Skip To Content

ModelBuilder のクイック ツアー

ArcGIS Pro では、ジオプロセシング ツールを使用して、空間解析を実行したり、GIS データを管理したりすることができます。ModelBuilder は、これらのツールを自動化するジオプロセシング モデルの作成、編集、および管理に使用されます。モデルは、あるツールの出力を別のツールの入力として渡すように、一連のジオプロセシング ツールを連結したワークフローを表します。ModelBuilder は、ワークフローを構築するためのビジュアル プログラミング言語と考えることもできます。

ModelBuilder でジオプロセシング モデルを構築するには、ツールとデータをモデルに追加し、これらを接続して実行の順序を決定します。

ModelBuilder を開く

  1. [解析] タブの [ジオプロセシング] グループで、[ModelBuilder] をクリックします。
    [ModelBuilder] ボタン

    新しい空のモデルが開きます。モデルは、プロジェクトのデフォルト ツールボックスに作成されます。モデル ビューは、マップと同じようにサイズ変更、ドッキング、または任意の位置でタイル分割できます。

ModelBuilder を開く方法の詳細

データの追加

モデルはデータを操作して、ジオプロセシング ツールの出力を別のツールの入力として渡します。モデルの構築は、処理するデータを追加することから開始します。

  1. データをモデルに追加するには、マップの [コンテンツ] ウィンドウ内のレイヤーと [プロジェクト] ウィンドウ内のデータセットをモデルまでドラッグします。

    レイヤーとデータセットがモデルに追加され、入力データ変数として表示されます。

    モデルへのレイヤーの追加

モデルへのデータの追加の詳細

ジオプロセシング ツールの追加

ジオプロセシング ツールは、モデルを構成する基本単位です。ArcGIS Pro には、さまざまな GIS タスクを実行するためのジオプロセシング ツールが多数用意されています。実行する操作に適切なツールを判断できれば、これらのツールをモデルに追加するのは簡単です。

  1. ジオプロセシング ツールをモデルに追加するには、モデル ビューがアクティブであることを確認してから、ツールを検索するための入力を開始します。検索結果のリストが [モデルにツールを追加] ダイアログに表示されます。ツールをダブルクリックしてモデルに追加します。また、[ジオプロセシング] ウィンドウまたは [カタログ] ウィンドウからモデルまでジオプロセシング ツールをドラッグ アンド ドロップすることもできます。

    ツールがモデルに追加され、通常は灰色の長方形で表示されます。これは、ツールを実行する準備がまだできていないことを示しています。ツールに加えて、ツールによって作成される出力データ変数もモデル ダイアグラムに表示されます。

    モデルへのジオプロセシング ツールの追加

モデルへのジオプロセシング ツールの追加の詳細

[ジオプロセシング] ウィンドウの詳細

データとツールの接続

ジオプロセシング モデルの機能は、データとツールを接続してプロセスを構築することです。モデル内のどのデータ変数を、どのジオプロセシング ツールで処理するかを指定する必要があります。

  1. モデルに追加したデータ変数とツールの間に接続を描画して、これらを直接接続した後、変数の接続先となるツール パラメーターを選択します。1 つのツールの出力をもう 1 つのツールへの入力として接続できます。
    データ変数をツールに接続

    データ変数とツールの間には、接続線が描画されます。

データとツールの接続の詳細

ツール パラメーターの変更

ジオプロセシング ツールを [ジオプロセシング] ウィンドウで実行する場合と同様に、ModelBuilder のツールには必須パラメーターとオプション パラメーターがあります。モデル内でツールを実行するには、必須パラメーターを指定する必要があります。

  1. モデル内のジオプロセシング ツールをダブルクリックしてツールを開き、ツール パラメーターを変更します。必須パラメーターをすべて指定したら、[OK] をクリックします。[OK] をクリックしてもツールは実行されません。ツールの設定が保存されるだけです。

    ツールのすべての必須パラメーターに有効な値を設定すると、ツール エレメントの色が黄色になります。これは、ツールの実行準備が完了したことを示しています。

モデル パラメーターの設定

任意の変数をモデル パラメーター内に設定できます。モデル パラメーターとして設定された変数は、モデルをジオプロセシング ツールとして実行するときにツール パラメーターとして表示され、モデルの作成時とは異なるデータまたは値を指定してモデルを処理できます。

  1. モデル内の変数を右クリックして [パラメーター] を選択し、変数をモデル パラメーターに設定します。

    変数の上にインジケーター (P) が表示され、モデル パラメーターであることが示されます。また、変数のショートカット メニューの [パラメーター] の横にチェック マークが表示されます。

    変数をモデル パラメーターにする

モデル パラメーターの詳細

モデルの実行

  1. モデル全体を実行するには、[ModelBuilder] > [実行] リボン タブの順に選択して、[実行] をクリックします。

    モデル内のツールが実行されている間は進行状況ウィンドウが表示され、実行中のプロセスやメッセージが通知されます。モデルの実行中は、アクティブに実行されているツールが赤色でハイライト表示されます。

    正常に実行されたツールと出力は、影付きで表示されます。[マップへ追加] マークが付けられた出力変数は、最後にアクティブになったマップに追加されます。

    モデル全体の実行が完了した状態
    モデル内のすべてのツールが正常に完了しています。

モデルの実行の詳細