これらのタイプのデータセットを基にしてレイヤーを統合またはパッケージ化するときは、それに属しているデータセットも統合またはパッケージ化されます。

  • [スキーマのみ] パラメーターをオン (Python では schema_only = 'SCHEMA_ONLY') にすると、入力データ ソースのスキーマだけを統合またはパッケージ化できます。 スキーマは、フィーチャクラスまたはテーブルの構造または設計であり、フィールドおよびテーブル定義、座標系プロパティ、シンボル、フィルター設定などで構成されます。 データまたはレコードは統合またはパッケージ化されません。

  • スキーマのみをサポートしないデータ ソースは、統合またはパッケージ化されません。 [スキーマのみ] パラメーターをオンにしているときに、スキーマのみではサポートされないレイヤーが検出されると、警告メッセージが表示され、そのレイヤーはスキップされます。 指定した唯一のレイヤーがスキーマのみではサポートされない場合、ツールは失敗します。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力マップ

パッケージ化するマップ (*.mapx)。このツールを ArcGIS Pro で実行する場合、入力はマップ、シーン、ベースマップのいずれかになります。

Map
出力ファイル

出力マップ パッケージ (*.mpkx)。

File
データをファイル ジオデータベースへ変換
(オプション)

入力レイヤーをファイル ジオデータベースに変換するか、その元の形式で維持するかを指定します。

  • オン - すべてのデータがファイル ジオデータベースに変換されます。 このオプションは、エンタープライズ ジオデータベースのデータ ソースには適用されません。 エンタープライズ ジオデータベースのデータを含めるには、[データを参照せずにエンタープライズ ジオデータベースのデータを含める] パラメーターをオンにします。
  • オフ - 可能な限り、データ形式が維持されます。 これがデフォルトです。
Boolean
データを参照せずにエンタープライズ ジオデータベースのデータを含める
(オプション)

入力エンタープライズ ジオデータベース レイヤーをファイル ジオデータベースに変換するか、その元の形式で維持するかを指定します。

  • オン - すべてのエンタープライズ ジオデータベースのデータ ソースがファイル ジオデータベースに変換されます。 これがデフォルトです。
  • オフ - すべてのエンタープライズ ジオデータベースのデータ ソースは維持され、結果として得られるパッケージ内で参照されます。
Boolean
範囲
(オプション)

フィーチャを選択またはクリップするために使用する範囲を指定します。

  • [デフォルト] - 範囲はすべての入力の最大範囲に基づきます。これがデフォルトです。
  • [入力データのすべての領域] - この範囲は、すべての入力の最大範囲に基づきます。
  • [入力データの共通領域] - この範囲は、すべての入力に共通する最小領域に基づきます。
  • [現在の表示範囲] - 範囲は、表示範囲と同じになります。アクティブなマップが存在しない場合、このオプションは使用できません。
  • [以下の指定に一致] - この範囲は、指定された最小および最大範囲値に基づきます。
  • [参照] - 範囲は、既存のデータセットに基づきます。
Extent
エンタープライズ ジオデータベース レイヤーのみに範囲を適用
(オプション)

指定した範囲をすべてのレイヤーに適用するか、エンタープライズ ジオデータベースのレイヤーだけに適用するかを指定します。

  • オフ - 範囲がすべてのレイヤーに適用されます。 これがデフォルトです。
  • オン - 範囲がエンタープライズ ジオデータベース レイヤーにのみ適用されます。
Boolean
ArcGIS Runtime のサポート
(オプション)

パッケージが ArcGIS Runtime をサポートするかどうかを指定します。 ArcGIS Runtime をサポートするためにすべてのデータ ソースがファイル ジオデータベースに変換され、出力パッケージに *.msd ファイルが作成されます。

  • オフ - 出力パッケージは ArcGIS Runtime をサポートしません。
  • オン - 出力パッケージは ArcGIS Runtime をサポートします。
注意:

Runtime 対応パッケージは、ArcGIS 10.x でのみ作成できます。

Boolean
Runtime のすべてのデータを参照
(オプション)

このオプションをオンにすると、データをコピーするのではなく、必要なデータを参照するパッケージが作成されます。これは、組織が 1 か所で管理している大きなデータセットをパッケージ化しようとする際に役に立ちます。

  • オン - データをコピーするのではなく、必要なデータを参照するパッケージが作成されます。
  • オフ - すべての必要なデータを含むパッケージが作成されます。これがデフォルトです。
Boolean
パッケージのバージョン
(オプション)

出力パッケージ内に作成される、ジオデータベースのバージョンを指定します。 バージョンを指定すると、パッケージを ArcGIS の以前のバージョンと共有できるようになり、後方互換性がサポートされます。

注意:

パッケージを以前のバージョンで保存すると、新しいバージョンでのみ利用できるプロパティが失われる可能性があります。

  • すべてのバージョンパッケージには、すべてのバージョン (ArcGIS Pro 1.2 以降) と互換性があるジオデータベースおよびマップが含まれています。
  • 現在のバージョンパッケージには、現在のリリースのバージョンと互換性があるジオデータベースおよびマップが含まれています。
  • 2.xパッケージには、バージョン 2.0 以降と互換性があるジオデータベースおよびマップが含まれています。
  • 1.2パッケージには、バージョン 1.2 以降と互換性があるジオデータベースおよびマップが含まれています。
String
追加ファイル
(オプション)

ファイルをパッケージに追加します。 *.doc、*.txt、*.pdf などの追加ファイルは、パッケージのコンテンツや目的に関する詳細を提供します。

File
概要
(オプション)

概要情報をパッケージのプロパティに追加します。

String
タグ
(オプション)

タグ情報をパッケージのプロパティに追加します。 カンマやセミコロンで区切ることで、複数のタグを追加できます。

String
範囲内のフィーチャに関連する行のみを維持
(オプション)

指定した範囲を、関連するデータ ソースに適用するかどうかを指定します。

  • オフ - 関連するデータ ソースが全体的に統合されます。 これがデフォルトです。
  • オン - 指定した範囲内のレコードに対応する関連データだけが統合されます。
Boolean

arcpy.management.PackageMap(in_map, output_file, {convert_data}, {convert_arcsde_data}, {extent}, {apply_extent_to_arcsde}, {arcgisruntime}, {reference_all_data}, {version}, {additional_files}, {summary}, {tags}, {select_related_rows})
名前説明データ タイプ
in_map
[in_map,...]

パッケージ化するマップ (*.mapx)。このツールを ArcGIS Pro で実行する場合、入力はマップ、シーン、ベースマップのいずれかになります。

Map
output_file

出力マップ パッケージ (*.mpkx)。

File
convert_data
(オプション)

入力レイヤーをファイル ジオデータベースに変換するか、その元の形式で維持するかを指定します。

  • CONVERTデータはファイル ジオデータベースに変換されます。 このオプションは、エンタープライズ ジオデータベースのデータ ソースには適用されません。 エンタープライズ ジオデータベースのデータに変換するには、convert_arcsde_data = 'CONVERT_ARCSDE' を設定します。
  • PRESERVE可能な限り、データ形式が維持されます。 これがデフォルトです。
Boolean
convert_arcsde_data
(オプション)

入力エンタープライズ ジオデータベース レイヤーをファイル ジオデータベースに変換するか、その元の形式で維持するかを指定します。

  • CONVERT_ARCSDEエンタープライズ ジオデータベースのデータはファイル ジオデータベースに変換され、統合フォルダーまたはパッケージに加えられます。 これがデフォルトです。
  • PRESERVE_ARCSDEエンタープライズ ジオデータベースのデータは維持され、統合フォルダーまたはパッケージ内で参照されます。
Boolean
extent
(オプション)

フィーチャを選択またはクリップするために使用する範囲を指定します。

  • MAXOF - すべての入力の最大範囲が使用されます。
  • MINOF - すべての入力に共通する最小領域が使用されます。
  • DISPLAY - 範囲は、表示範囲と同じになります。
  • [レイヤー名] - 指定したレイヤーの範囲が使用されます。
  • Extent オブジェクト - 指定したオブジェクトの範囲が使用されます。
  • [座標のスペース区切りの文字列] - 指定した文字列の範囲が使用されます。座標は、x-min、y-min、x-max、y-max の順序で表されます。
Extent
apply_extent_to_arcsde
(オプション)

指定した範囲をすべてのレイヤーに適用するか、エンタープライズ ジオデータベースのレイヤーだけに適用するかを指定します。

  • ALL指定した範囲がすべてのレイヤーに適用されます。 これがデフォルトです。
  • ARCSDE_ONLY指定した範囲がエンタープライズ ジオデータベースのレイヤーのみに適用されます。
Boolean
arcgisruntime
(オプション)

パッケージが ArcGIS Runtime をサポートするかどうかを指定します。 ArcGIS Runtime をサポートするためにすべてのデータ ソースがファイル ジオデータベースに変換され、出力パッケージに *.msd ファイルが作成されます。

  • DESKTOP出力パッケージは ArcGIS Runtime をサポートしません。 指定しないと、データ ソースはファイル ジオデータベースに変換されず、*.msd ファイルは作成されません。
  • RUNTIME出力パッケージは ArcGIS Runtime をサポートします。 すべてのデータ ソースがファイル ジオデータベースに変換され、出力パッケージに *.msd ファイルが作成されます。
Boolean
reference_all_data
(オプション)

このオプションを REFERENCED にすると、データをコピーするのではなく、必要なデータを参照するパッケージが作成されます。これは、組織が 1 か所で管理している大きなデータセットをパッケージ化しようとする際に役に立ちます。

  • REFERENCEDデータをコピーするのではなく、必要なデータを参照するパッケージが作成されます。
  • NOT_REFERENCED すべての必要なデータを含むパッケージが作成されます。これがデフォルトです。
Boolean
version
[version,...]
(オプション)

出力パッケージ内に作成される、ジオデータベースのバージョンを指定します。 バージョンを指定すると、パッケージを ArcGIS の以前のバージョンと共有できるようになり、後方互換性がサポートされます。

注意:

パッケージを以前のバージョンで保存すると、新しいバージョンでのみ利用できるプロパティが失われる可能性があります。

  • ALLパッケージには、すべてのバージョン (ArcGIS Pro 1.2 以降) と互換性があるジオデータベースおよびマップが含まれています。
  • CURRENTパッケージには、現在のリリースのバージョンと互換性があるジオデータベースおよびマップが含まれています。
  • 2.xパッケージには、バージョン 2.0 以降と互換性があるジオデータベースおよびマップが含まれています。
  • 1.2パッケージには、バージョン 1.2 以降と互換性があるジオデータベースおよびマップが含まれています。
String
additional_files
[additional_files,...]
(オプション)

ファイルをパッケージに追加します。 *.doc、*.txt、*.pdf などの追加ファイルは、パッケージのコンテンツや目的に関する詳細を提供します。

File
summary
(オプション)

概要情報をパッケージのプロパティに追加します。

String
tags
(オプション)

タグ情報をパッケージのプロパティに追加します。 カンマやセミコロンで区切ることで、複数のタグを追加できます。

String
select_related_rows
(オプション)

指定した範囲を、関連するデータ ソースに適用するかどうかを指定します。

  • KEEP_ONLY_RELATED_ROWS指定した範囲内のレコードに対応する関連データだけが統合されます。
  • KEEP_ALL_RELATED_ROWS関連するデータ ソースが全体的に統合されます。 これがデフォルトです。
Boolean

コードのサンプル

PackageMap (マップのパッケージ化) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python スクリプトで、PackageMap ツールを Python ウィンドウから使用する方法を示します。

# This code assumes a map named "World1" exists in the current project
import arcpy
outputFile = "c:/outputPackages/world_map.mpkx"
arcpy.PackageMap_management("World1", outputFile, "PRESERVE", "CONVERT_ARCSDE", "#", "ALL")

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック