Skip To Content

ポータルのツール

ArcGIS Pro では、ArcGIS プラットフォームで使用できる解析ツールへのアクセスを提供しています。これらのツールを使用するには、ArcGIS Enterprise ポータルにサイン インする必要があります。ポータルで構成されたサーバーのライセンス ロールに応じて、下記のツールのうち、一部のツールにアクセスできるか、すべてのツールにアクセスできるか、どのツールにもアクセスできないかが決まります。ポータルのツールは、ArcGIS Enterprise とフェデレートされたサーバーで実行できるジオプロセシング サービスを表します。

ArcGIS Enterprise に含まれる解析の詳細

アクティブなポータルで使用可能なツールにアクセスするには、次の 2 通りの方法があります。

  • [解析] リボンの [ポータル] グループ
    ポータル解析ギャラリー
    ギャラリーは [解析] リボンの [ポータル] グループにあります。
  • [ジオプロセシング] ウィンドウの [ポータル] タブ

これらのツールは、他のジオプロセシング ツールと同様に使用できます。唯一異なるのは、これらのツールが、ローカル デスクトップ コンピューター上ではなく、ポータルのフェデレーション サーバー上で実行されるということです。ローカル フォルダーやジオデータベースに新しいデータを作成するのではなく、ポータルに新しい出力レイヤーが作成されます。

備考:

ポータル ツールへの入力としてはローカル データとレイヤーを使用できますが、ポータルのレイヤーを入力することをお勧めします。最善の結果を得るには、まずレイヤーを Web レイヤーとして共有してから、Web レイヤーを入力としてツールを実行します。Web レイヤーを入力として使用するには、[参照] データの追加 ボタンをクリックし、レイヤーのポータル コンテンツを参照するか検索します。

この ArcGIS Pro のバージョンでサポートされているポータル ツールには以下のようなものがあります。

  • 標準フィーチャ解析ツール
  • ラスター解析ツール
  • GeoAnalytics ツール

標準フィーチャ解析ツール

備考:

ホスティング サーバーで [フィーチャ解析 - 標準ツール] が構成されたアクティブな ArcGIS Enterprise ポータルが存在する場合に、これらのツールを使用できます。ツールにアクセスして実行するには、空間解析の権限が必要です。アクティブなポータルが ArcGIS Online である場合は、これらのツールは使用できません。

このツールボックスには、パターンの解析、データの管理、データの集計、フィーチャ データへの近接性の使用が可能なツールが含まれています。

標準的な空間解析ツールの詳細

ArcGIS Pro の標準的なフィーチャ解析ツールボックスの詳細

ラスター解析ツール

備考:

Image Server で [ラスター解析] が構成されたアクティブな ArcGIS Enterprise ポータルが存在する場合に、これらのツールを使用できます。ツールにアクセスして実行するには、空間解析の権限が必要です。アクティブなポータルが ArcGIS Online である場合は、これらのツールは使用できません。

このツールボックスには、パターンとテレインの解析、ラスター データの管理、ジェネラライズ、および集約、近接性の決定、水文解析を行うツールが含まれています。

[ラスター解析] ギャラリーでもラスター関数にアクセスできます。ラスター関数を使うと、画像やラスター データに対して分散型のサーバーベース処理を実行できます。

ArcGIS Image Server によるラスター解析の詳細

ArcGIS Pro のラスター解析ツールボックスの詳細

GeoAnalytics ツール

備考:

GeoAnalytics Server で [フィーチャ解析 - GeoAnalytics ツール] が構成されたアクティブな ArcGIS Enterprise ポータルが存在する場合に、これらのツールを使用できます。ツールにアクセスして実行するには、空間解析の権限が必要です。アクティブなポータルが ArcGIS Online である場合は、これらのツールは使用できません。

このツールボックスには、パターンの解析、場所の検索、データの管理、データの集計、フィーチャ データやビッグ データ ファイル シェアへの近接性の使用が可能なツールが含まれています。これらのツールは、空間解析や時間解析に関する多様な問題を解決するために使用されます。これらのツールは、複数のサーバー ノード間で処理を分散できます。分散処理を使用することで、大規模なデータセットの処理時間を短縮できます。

ArcGIS GeoAnalytics Server の詳細

ArcGIS Pro の GeoAnalytics ツールボックスの詳細