キャリブレーション ポイントの変更

Location Referencing ライセンスで利用可能です。

ArcGIS Roads and Highways は、シンプル フィーチャクラスを使用してルートをキャリブレーションするためのキャリブレーション ポイントを格納します。

You can edit and modify route calibration points using the Edit Point tool ポイントの編集, in the Calibration Points group, on the Location Referencing tab, or using the Edit tab, Modify Features, Move tool 移動.

[ポイントの編集] ツール ポイントの編集 では、キャリブレーション ポイントを変更するルートに、下流の再キャリブレーションを適用することもできます。 Roads and Highways は、参照先のルートを自動的にキャリブレーションし、キャリブレーション イベントの振舞いを適用します。 このツールでは、ルート上のキャリブレーション ポイントを編集し、開始日、廃止日、計測値を更新することもできます。

Measure value and temporality modification scenarios

You can update a calibration point's start date, retire date, and measure using the Edit Point tool ポイントの編集, in the Calibration Points group, on the Location Referencing tab. This tool also allows downstream recalibration to be applied to a route when a calibration point is edited.

With downstream recalibration

The following scenario is an example of route calibration with downstream recalibration after modifying a calibration point:

Step A—The route's existing calibration points and route calibration before modifying with the Recalibration route downstream check box checked are shown.

Edit Calibration Point before diagram

Step B—An existing calibration point is edited with a user-defined measure of 5.

Edit Calibration Point diagram with modified calibration point

Step C—When the tool is run, the calibration point is edited, downstream calibration points have calibration updated, and the route is recalibrated.

Resulting Edit Calibration Point diagram with downstream calibration

Without downstream recalibration

The following scenario is an example of route calibration point without downstream calibration after modifying a calibration point:

Step A—The route's existing calibration points and route calibration are shown.

Edit Calibration Point before diagram

Step B—An existing calibration point is edited with a user-defined measure of 5.

Edit Calibration Point diagram with modified calibration point

Step C—The result of route calibration with no changes to downstream calibration point values is shown.

Resulting Edit Calibration Point diagram without downstream calibration

複雑なルートのキャリブレーション シナリオ

The following sections provide examples of calibration on complex routes including loop, branch, lollipop, and alpha routes:

ループ ルートでのキャリブレーション

次の例では、ループ ルート (RouteX) の中点に、既存のメジャー (2) とは異なるメジャー (3) を使用してキャリブレーション ポイントが追加されます。 [ルート下流の再キャリブレーション] がオンになっているため、下流のメジャーは更新されます。

例 1: ループ ルートでのキャリブレーションの入力

新しいメジャー (3) を使用してキャリブレーション ポイントが追加されます。 RouteX の下流のメジャーがすべて更新されます。

例 1: ループ ルートでのキャリブレーションの出力

ブランチ ルートでのキャリブレーション

次の例では、ブランチ ルート (RouteX) に、既存のメジャー (4.5) とは異なるメジャー (9) を使用してキャリブレーション ポイントが追加されます。 [ルート下流の再キャリブレーション] がオンになっているため、下流のメジャーは更新されます。

例 1: ブランチ ルートでのキャリブレーションの入力

新しいメジャー (9) を使用してキャリブレーション ポイントが追加されます。 下流のメジャーがすべて更新されます。

例 1: ブランチ ルートでのキャリブレーションの出力

ロリポップ ルートでのキャリブレーション

次の例では、新しいメジャー (5) を使用して、ロリポップ ルート (RouteX) の始点にある既存のキャリブレーション ポイント (0) が更新されます。 [ルート下流の再キャリブレーション] がオンになっているため、下流のメジャーは更新されます。

例 1: ロリポップ ルートでのキャリブレーションの入力

新しいメジャー (5) を使用してキャリブレーション ポイントが更新されます。 下流のメジャーがすべて更新されます。

例 1: ロリポップ ルートでのキャリブレーションの出力

アルファ ルートでのキャリブレーション

次の例では、新しいメジャー (3.33) を使用して、アルファ ルート (RouteX) にある既存のキャリブレーション ポイント (2.33) が更新されます。 [ルート下流の再キャリブレーション] がオンになります。

例 1: アルファ ルートでのキャリブレーションの入力

新しいメジャー (3.33) を使用してキャリブレーション ポイントが更新されます。 下流のメジャーがすべて更新されます。

例 1: アルファ ルートでのキャリブレーションの出力

キャリブレーション ポイントのメジャーと一時性の編集

[Location Referencing] タブの [ポイントの編集] ツールを使用して、ルートのキャリブレーション ポイントのメジャーと一時性を編集するには、次の手順を実行します。

  1. Add the LRS feature classes, including the calibration point feature class, to a map.

    You can also open a map in which the LRS feature classes are already present.

  2. Click the Location Referencing tab.
  3. [Location Referencing] タブの [ツール] グループで、[ポイントの編集] ツール ポイントの編集 をクリックします。
    注意:

    トラディショナル バージョン対応ネットワークは、ジオデータベースへの直接接続を介して編集する必要があります。 ブランチ バージョン対応ネットワーク (ユーザー生成ルート ID を使用して構成されたネットワークを含む) は、フィーチャ サービスを通じて編集する必要があります。

    注意:

    You can edit the measure of a calibration point using an attribute editing tool. In which case, the route's measures are recalibrated between the nearest upstream and downstream calibration points of the edited calibration point.

  4. マップ上の既存のキャリブレーション ポイントを選択します。

    The Edit Calibration Point pane appears with attributes for the selected calibration point populated.

    キャリブレーション ポイントの編集ウィンドウ
  5. Change the From Date and To Date values to set when this calibration is applied to the route.
  6. Change the Measure value of this calibration point.
  7. Choose whether you want to recalibrate the route downstream by checking or unchecking the Recalibrate route downstream check box.

    When this check box is checked, recalibration is applied to downstream calibration points along the route.

    For example, if an existing calibration (or measure) at the location where you want to add a calibration point is 5, and the next downstream calibration point at the end of the route has measure 10, changing measure 5 to 6 with Recalibrate route downstream checked results in a downstream calibration point with measure 11.

    When this check box is unchecked, no recalibration is applied to the downstream calibration points along the route.

    For example, if an existing calibration (or measure) at the location is changed from 5 to 6, leaving the Recalibrate route downstream check box unchecked results in the downstream calibration point maintaining a measure of 10.

  8. Click Run.

    Calibration on the route is updated.