Skip To Content

カレンダー ヒート チャート

カレンダー ヒート チャートは、インシデントをカレンダー グリッドに集約することで、時系列データのパターンを視覚化します。

カレンダー ヒート チャートは、インシデント パターンが 1 年または 1 週間のうちにどの程度変動するかを視覚化するために使用されます。

年間ビューでは、カレンダー グリッドの各行は月に対応し、各列は日に対応します。

カレンダー ヒート チャートの月グリッド

週間ビューでは、カレンダー グリッドの各行は曜日に対応し、各列は時間に対応します。

カレンダー ヒート チャートの週グリッド

カレンダー ヒート チャートの各セルは、行と列の交点によって定義されるカレンダー単位に対応し、これら 2 つのディメンションを共有するすべてのインシデントは同じセルに集約されます。たとえば、複数年にまたがるデータセットを年間グリッドで視覚化する場合、October22 のディメンションを持つすべてのインシデントは、年にかかわらず同じセルに集約されます。同様に、複数の週にまたがるデータセットを週間グリッドで視覚化する場合、Wednesday12pm のディメンションを持つすべてのインシデントは同じセルに集約されます。

変数

カレンダー ヒート チャートは、[日付] フィールドをカレンダー グリッドに集約します。カレンダー グリッドは、1 ~ 12 月と 1 ~ 31 日、または日曜日~土曜日と 0 ~ 23 時の 2 つの [タイプ] のいずれかに分割されます。

メモ:

[日付] フィールドは Date 型である必要があります。

デフォルトでは、カレンダー ヒート チャートは各時系列単位で発生したレコードの件数を表示します。必要に応じて、[数値] フィールドと [集約] 方法を選択することにより、数値変数を集計することができます。集約方法として次のいずれかを指定できます。

  • 総数 - 各時系列単位のレコード件数。
  • 合計値
  • 平均値
  • 中央値

表示設定

タイトルと説明

チャートおよび軸には、変数名およびチャート タイプに基づいてデフォルトのタイトルが与えられます。これらのタイトルは、[チャート プロパティ] ウィンドウの [一般] タブで編集できます。[説明] にチャートの説明 ([チャート] ウィンドウの下部に表示される一連のテキスト) を入力することもできます。

グリッド セルは、各カレンダー単位中に発生するカウントまたは集計値に対応する等級色を使用してシンボル表示されます。色の分類 [方法][クラス] の数、および [配色] は、[チャート プロパティ] ウィンドウの [データ] タブで調整できます。

自動車事故が最も多い曜日と時間帯を特定するためのカレンダー ヒート チャートを作成します。

  • 日付 - 日時
  • タイプ - 日曜日~土曜日と 0 ~ 23 時
  • 集約 - カウント
  • 数値 - <空白>

曜日と時間帯によって、自動車事故のパターンを示すカレンダー ヒート チャート


このトピックの内容
  1. 変数
  2. 表示設定