Skip To Content

属性フィールドの割り当て

[空間結合 (Spatial Join)][アペンド (Append)][マージ (Merge)][フィーチャクラス → フィーチャクラス (Feature Class To Feature Class)][テーブル → テーブル (Table To Table)] など、多くのジオプロセシング ツールには、[フィールド マップ] パラメーターという、入力データセットからの属性フィールドの処理方法と、出力データセットへの書き込み方法や割り当て方法を制御するパラメーターがあります。フィールドの割り当ては、属性フィールドを入力から出力に転送する機能の他にも、フィールドの連結や、平均や合計といった統計情報の計算など、一般的なタスクでも便利な場合があります。

フィールド マップ コントロールは、出力フィールド、それに対応するフィールド プロパティ、およびソース フィールド (各出力フィールドにマップされる入力データセットからの属性フィールド) のリストとして表示されます。

出力フィールド

[出力フィールド] のリストは、出力データセット内にある一連の属性フィールドです。1 つまたは複数の出力フィールドを選択し、削除ボタン [削除] ボタン を使用して削除できます。また、[新規フィールドの追加] ボタン [新規フィールドの追加] ボタン を使用して、新しい出力フィールドを追加できます。各出力フィールドの上にポインターを合わせると、その名前、エイリアス、タイプを簡単に表示できます。

フィールド マップ内の出力フィールドのリスト
フィールド マップ内の出力フィールドのリスト

フィールドの名前とエイリアス、フィールド タイプと関連するプロパティなど、選択した出力フィールドの [プロパティ] を変更できます。

ソース フィールド

選択した出力フィールドの [ソース] フィールドを表示することもできます。ソース フィールドは、選択した出力フィールドにマップされた、入力データセットからの属性フィールドです。出力フィールドに関連付けられたソース フィールドは、入力データセットから出力データセット内の出力フィールドに転送される属性フィールドを決定します。

出力フィールドのソース
ソース フィールド

入力データセットからソース フィールドを選択するには、[新しいソースの追加] ボタンをクリックし、入力テーブルとフィールドを選択してから、[選択オブジェクトの追加] ボタンをクリックします。

新しいソース フィールドの追加
新しいソース フィールドの追加

ソース フィールドの選択は、処理中の 2 つのデータセット間のスキーマの差異をリコンサイルする際に特に重要です。[アペンド (Append)][マージ (Merge)] などのツールは、複数のデータセットを 1 つの出力データセットに結合するので、属性フィールドのマッチングが予想どおりの出力を得るために非常に重要です。たとえば、あるデータセットに Street_Name という属性フィールドがあり、もう 1 つのデータセットに Name_Of_Street という属性フィールドがあるとして、この 2 つのデータセットを結合するときに、これら 2 つの属性フィールドの値を 1 つの出力属性フィールドに配置するとします。フィールドの割り当ては、次のようになります。

入力からの属性フィールドをマッチングするには、出力フィールドを追加するか既存の出力フィールドを使用して、マッチングする各フィールドのソース フィールドを追加します。たとえば、出力フィールド Street が、最初の入力データセットの Street_Name と、2 つ目のデータセットの Name_Of_Street の 2 つのソース フィールドを持つように指定できます。

複数のソース フィールドの処理方法は、[マージ ルール] を使用して決定できます。たとえば、[結合] ルールを使用すると、テキスト フィールドを連結できます。また、[合計][平均] ルールを使用すると、数値フィールドの統計情報を計算できます。

マージ ルール出力値
最初

最初のソースの値。

最後

最後のソースの値。

結合

ソースの値の連結。区切り文字を使用して、複数の入力値を区切ることができます。

合計

すべてのソースの値の合計値。

平均

すべてのソースの値の平均値。

中央値

すべてのソースの値の中央値。

最頻値

最も一般的または最も頻度が高いソースの値。

最小

ソースの値の最小 (最低) 値。

最大

ソースの値の最大 (最高) 値。

標準偏差

すべてのソースの値の標準偏差。

個数

ソースの値の数 (NULL 値を除く)。

範囲

ソースの最小値と最大値の絶対差。