Skip To Content

Microsoft Azure クラウド上の ArcGIS Pro

ArcGIS Pro は、Microsoft Azure の NV シリーズ インスタンスによるクラウド環境から使用できます。NV シリーズ インスタンスは、NVIDIA M60 GPU の重要なグラフィックス機能を提供します。M60 GPU は、他のインスタンスと共有されたリソースではなく、インスタンスへのパススルーです。つまり、インスタンスは GPU の全機能を利用でき、ArcGIS Pro から高度な 3D グラフィックスとアニメーションのレンダリングが可能です。

NV シリーズの VM には 3 つのサイズがあります。NV6 には 1 つの M60 GPU、NV12 には 2 つの M60、NV24 には 4 つの M60 を持ちます。Azure から ArcGIS Pro を使用するには、ArcGIS Pro は 1 つの GPU のみが必要であるため、NV6 を使用します。

Arure が提供するオプションと機能に関する詳細については、次のリソースをご参照ください。

システムの選択

Microsoft Azure アカウントを持っていると想定すると、VM を選択して設定できます。

  1. Azure ダッシュボードにログインします。
  2. [Virtual Machines] をクリックして新しい VM を追加します。次の情報に注意してください。

    • 現在、NV シリーズの VM には、高機能な ArcGIS Pro を配置するために複数のオプションがあります。NV6 は ArcGIS Pro の 3D プロジェクトに対して有効なパフォーマンスを提供します。
    • NV シリーズ インスタンスで ArcGIS Pro に接続するために、Microsoft RDP は使用しないでください。Microsoft RDP は、高いレートでサーバーサイドのグラフィックスを供給するのに必要な技術を提供していません。より適切なリモート表示プロトコルが必要です。
    • Azure NV シリーズ インスタンスへの接続には、Teradici Cloud Access ソフトウェアを使用できます。Cloud Access はリモート表示プロトコルとして PCoIP 技術を使用します。これは、VM にエージェントをインストールし、アクセスするワークステーションにクライアントをインストールする必要があります。

関連トピック

このトピックの内容
  1. システムの選択