Skip To Content

ArcGIS Pro での多次元解析

Image Analyst ライセンスで利用できます。

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

ArcGIS Image Analyst を使用して、多次元ラスター データに対して複雑な解析を実行し、科学的トレンドおよび異常を調べることができます。多次元データは、複数の回数や、複数の深度または高さで取得された地理空間データを表します。これらのデータ タイプは、大気、海洋、および地球科学でよく使用されています。多次元ラスター データは、データを特定の時間間隔で収集する衛星観測によって取得したり、データを他のデータ ソースから集約、内挿、シミュレートする数値モデルから生成することができます。

多次元データの詳細については、「多次元ラスター データの概要」をご参照ください。

メモ:

Spatial Analyst エクステンションでも、一部の多次元解析ツールを使用することができます。詳細については、「Spatial Analyst の多次元解析ツールの概要」をご参照ください。

多次元タブ

多次元ラスター レイヤーまたは多次元モザイク レイヤーで有効になっている [多次元] タブには、多次元ラスター データを操作するためのツールと機能が用意されています。

多次元タブ
メモ:

タブのすべての機能で Image Analyst エクステンションが必要なわけではありません。多次元ツールボックスのツールに、追加のエクステンション ライセンスは不要です。

多次元範囲グループ

[多次元範囲] グループを使用して、[コンテンツ] ウィンドウで選択した多次元レイヤーで表示、処理する変数、次元範囲、および対象地域を制限します。[変数] ドロップダウン リストで表示する変数を選択し、[対象地域] ドロップダウン メニューを使用して、表示しているレイヤーの空間範囲を制限します。[開始][終了] の値を使用して、次元範囲を制限します。

範囲値はジオプロセシングに反映されます。たとえば、4 つの変数のうち 2 つを表示し、5 年間のデータから 6 か月の期間を選択すると、アクティブな多次元レイヤーを参照するすべてのジオプロセシング ツールは 6 か月の期間における 2 つの変数の処理に制限されます。さらに、多次元範囲は、アクティブなレイヤーのタイム スライダーとレンジ スライダーに反映されます。

多次元範囲グループ
メモ:

[データ管理グループ] にある多次元ラスター関数を使用すると、多次元範囲を定義できるその他のオプションを利用できるようになります。

現在の表示スライス グループ

[現在の表示スライス] グループを使用して、マップで表示しているスライスを変更します。[スライスを再生] ボタン 次のパート を使用して、ディメンションに沿ってスライスをアニメーション表示することもできます。スライスは、[多次元範囲] グループで設定した範囲に制限されます。

現在の表示スライス グループ

解析グループ

[解析] グループでは、多次元データを処理するさまざまなツールと機能に簡単にアクセスできます。[時系列プロファイル] ボタン 時系列プロファイル をクリックして、多次元ラスター レイヤーの新しい時系列プロファイル チャートを開きます。解析ツール ギャラリー内のアイコンをクリックして、多次元ラスターを解析するためのジオプロセシング ツールを開きます。[統計情報のサマリー] ギャラリーを使用して、多くの統計情報のサマリーのオプションのいずれかを計算し、新しいテンポラリ レイヤーをマップ上に作成します。

解析グループ

データ管理グループ

[データ管理] ドロップダウン メニューを使用して、多次元データの管理または作成に役立つジオプロセシング ツールのリストから選択します。たとえば、[サブセット (Subset)] ツールを使用して、現在のレイヤーのサブセットとして新しい多次元ラスターを作成します。

データ管理グループ

多次元解析ジオプロセシング ツール

[データ管理] タブからアクセスできるジオプロセシング ツールに加えて、[多次元解析] ツールボックスで一連の多次元ジオプロセシング ツールを使用できます。これらの多次元ツールでは、多次元データの科学的な解析を行うことができ、[マルチディメンション] ツールボックスのツールの機能を拡張しています。

関連トピック