Skip To Content

階層属性

Network Analyst のライセンスで利用可能。

階層は、ネットワーク エレメントに割り当てられる順序またはランクです。道路ネットワークでは、道路を 3 つのクラス (またはそれ以上。生活道路、一般道路、幹線道路など) に分ける属性がソース フィーチャに設定されている場合があります。各ソース フィーチャのこの属性を使用して、ネットワーク データセットに階層属性を構築することができます。

階層属性ができたら、ネットワーク解析の実行時に使用するか、無視するかを選択できます。

階層を使用すると、大規模なネットワーク全体の解析にかかる時間が短縮されます。さらに、運転者が一般に高速道路を選択する様子のシミュレーションも行われます。高い順序の道路を進む方が、低い順序の道路よりも予測しやすく、容易であるためです。階層解析の短所は正確さに欠けることです。階層を無視することによって、解析の移動時間や移動距離をさらに短縮できる場合があります。

階層を使用したネットワーク解析の実行についての詳細

階層属性プロパティ

[階層] タブでは、階層を使用するネットワーク解析を実行するためのプロパティを構成できます。

[階層] タブ

  • [階層属性の追加] - 解析中に階層を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。解析で階層属性を使用するには、階層をオンにする移動モードを使用する必要があります。階層ページの [階層属性の追加] チェックボックスをオンにすると階層属性が追加され、移動モードで使用するかどうかを決定できます。ネットワーク データセットに階層属性が含まれていない場合、[移動モード] タブの [詳細設定] セクションの [階層を使用] チェックボックスは使用できません。
  • [範囲] - 範囲を使用して、道路のさまざまな階層レベルを 3 つのカテゴリ (幹線道路、一般道路、および生活道路) に分類します。階層属性が存在し、ターン カテゴリ エバリュエーターを使用する場合は、範囲を指定する必要があります。
  • [エバリュエーター] - ネットワークに定義されている属性ごとに、ネットワークに含まれる各ソースおよび方向 (エッジの場合、順方向と逆方向) の値が指定される必要があります。エバリュエーターは、各ソースおよび移動方向の属性の値を割り当てます。各エレメントのデフォルトのエバリュエーターは、属性のエバリュエーターが割り当てられていないソースと方向に使用されます。

    エバリュエーターの詳細

メモ:

いずれかのネットワーク属性を変更した場合は、接続性を再構築し、対象の属性を再計算して、ネットワーク エレメントを更新するためにネットワーク データセットを構築する必要があります。

再構築が必要な場合の詳細

階層属性の構成

階層を使用して解析を実行するには、ネットワーク データセットが階層ネットワーク属性を持つ必要があります。次の手順に従って、階層属性を構成します。

メモ:

ネットワーク データセットの階層属性を構成する際、ネットワーク データセット構築時の構築エラーを防ぐためには、属性の値が正の整数であり、値が 1 のエッジ エレメントが 1 つ以上存在することを確認してください。

  1. [ネットワーク データセット プロパティ] ダイアログ ボックスからネットワーク属性にアクセスします。
  2. [階層] タブをクリックします。
  3. [階層属性の追加] チェックボックスをオンにします。
  4. 必要に応じて、[範囲] セクションを展開します。
  5. 幹線道路、一般道路、および生活道路の範囲を定義します。
  6. [エバリュエーター] セクションで、エバリュエーターをソース フィーチャに割り当てます。
  7. [移動モード] タブをクリックします。
  8. 必要に応じて [詳細設定] セクションを展開します。
  9. [階層を使用] チェックボックスがオンになっています。
  10. [OK] をクリックします。
  11. 階層属性は構成され、ネットワーク データセットに保存されます。