Skip To Content

ジオプロセシング環境設定

ジオプロセシング環境設定は、ジオプロセシング ツールの動作に影響する追加設定です。これらの設定により、処理を特定の地理エリアに制限する処理範囲、すべての出力ジオデータセットの座標系、出力ラスター データセットのセル サイズなどを設定した制御された環境で、ジオプロセシングが実行されることを保証できます。

ジオプロセシング環境の参考書籍

ジオプロセシング環境設定は、[環境] ウィンドウを使用してプロジェクトごとに指定できます。これらの設定はプロジェクトに保存され、環境を反映するすべてのツールにより自動的に使用されます。このウィンドウを開くには、[解析] リボン タブで [環境] をクリックします。

[ジオプロセシング環境] ウィンドウ
[ジオプロセシング環境] ウィンドウ

使用される環境設定はツールごとに異なります。ツールが使用する環境を確認するには、ツールの参照ページをご参照ください。[環境] に切り替えると、[ジオプロセシング] ウィンドウで開いているツールの環境を個別に設定できます。ツールを [ジオプロセシング履歴] から開いた場合を除き、これらの設定はツールを閉じるまで使用され、ツールを再度開くときに保持されません。ツールの [環境] には、そのツールでサポートされているジオプロセシング環境のみが表示されます。

ツール ダイアログ ボックスの [環境] タブ
[カーネル密度 (Kernel Density)] ツールで使用される環境