Skip To Content

ロケーション-アロケーション解析レイヤー

ロケーション-アロケーションとは

一般的に、立地は、民間企業または公共サービスの効果的な運営に最も重要な要因であると考えられています。民間企業の場合、地元の常連が通う小規模な喫茶店であっても、配送センターを伴う多国籍製造流通ネットワークであっても、世界規模の小売チェーンであっても、適切なロケーションにより利益を得ることができます。また、適切なロケーションにより、低い固定費および間接費と高いアクセス性を維持できます。学校、病院、図書館、消防署、緊急対応サービス (ERS) センターなどの公共サービスの施設は、ロケーションが適切であれば、高品質なサービスを低コストでコミュニティに提供できます。

最適な消防署施設のロケーションの選択

ロケーション-アロケーションの目的は、商品とサービスを提供する施設およびそれらを消費する需要地点に関する情報に基づいて、需要地点に商品とサービスを最も効率的に供給できるように施設を配置することです。名前が示すように、ロケーション-アロケーションは、施設を配置すると同時に施設に需要地点を割り当てる 2 つの要素で構成される解析です。

すべてのロケーション-アロケーション解析が同じ問題を解決するわけではなく、最適なロケーションは施設のタイプによって異なります。たとえば、ERS センターにとって最適なロケーションは、製造工場にとって最適なロケーションとは異なります。次の 2 つの例は、ロケーション-アロケーション解析の目的が配置される施設のタイプによってどのように異なるかを示しています。

例 1: ERS センターの配置

救急車を呼ぶと救急車は至急到着するのが当然であると考えられています。緊急対応時間は、救急車と患者の間の距離に大きく左右されます。通常、ERS センターに最適なサイトを決定するときの目標は、救急車が所定の時間枠内に最も多くの人に到達できるようにすることです。具体的には、3 つの ERS 施設をどこに配置すれば 4 分以内にコミュニティの最も多くの人に到達できるかなどの課題を検証します。

例 2: 製造工場の配置

多くの小売店は商品を製造工場から受け取ります。製造する商品が自動車、電化製品、または加工食品であるかを問わず、製造工場はその予算の多くを輸送に費やします。ロケーション-アロケーションにより、全体的な輸送費を最小限に抑えるにはどこに製造工場を配置する必要があるかという課題が解決できます。

ロケーション-アロケーション解析のタイプ

ロケーション-アロケーション解析レイヤーには、上の 2 つの例で示したような課題も含め、具体的な課題に対応できるように、7 つの異なる解析タイプがあります。7 つの解析タイプは、次のとおりです。

  • 加重インピーダンスの最小化 (P 中央値)
  • カバーエリアの最大化
  • カバーエリアの最大化および施設数の最小化
  • アテンダンスの最大化
  • 市場シェアの最大化
  • 目標市場シェア
  • カバー容量の最大化

以下では、ロケーション-アロケーション解析レイヤーとその解析プロパティおよびフィーチャクラスについて説明します。

施設フィーチャクラス

このネットワーク解析クラスには、ロケーション-アロケーション解析で候補地として使用されるネットワーク ロケーションが格納されます。この候補地の中から実際のロケーションが選択されます。

新しいロケーション-アロケーション解析レイヤーを作成したときの施設クラスは空です。これは、ネットワーク ロケーションの追加時に挿入されます。解析を実行するには、少なくとも 1 つの施設と 1 つの需要地点が必要です。

施設: 入力フィールド

入力フィールド説明

ObjectID

システムで管理される ID フィールド。

Shape

ネットワーク解析オブジェクトの地理的な位置を示すジオメトリ フィールド。

Name

ネットワーク解析オブジェクトの名前。

FacilityType

このプロパティは、施設が候補施設、必須施設、競合施設、または選択済み施設のいずれであるかを指定します。これは、以下のリストの括弧内の整数によって表される、値のドメインによって制約されます。

  • Candidate (0) - 候補施設は、ソリューションに含められる可能性のある施設です。
  • Required (1) - 必須施設は、ソリューションに含められる必要のある施設です。
  • Competitor (2) - 競合施設は、[市場シェアの最大化] 解析タイプと [目標市場シェア] 解析タイプのみで使用されます。これは、競合ビジネスを表す施設であり、解析から需要を除去します。
  • Chosen (3) - ロケーション-アロケーション解析で候補施設がソリューションに含められることが決定したら、この解析により、FacilityType 値が [Candidate] から [Chosen] に変更されます。解析の前に施設の FacilityType が [Chosen] に設定されると、その施設は解析で候補施設として処理されます。

Weight

施設に対する相対的なウェイトの割り当て。これは、1 つの施設のもう 1 つの施設と比較した場合の魅力、利用価値、または傾向を格付けするのに使用されます。

たとえば、ある施設に対して値を 2.0 に設定すると、2 対 1 の割合で、もう 1 つの施設ではなくその施設で買い物をすることを好む顧客を獲得できます。施設のウェイトに影響する可能性のある要因には、面積、周辺地域、建物の築年数などがあります。Weight 値 (1 を除く) は、[市場シェアの最大化] 解析タイプと [目標市場シェア] 解析タイプのみで考慮されます。

Capacity

Capacity[カバー容量の最大化] 解析タイプに固有のプロパティであるため、それ以外の解析タイプでは Capacity が無視されます。

このプロパティは、施設が供給可能な加重需要の量を指定します。施設の容量を超える需要は、施設のインピーダンス カットオフの範囲内であっても、その施設には割り当てられません。

この施設プロパティに割り当てられた値は、ネットワーク解析レイヤーのデフォルトの容量よりも優先されます。

ネットワーク ロケーション フィールド

  • SourceID
  • SourceOID
  • PosAlong
  • SideOfEdge
  • SnapX
  • SnapY
  • SnapZ
  • DistanceToNetworkInMeters

これらのプロパティを組み合わせて、オブジェクトが配置されているネットワーク上のポイントを表します。

CurbApproach

CurbApproach プロパティは、施設への到着時または施設からの出発時に移動が可能な方向を示します。2 つのポイントの間の最短パスは到着または出発するときに許可されている移動の方向によって異なるため、このプロパティは、施設と需要地点の間のインピーダンスを生成するときに使用されます。

このフィールドは値のドメインによって制約されます。デフォルトでは Either side of vehicle (0) に設定されており、施設は車両のどちら側からでも訪れることが可能です。車両が特定の方向で施設に到着する、または施設から出発する必要がある場合は、Right side of vehicle (1) または Left side of vehicle (2) を選択します。CurbApproach の最後のオプション No U-Turns (3) は、ロケーション-アロケーション解析の場合の Either side of vehicle と同様に機能します。

施設: 入力/出力フィールド

入力/出力フィールド説明

Status

このフィールドは、以下に示す値のドメインによって制約されます (それぞれのコード値は括弧内に示されています)。

  • OK (0) - 起点が有効です。
  • Not located (1) - ネットワーク データセット上の起点のロケーションを特定できません。
  • Network element not located (2) - 起点のネットワーク ロケーション フィールドで識別されるネットワーク エレメントが見つかりません。これは、出発地があるはずのネットワーク エレメントが削除され、ネットワーク ロケーションが再計算されなかった場合に発生する可能性があります。

解析の実行が終了したら、ステータスを次のいずれかのステータス値に変更できます。

  • OK (0) - ネットワーク ロケーションは正常に評価されました。
  • Element not traversable (3) - 起点があるネットワーク エレメントは通過不能です。この状態は、規制属性によってネットワーク エレメントが規制されている場合に発生する可能性があります。
  • Invalid field values (4) - 1 つまたは複数の起点のフィールド値が、解析レイヤーのコード値ドメインまたは範囲ドメインから外れています。たとえば、正の数値が必要な場合に負の数値が存在しています。
  • Not reached (5) - 解析によって起点に到着できません。
  • Not located on closest (7) - 規制またはバリアがあるため、起点に最も近いネットワーク ロケーションを通過できません。これにより、代わりに最も近い通過可能なネットワーク フィーチャ上に起点が配置されています。

施設: 出力フィールド

出力フィールド説明

DemandCount

このフィールドには、施設に割り当てられている需要地点の数が格納されます。0 以外の値は、施設がソリューションの一部として選択されていることを意味します。

DemandWeight

このフィールドには、施設に割り当てられている全需要地点の有効ウェイトの合計が格納されます。値は、施設に割り当てられている需要地点の全 Weight 値の合計です。[アテンダンスの最大化] 解析タイプと [市場シェアの最大化] 解析タイプの場合、需要が距離に伴って減少したり、多数の施設の間で分割されたりするため、値は Weight フィールド値の分配合計です。

Total_[Cost]

(たとえば、Miles 属性が移動コストの場合は「Total_Miles」となります)

このフィールドには、施設と施設に割り当てられている各需要地点の間のネットワーク コストの合計が格納されます。フィールド名の [Impedance] 部分は、ネットワーク属性名に置き換えられます。たとえば、Total_Meters の場合は、「Meters」がネットワーク属性の名前です。

TotalWeighted_[Cost]

(たとえば、Miles 属性が移動コストの場合は「TotalWeighted_Miles」となります)

このフィールドには、施設の累積加重コストが格納されます。需要地点の加重コストは、そのウェイトに施設と需要地点の間の最小コスト パスを掛けたものです。施設の加重コストは、施設に割り当てられている需要地点の全加重コストの合計です。たとえば、ウェイトが 2 の需要地点が 10 マイル離れた場所にある施設に割り当てられている場合、TotalWeighted_Miles 値は 20 (2 x 10) になります。ウェイトが 3 の別の需要地点が同じ施設に割り当てられており、5 マイル離れた場所にある場合、TotalWeighted_Miles 値は 35 (3 x 5 + 20) に増えます。

需要地点フィーチャクラス

このサブレイヤーには、特定のロケーション-アロケーション解析レイヤーの一部である需要地点が格納されます。一般的に、需要地点とは、施設が提供する商品とサービスを必要とする人または物を表すロケーションのことです。需要地点は、その内部に居住している住民の数によって加重された郵便番号重心であったり、予測されるこれらの住民による消費の量によって加重された郵便番号重心であったりします。需要地点は、ビジネス顧客を表すこともあります。ビジネスに供給する在庫の回転率が高い場合、これらのビジネスのウェイトは、回転率が低いビジネスよりも重くなります。

需要地点は、ロケーション-アロケーション解析タイプの距離カットオフを上書きできます。これは、一部の需要地点に異なるニーズまたは振舞いがある場合に便利です。たとえば、救急車を事前に配置するとき、一般的にはコミュニティのすべての人に 4 分以内に到達できれば許容範囲内ですが、高齢者センターなどがある高齢者の密度の高い領域では、より速い応答 (2 分以内) が必要とされます。

需要地点: 入力フィールド

入力フィールド説明

ObjectID

システムで管理される ID フィールド。

Shape

ネットワーク解析オブジェクトの地理的な位置を示すジオメトリ フィールド。

Name

ネットワーク解析オブジェクトの名前。

GroupName

需要地点が属しているグループの名前。このプロパティは、[カバー容量の最大化][目標市場シェア]、および [市場シェアの最大化] の解析タイプでは無視されます。

複数の需要地点が 1 つのグループ名を共有している場合、解析はそのグループに属するすべての需要地点を同じ施設に割り当てます。

グループ名を使用せずに距離を最小化
グループ化された需要地点を使用せずに距離を最小化
グループ名を使用して距離を最小化
グループ化された需要地点を使用して距離を最小化します。この例では、黄色の需要地点は、同じ GroupName 値を割り当てられているため、同じ施設に割り当てられています。

距離カットオフなどの制約により、グループ内の需要地点のいずれかが同じ施設に到達できない場合、いずれの需要地点も割り当てられません。

Weight

需要地点の相対加重。ウェイトの値が 2.0 であれば、その需要地点は値が 1.0 の需要地点よりも 2 倍重要であることを示します。

ImpedanceTransformation

この需要地点のプロパティに割り当てられる値は、ネットワーク解析レイヤーの [インピーダンス変換] の値を上書きします。

ImpedanceParameter

この需要地点のプロパティに割り当てられる値は、ネットワーク解析レイヤーの [インピーダンス パラメーター] の値を上書きします。

Cutoff_[Cost]

(たとえば、Miles 属性が移動コストの場合は「Cutoff_Miles」となります)

この需要地点のプロパティに割り当てられる値は、ネットワーク解析レイヤーの [カットオフ] の値を上書きします。

ネットワーク ロケーション フィールド

  • SourceID
  • SourceOID
  • PosAlong
  • SideOfEdge
  • SnapX
  • SnapY
  • SnapZ
  • DistanceToNetworkInMeters

これらのプロパティを組み合わせて、オブジェクトが配置されているネットワーク上のポイントを表します。

CurbApproach

CurbApproach プロパティは、需要地点への到着時または需要地点からの出発時に移動が可能な方向を示します。2 つのポイントの間の最短パスは到着または出発するときに許可されている移動の方向によって異なるため、このプロパティは、施設と需要地点の間のインピーダンスを生成するときに使用されます。

このフィールドは、値のドメインによって制約され、デフォルトでは Either side of vehicle

(0) に設定され、需要地点には車両の左右どちら側からでも訪れることができることを示します。車両が特定の方向で需要地点に到着する、または需要地点から出発する必要がある場合は、Right side of vehicle (1) または Left side of vehicle (2) を選択します。最後のオプション No U-Turns (3) は、ロケーション-アロケーション解析の場合の Either side of vehicle と同様に機能します。

需要地点: 入力/出力フィールド

入力/出力フィールド説明

Status

入力フィールドとして、需要地点のステータス情報を示します。

このフィールドは、以下に示す値のドメインによって制約されます (それぞれのコード値は括弧内に示されています)。

  • OK (0) - 需要地点が有効です。
  • Not located (1) - ネットワーク データセット上の需要地点のロケーションを特定できません。
  • Network element not located (2) - 需要地点のネットワーク ロケーション フィールドによって特定されるネットワーク エレメントが見つかりません。これは、需要地点があるはずのネットワーク エレメントが削除され、ネットワーク ロケーションが再計算されなかった場合に発生する可能性があります。

解析の実行が終了したら、ステータスを次のいずれかのステータス値に変更できます。

  • OK (0) - ネットワーク ロケーションは正常に評価されました。
  • Element not traversable (3) - 需要地点があるネットワーク エレメントは通過不能です。この状態は、規制属性によってネットワーク エレメントが規制されている場合に発生する可能性があります。
  • Invalid field values (4) - 1 つまたは複数の需要地点のフィールド値が、解析レイヤーのコード値ドメインまたは範囲ドメインから外れています。たとえば、正の数値が必要な場合に負の数値が存在しています。
  • Not reached (5) - 解析によって需要地点に到着できません。
  • Not located on closest (7) - 規制またはバリアのため、需要地点に最も近いネットワーク ロケーションを通過できません。したがって、代わりに、最も近い通過可能なネットワーク フィーチャ上に需要地点が配置されています。

需要地点: 出力フィールド

出力フィールド説明

FacilityID

需要地点が割り当てられている施設の ObjectID

値が NULL であれば、需要地点は施設に割り当てられていないか、複数の施設に割り当てられています (後者は市場シェア関連の解析タイプのみで可能)。

AllocatedWeight

これは、選択済み施設と必須施設に割り当てられている需要の量です。競合施設に割り当てられている需要はこの値に含まれません。値には、次の 3 種類があります。

  • NULL 値は、需要地点がどの施設にも割り当てられていないことを示します。これは、需要地点がすべてのインピーダンス カットオフの範囲外にある場合や、規制されているネットワーク エレメント上にある場合などに発生します。
  • 0 値は、需要地点が競合施設にのみ割り当てられていることを示します。
  • 0 以外の正の値は、選択済み施設と必須施設に割り当てられている需要の量を示します。

ライン フィーチャクラス

ライン クラスは、出力専用のネットワーク解析クラスであり、解析の動作中に解析機能によって生成されるライン フィーチャを含みます。これには、需要地点とそれらが割り当てられている施設を接続するライン フィーチャが含まれています。需要地点が複数の施設に割り当てられている場合、需要地点は割り当てられている施設ごとに 1 本のラインで接続されます。需要地点がどの施設にも割り当てられていない場合、その需要地点には対応するラインが 1 本もありません。ライン フィーチャクラスでのロケーション-アロケーション出力は、マップ上に直線として表現されるか、マップにまったく表示されないかのいずれかです。いずれの場合も、解析では常に、施設と需要地点間の最短のネットワーク パスが考慮されます。したがって、コスト関連の属性には直線距離ではなく、ネットワーク コストが反映されます。ネットワーク パスの実際の形状が出力されない理由は、それらがロケーション-アロケーションで必要とされることはほとんどなく、特に大規模な解析の場合は、パスの形状を生成すると、解析時間が大幅に長くなり、システムのリソースを使い果たす可能性があるからです。

ライン: 出力フィールド

出力フィールド説明

ObjectID

システムで管理される ID フィールド。

Shape

ネットワーク解析オブジェクトの地理的な位置を示すジオメトリ フィールド。

解析レイヤーの [出力ジオメトリの線形形状タイプ] プロパティを [ラインなし] に設定した場合、形状は表示されません。[出力ジオメトリの線形形状タイプ] プロパティを [直線] に設定すると、需要地点または施設の各ペアを接続する直線が返されます。

Name

ラインの名前。名前は、施設名と需要地点名が訪れる順序で示されるように形成されます。ネットワーク解析レイヤーの移動方向が [施設から] に設定されているときは、名前の形式は [施設名] - [需要地点名] であり、[施設へ] に設定されているときは、[需要地点名] - [施設名] です。

FacilityID

ラインが関連付けられている施設の一意な ID。ラインは、常に、1 つの施設と 1 つの需要地点に関連付けられています。

DemandID

ラインが関連付けられている需要地点の一意な ID。ラインは、常に、1 つの施設と 1 つの需要地点に関連付けられています。

Weight

接続されている需要地点 (DemandID) から接続されている施設 (FacilityID) に割り当てられているウェイト。

TotalWeighted_[Cost]

(たとえば、Miles 属性が移動コストの場合は「TotalWeighted_Miles」となります)

施設から需要地点に移動する加重コスト。これは、施設に割り当てられている需要地点のウェイトを Total_[Cost] 値に掛けて求められます。

アクティブなコスト属性には Total_[Cost] フィールドが伴いますが、累積コスト属性にはありません。累積属性の加重インピーダンスを計算する必要がある場合は、Weight の値と該当する Total_[Cost] フィールドの値を掛けます。

ラインは直線であったり、特定のジオメトリを持たなかったりします。いずれにしろ、インピーダンスとは常にネットワーク コストのことであって、直線距離ではないことに注意してください。

Total_[Cost]

(たとえば、Miles 属性が移動コストの場合は「Total_Miles」となります)

施設から需要地点に移動するネットワーク コスト。すべての累積属性とアクティブなコスト属性には Total_[Cost] 属性が伴います。

ラインは直線であったり、特定のジオメトリを持たなかったりします。いずれにしろ、コストとは常にネットワーク コストのことであって、直線距離ではないことに注意してください。

ロケーション-アロケーション解析レイヤーのプロパティ

解析レイヤーで設定できるパラメーターを以下に示します。これらは [ロケーション-アロケーション] タブにあり、[コンテンツ] ウィンドウでロケーション-アロケーション レイヤーまたはそのサブレイヤーのいずれか 1 つが選択されている場合のみ使用できます。

[ロケーション-アロケーション] タブ

実行

入力フィーチャを読み込み、解析プロパティを設定したら、[実行] 実行 をクリックして、ロケーション-アロケーション解析を実行します。

施設のインポート

[施設のインポート] 施設のインポート[入力データ] グループ内にあります。クリックすると、ポイント フィーチャ レイヤーなどの別のデータ ソースから施設フィーチャクラスにフィーチャを読み込みます。

需要地点の インポート

[需要地点のインポート] 需要地点のインポート[入力データ] グループ内にあります。クリックすると、ポイント フィーチャ レイヤーなどの別のデータ ソースから需要地点フィーチャクラスにフィーチャを読み込みます。

バリアのインポート

[バリアのインポート] バリアのインポート[入力データ] グループ内にあります。クリックすると、別のフィーチャ レイヤーなどの別のデータ ソースから、バリア フィーチャクラス (ポイント バリア、ライン バリア、ポリゴン バリア) の 1 つにフィーチャを読み込みます。

モード

[モード] ドロップダウンを使用すると、移動モードを選択できます。移動モードは、歩行者、車、トラック、その他の移動モードの移動をまとめてモデリングする設定のグループです。このドロップダウン メニューで選択できる項目は、ネットワーク解析レイヤーが参照しているネットワーク データ ソースに対して構成されている移動モードによって異なります。

方向

ロケーション-アロケーション解析では、移動時間またはその他のコストを、施設から向かう方向または施設に向かう方向に累積できます。

  • [施設から] - 移動の方向は施設から需要地点に向かいます。
    施設から
  • [施設へ] - 移動の方向は需要地点から施設に向かいます。
    施設へ

一方通行の規制が適用されたネットワークで、移動方向により異なる移動時間を設定すると、移動方向を切り替えて、異なる結果を生成できます。方向は、解析の目的に応じて選択する必要があります。緊急対応車両が緊急事態の場所 (需要地点) まで移動する場合に ERS センターのロケーションを最適化する場合は、[施設から] オプションが最も適切な選択です。逆に、小売店舗を設置する場合は、需要を店舗に呼び込む必要があるので、[施設へ] の方が適切な選択です。

カットオフ

ロケーション-アロケーション解析では、施設から需要地点への最小コスト パスを計算するとき、需要地点がこのインピーダンス カットオフを超える場所にあると、それらの需要地点の検索を中止します。この制限を超える需要地点は、当該施設についての検索対象になりません。カットオフ値に使用すべき単位は、[モード] ドロップダウン矢印の隣に表示されます。

施設

[施設] に値を入力して、検出する施設の数を指定できます。

メモ:

必要な施設の数を求める 2 つの解析タイプでは、[施設] に値を指定することはできません。これらの解析タイプとは、[カバーエリアの最大化および施設数の最小化][目標市場シェア] です。

タイプ

[解析タイプ] グループの [タイプ] ドロップダウン ギャラリーを使用すると、ロケーション-アロケーション解析の対象となる解析タイプを指定できます。

解析タイプ説明

加重インピーダンスの最小化 (P 中央値)

需要地点とソリューション施設の間の全加重コストの合計が最小化されるように施設を配置します。下の図の矢印は、割り当てがすべての需要地点間の距離に基づいていることを示しています。

[加重インピーダンスの最小化 (P 中央値)] 解析タイプ
[加重インピーダンスの最小化 (P 中央値)] は、加重インピーダンスの合計 (施設に割り当てられている需要に施設に対するインピーダンスを掛けたもの) が最小化されるように施設を選択します。

この解析タイプは、商品を小売店に配送する輸送コストを包括的に削減できるため、一般的に、倉庫を配置するときに使用されます。[加重インピーダンスの最小化 (P 中央値)] は、選択済み施設まで移動する必要のある全体的な距離を短縮するので、インピーダンス カットオフを使用しない [インピーダンスの最小化] 解析は、通常、他の解析タイプよりも、図書館、地方空港、博物館、運転免許センター、診療所などの公共サービスの施設をより衡平に配置します。

次に、[加重インピーダンスの最小化] 解析タイプが需要をどのように処理するかについて説明します。

  • インピーダンス カットオフが設定されている場合、すべての施設のインピーダンス カットオフの範囲外にある需要は割り当てられません。
  • 1 つの施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、その施設のみに割り当てられます。
  • 複数の施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、最も近い施設のみに割り当てられます。

カバーエリアの最大化

可能な限り多くの需要地点がインピーダンス カットオフ内のソリューション施設に割り当てられるように施設を配置します。

[カバーエリアの最大化] 解析タイプ
[カバーエリアの最大化] は、可能な限り多くの需要が施設のインピーダンス カットオフによってカバーされるように施設を選択します。この図では、解析は 3 つの施設を選択するように設定されています。

[カバーエリアの最大化] は、指定された応答時間内にすべての需要地点に到着する必要のある消防署、警察署、ERS センターなどの緊急サービスの配置によく使用されます。解析の結果が実世界の結果を正しくモデリングするように正確なデータを得ることは、すべての組織にとって重要ですが、緊急サービスにとっては必要不可欠です。

宅配ピザの場合、ピザ レストランとは反対に、特定の移動時間内に可能な限り多くの人をカバーできるところに店舗を配置する必要があります。ピザの宅配を注文する人は、一般的に、店舗までの距離ではなく、広告に示されている時間内にピザが到着することを重視します。したがって、宅配ピザの場合、広告に示されている配達時間からピザの調理時間を引き、カバーエリア内の宅配ピザを注文する可能性が高い人を最大限に獲得する候補施設を選択するように [カバーエリアの最大化] 解析を実行します (ピザ レストランを利用する可能性の高い人は、ピザ レストランまで移動する必要があるため、距離を重視します。したがって、ピザ レストランの場合、[アテンダンスの最大化] 解析タイプまたは市場シェア関連の解析タイプのほうがより適しています)。

次に、[カバーエリアの最大化] 解析タイプが需要をどのように処理するかについて説明します。

  • すべての施設のインピーダンス カットオフの範囲外にある需要地点は割り当てられません。
  • 1 つの施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、その施設のみに割り当てられます。
  • 複数の施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、最も近い施設のみに割り当てられます。

カバー容量の最大化

可能な限り多くの需要地点がインピーダンス カットオフ内のソリューション施設に割り当てられ、施設に割り当てられる加重需要が施設の容量を超えないように配置を行います。

[カバー容量の最大化] 解析タイプ
[カバー容量の最大化] 解析タイプでは、すべての需要または需要の最大量を、いずれの施設でも容量を超えることなく提供できるように施設が選択されます。次の図では、各施設の容量は 1 で、解析は 3 つの施設を選択するように設定されています。地図の下方の需要地点は施設のインピーダンス カットオフの範囲内にありますが、割り当てると施設の容量を超えてしまうため、割り当てが行われていません。

[カバー容量の最大化] 解析は、[加重インピーダンスの最小化 (P 中央値)] または [カバーエリアの最大化] 解析タイプの処理に、容量の制限を追加したように動作します。([カットオフ] が設定されていない場合、この解析タイプは、容量制限のある [加重インピーダンスの最小化 (P 中央値)] のように動作します。) 施設の容量は、Capacity プロパティに数値を割り当てることで指定できます。特定の施設を表す施設サブレイヤーの Capacity フィールドに値が割り当てられていない場合は、[ロケーション-アロケーション] タブの [容量] プロパティから容量が施設に割り当てられます。

[カバー容量の最大化] 解析タイプは、指定した数の住人または事業所を囲む領域の作成、ベッド数または処置可能な患者数に制限がある病院や医療施設の配置、収容量に制限のある倉庫の配置などで使用されます。

次に、[カバー容量の最大化] 解析タイプが需要をどのように処理するかについて説明します。

  • [カバーエリアの最大化] 解析タイプと異なり、[カバー容量の最大化] 解析タイプではインピーダンス カットオフは必要ありません。インピーダンス カットオフを指定した場合、すべての施設のインピーダンス カットオフの範囲外にある需要地点は割り当てられません。
  • 割り当てられた需要地点の需要ウェイトは、1 つの施設にすべて割り当てられるか、まったく割り当てられません。この解析タイプでは需要は分配されません。
  • 施設のインピーダンス カットオフ内にある総需要が施設の容量を超えている場合は、獲得される総需要を最大化し、総加重インピーダンスを最小化する需要地点だけが割り当てられます。
    メモ:

    需要地点が最も近いソリューション施設以外に割り当てられて、明らかに非効率となる場合があります。このような状態は、需要地点のウェイトが変動する場合、および需要地点が複数の施設のインピーダンス カットオフでカバーされる (またはインピーダンス カットオフがない) 場合に発生します。このような結果は、最も近いソリューション施設の容量が加重需要に対して不十分であること、または解析全体で最も効果的なソリューションにするために、局所的に非効率な地点が 1 つ以上必要であることを示しています。どちらの場合も、正しいソリューションです。

カバーエリアの最大化および施設数の最小化

可能な限り多くの需要地点がインピーダンス カットオフ内のソリューション施設に割り当てられるように施設を配置し、さらに、需要地点をカバーするのに必要な施設の数を最小化します。

[カバーエリアの最大化および施設数の最小化] 解析タイプ
[カバーエリアの最大化および施設数の最小化] は、施設のインピーダンス カットオフ内に可能な限り多くの需要地点があるように施設を選択します。さらに、すべての需要地点をカバーするのに必要な施設の数を最小化します。この図では、解析は 2 つの施設内ですべての需要地点をカバーしています。

[カバーエリアの最大化および施設数の最小化] は基本的に [カバーエリアの最大化] と同じですが、配置する施設の数が異なり、この場合、それは解析によって決定されます。施設を建設するコストが制限要因でない場合、[カバーエリアの最大化] を使用するのが適切な施設 (緊急対応サービスなど) について、[カバーエリアの最大化および施設数の最小化] を使用すると、すべての考えられる需要地点がカバーされます。[カバーエリアの最大化および施設数の最小化] は、スクール バスのバス停を選択するためにも使用されます (生徒が自宅により近い場所に別のスクール バスのバス停が設置されるまで一定の距離を歩く必要がある場合)。

次に、[カバーエリアの最大化および施設数の最小化] 解析タイプが需要をどのように処理するかについて説明します。

  • すべての施設のインピーダンス カットオフの範囲外にある需要地点は割り当てられません。
  • 1 つの施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、その施設のみに割り当てられます。
  • 複数の施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、最も近い施設のみに割り当てられます。

アテンダンスの最大化

需要ウェイトが施設と需要地点の間の距離と比例して減ることを想定して、可能な限り多くの需要ウェイトが施設に割り当てられるように施設を選択します。

[アテンダンスの最大化] 解析タイプ
[アテンダンスの最大化] は、需要ウェイトが距離に伴って減少することを想定して、可能な限り多くの需要ウェイトが施設に割り当てられるように施設を選択します。この図で円グラフで表されている需要地点は、その総需要のうち、どの程度の需要が施設によって獲得されているかを示しています。

この解析タイプは、競合店がほとんど存在しない、またはまったく存在しない専門店にとって効果的です。また、市場シェア関連の解析タイプを実行するのに必要な競合店に関するデータを持っていない、一般小売店およびレストランにとっても効果的な場合があります。この解析タイプが適しているビジネスには、喫茶店、フィットネス センター、歯科医院、診療所、ボウリング場、電化製品店などがあります。公営バスのバス停は、多くの場合、[アテンダンスの最大化] を使用して選択されます。[アテンダンスの最大化] は、施設に到達するまでに移動する距離が長ければ長いほど、その施設が利用される可能性が低いことを前提としています。したがって、施設に割り当てられている需要の量は距離に伴って減少します。距離に伴う減少は、インピーダンス変換で指定します。

次に、[アテンダンスの最大化] 解析タイプが需要をどのように処理するかについて説明します。

  • すべての施設のインピーダンス カットオフの範囲外にある需要はどの施設にも割り当てられません。
  • 1 つの施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、カットオフおよびインピーダンス変換に従って部分的に割り当てられます。上の図の需要地点には、選択済み施設によって獲得されるそれらの総需要ウェイトの割合を表す円グラフがあります。
  • 複数の施設のインピーダンス カットオフによってカバーされる需要地点のウェイトは、最も近い施設のみに割り当てられます。

市場シェアの最大化

競合ビジネスが存在する状況において割り当てられた需要が最大化されるように特定の数の施設を選択します。その目標は、指定した数の施設で総市場シェアのうち可能な限り多くの市場シェアを獲得することです。総市場シェアとは、有効な需要地点の全需要ウェイトの合計のことです。

[市場シェアの最大化] 解析タイプ
[市場シェアの最大化] は、競合ビジネスが存在する状況において最大量の割り当てられた需要が獲得されるように施設を選択します。解析によって選択される施設の数は手動で指定します。

市場シェア関連の解析タイプは、配置する施設のウェイトだけではなく競合施設のウェイトも把握する必要があるため、最大量のデータを必要とします。[アテンダンスの最大化] 解析タイプを使用するのが適切な施設の場合も、競合ビジネスのデータを含む包括的な情報を使用できる場合は、市場シェア関連の解析タイプを使用できます。大型ディスカウント ショップは、一般的に、[市場シェアの最大化] を使用して有限数の新しい店舗を配置します。市場シェア関連の解析タイプでは、ハフ モデル (重力モデルまたは空間相互作用とも呼ばれる) が使用されます。

次に、[市場シェアの最大化] 解析タイプが需要をどのように処理するかについて説明します。

  • すべての施設のインピーダンス カットオフの範囲外にある需要はどの施設にも割り当てられません。

  • 1 つの施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、その施設のみに割り当てられます。

  • 複数の施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、それをカバーする施設に割り当てられ、さらに、ウェイトは施設間で施設の魅力 (施設ウェイト) と比例して、また施設と需要地点の間の距離と反比例して分割されます。つまり、施設ウェイトが同じであっても、近い施設には遠い施設よりも多くの需要ウェイトが割り当てられます。この振舞いは、上の [市場シェアの最大化] の図に示されています。3 つの施設 (四角形) に同じウェイトが割り当てられており、6 つの需要地点 (円) のうちの 1 つが 2 つの競合する施設のインピーダンス カットオフの範囲内にあり、その需要がこれら 2 つの施設間で分割されているとします 図の中央近くにある需要地点は、左側の施設と中央の施設の両方によってカバーされています。需要地点は左側の施設により近いため、より多くの需要がその施設に割り当てられます。

    右下の需要地点の需要は割り当てられていません。[施設] プロパティが 1 に設定されているため、その需要地点に最も近い施設がソリューションの一部として選択されませんでした。

  • 獲得された市場シェアを計算するのに使用できる総市場シェアは、ネットワーク上に配置されている全需要地点のウェイトの合計です。未配置の需要地点は総市場シェアに含められず、それらを含める必要がある場合は、ネットワーク上で再配置する必要があります。

目標市場シェア

[目標市場シェア] は、競合ビジネスが存在する状況において総市場シェアのうちの特定の割合を獲得するのに必要な最小数の施設を選択します。総市場シェアとは、有効な需要地点の全需要ウェイトの合計のことです。獲得したい市場シェアの割合は手動で設定し、その閾値に適合するのに必要な最小数の施設の選択は解析が行います。

[目標市場シェア] 解析タイプ
[目標市場シェア] は、競合ビジネスが存在する状況において使用します。この解析タイプは、指定した市場シェアを獲得するのに必要な最小数の施設を選択しようとします。

市場シェア関連の解析タイプは、配置する施設のウェイトだけではなく競合施設のウェイトも把握する必要があるため、最大量のデータを必要とします。[アテンダンスの最大化] 解析タイプを使用するのが適切な施設の場合も、競合ビジネスのデータを含む包括的な情報を使用できる場合は、市場シェア関連の解析タイプを使用できます。

大型ディスカウント ショップは、一般的に、特定のレベルの市場シェアに到達するにはどの程度の拡張が必要であるかを把握したり、新しい競合施設が出現した場合に現在の市場シェアを維持するためにはどのような戦略が必要であるかを確認したりする必要があるときに [目標市場シェア] 解析タイプを使用します。通常、その結果は、予算を考慮する必要がない場合に取るべき行動を表します。予算を考慮する必要がある場合は、[市場シェアの最大化] 解析を実行して、制限された数の施設で可能な限り多くの市場シェアを獲得します。

次に、[目標市場シェア] 解析タイプが需要をどのように処理するかについて説明します。

  • 獲得された市場シェアを計算するのに使用される総市場シェアは、ネットワーク上に配置されている全需要地点のウェイトの合計です。未配置の需要地点は総市場シェアに含められず、それらを含める必要がある場合は、ネットワーク上で再配置する必要があります。
  • すべての施設のインピーダンス カットオフの範囲外にある需要はどの施設にも割り当てられません。
  • 1 つの施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、その施設のみに割り当てられます。
  • 複数の施設のインピーダンス カットオフの範囲内にある需要地点の需要ウェイトは、それをカバーする施設に割り当てられ、さらに、ウェイトは施設間で施設の魅力 (施設ウェイト) と比例して、また施設と需要地点の間の距離と反比例して分割されます。つまり、施設ウェイトが同じであっても、近い施設には遠い施設よりも多くの需要ウェイトが割り当てられます。この振舞いは、上の [目標市場シェア] の図に示されています。3 つの施設 (四角形) に同じウェイトが割り当てられており、6 つの需要地点 (円) のうちの 2 つが 2 つの異なる施設のインピーダンス カットオフの範囲内にあり、それらの需要がこれらの施設間で分割されているとします 図の中央近くにある需要地点は、左側の施設と中央の施設の両方によってカバーされています。需要地点は左側の施設により近いため、より多くの需要がその施設に割り当てられます。

    もう 1 つの需要地点は左側の施設と右側の施設の両方と距離が同じであるため、そのウェイトは両方の施設の間で均等に分割されています。

f(cost, β)

コスト変換関数タイプ (インピーダンス変換) であるこのプロパティは、施設と需要地点の間のネットワーク コストを変換するための式を設定します。コスト変換関数パラメーター ([β]) とともに使用されるこのプロパティは、施設と需要地点の間のネットワーク インピーダンスが、解析でどの施設が選択されるかに影響する度合いを指定します。

変換を適用することで、需要地点から最も近い施設に到達するために移動する必要のある全体的な距離を均等化できます。図書館と診療所については、サービスの均等性が重視されるため、多くの場合、[累乗] コスト変換関数タイプが使用され、コスト変換関数パラメーターが 2.0 に設定された [加重インピーダンスの最小化 (P 中央値)] 解析タイプを使用して施設の配置が行われます。こうすると、少数の遠くに居住する利用者または患者が相対的に余分に長い距離を移動する必要がなくなります。

顧客がどこに居住しているかに関するデータを収集する店舗もあります。これを行うと、距離が顧客の振舞いに与える影響が判明します。データを収集することで、店舗はコスト変換関数を設定し、キャリブレーションすることができるため、将来より効果的にサイトを選択できます。

正確にコスト変換関数とパラメーターを適合させて、優先事項を指定し、需要地点の振舞いをモデリングするときには、慎重な検討が必要で、ハフ モデルや距離に伴う減少などのトピックについても調べる必要があります。しかし、最初のステップは、コストがどのように変換されるかを理解することです。次に、変換のオプションについて説明します。「d」は需要地点、「f」は施設です。したがって、インピーダンスdf は需要地点 d と施設 f の間の最短パスのネットワーク インピーダンスであり、コストdf は施設と需要地点の間の変換されたネットワーク インピーダンスです。Beta (β) はコスト変換関数パラメーターを表します。

コスト変換関数タイプ説明

リニア

コストはネットワーク インピーダンスと等しくなります。目標が輸送コスト全体を最小限に抑えることである倉庫などの施設の位置を特定する場合は、これをお勧めします。

コストdf = インピーダンスdf

メモ:

[f(cost, β)] プロパティを [リニア] に設定した場合、リニア変換のパラメーターの値を変更しても解析の結果には影響がおよばないため、コスト変換関数パラメーター (β) は常に内部で 1 に設定されます。

累乗

コストは、ネットワーク インピーダンスの累乗と等しくなります。コストは、遠くにある位置ほど魅力が少なく見えるように、強調されます。この強調は、指数関数的減衰ほど極端ではありません。車の販売代理店などの大きい小売施設の位置を特定する場合は、これをお勧めします。

コストdf = インピーダンスdfβ

指数関数

コストは、ネットワーク インピーダンスと指数関係があります。コストは、遠くにある位置ほど魅力が少なく見えるように、強調されます。この強調は、累乗オプションを使用する場合よりも極端です。スーパーなどの小さい小売施設の位置を特定する場合は、これをお勧めします。

コストdf = e(β * インピーダンスdf)

指数関数変換は、一般的に、インピーダンス カットオフとともに使用されます。

以下の一連の図と表では、[加重インピーダンスの最小化 (P 中央値)] を使用して、異なるコスト変換関数タイプおよびパラメーターを使用した場合の考えられる影響を示します。

コスト変換関数の影響を示すサンプル解析
サンプル解析設定では、端点に需要地点があり、中央に候補施設がある 2 マイルのエッジを使用します。

[リニア] コスト変換関数タイプでは常にパラメーター値 1 が使用されます。これにより、コストは変更されず、施設 B がそのコストを最小化します。

施設総コスト (リニア変換)選択する施設

A

3+3+5=11

B

7+1+1=9

施設 B が選択されます。

[リニア] コスト変換関数タイプを使用したコストの比較
コスト変換関数の影響を示すサンプル解析
[リニア] コスト変数関数が使用される場合、施設 B の変換されたコストの合計は施設 A よりも低くなります。

パラメーターが power に設定された 2 コスト変換関数タイプは、距離を増幅して十分に長くするため、施設 A が代わりにコストを最小化します。

施設総コスト (累乗変換、β = 2)選択する施設

A

32+32+52=43

施設 A が選択されます。

B

72+12+12=51

パラメーターが power に設定された 2.0 コスト変換関数タイプを使用したコストの比較
コスト変換関数の影響を示すサンプル解析
二乗の累乗変換が使用される場合、施設 A の変換されたコストの合計は施設 B よりも低くなります。

インピーダンス パラメーターが exponential に設定された 0.02 コスト変換関数タイプは、近くの需要地点を優先するため、この場合、施設 B が選択される施設になります (図は [リニア] コスト変換関数の図と同じになるため省略します)。

施設総コスト (指数関数変換、β = 0.02)選択する施設

A

e0.02*3+e0.02*3+e0.02*5=3.23

B

e0.02*7+e0.02*1+e0.02*1=3.19

施設 B が選択されます。

パラメーターが 0.02 に設定された指数関数変換を使用したコストの比較

β

コスト変換関数パラメーターであるこのプロパティを使用すると、[f(cost, β)] プロパティとともに使用されるパラメーター β を設定できます。ただし、[f(cost, β)][リニア] に設定されている場合、このパラメーター値は無視され、代わりに値として 1 が使用されます。詳細については、上述の [f(cost, β)] プロパティの説明をご参照ください。

ヒント:

需要地点には ImpedanceParameter プロパティがあり、これが設定されていると、解析レイヤーの β プロパティがオーバーライドされます。都市部の住民と農村部の住民で異なるコスト変換関数パラメーターを指定する必要がある場合があります。これは、解析レイヤーのインピーダンス変換を農村部の住民に適合するように設定し、都市部の需要地点のインピーダンス変換を都市部の住民に適合するように設定することでモデリングできます。

市場

このプロパティは、[目標市場シェア] 解析タイプのみで使用されます。これは、解析対象の施設で獲得したい総需要ウェイトに占める割合です。この数値で指定される目標市場シェアを獲得するのに必要な最小数の施設を選択します。

容量

このプロパティは、[カバー容量の最大化] 解析タイプのみで使用されます。解析のすべての施設に割り当てられる容量です。施設サブレイヤーの施設の Capacity フィールドに値を指定して、施設のデフォルトの容量を施設ごとにオーバーライドできます。

タイプ

[到着-出発日時タイプ] ドロップダウン リストは、[到着/出発時間] グループにあり、コストの単位が時間ベースの場合に有効になります。これを使用すると、時間値の入力方法を選択できます。特定の日時を設定する主な理由は、ライブ交通状況や予測される交通状況など、動的な交通状況がネットワーク データ ソースに組み込まれている場合に、その情報を使用して解析を実行するためです。

  • [時間を使用していません] 時間を使用していません - ネットワーク データ ソースに交通量データが含まれているかどうかに関係なく、結果は静的な移動時間に基づきます。道路上での移動時間は、1 日を通して変動しません。[時刻][日付] テキスト ボックスは無効になります。

  • [カスタム日時] カスタム日時 - 開始時間を時刻とカレンダー日付で指定します。この情報を入力できるように、[時刻][日付] テキスト ボックスは有効になります。

  • [今日] 今日 - 時刻を指定します。日付は現在の日付になります。[時刻] テキスト ボックスは有効になり、時刻を入力できます。[日付] テキスト ボックスは [今日] に設定され、変更できないように無効になります。

  • [現在の日時] 現在の日時 - 解析を実行する際に、日付と時刻が現在の日付と時刻に設定されます。これは、ネットワーク データ ソースが交通量データを使用して構成されていて、運転手が今出発した場合に到達できるエリアを知る必要がある場合に便利です。[時刻] テキスト ボックスは [現在] に設定され、[日付] テキスト ボックスは [今日] に設定されます。どちらも変更できないように無効になります。

  • [曜日] 曜日 - 時刻と曜日を指定します。この情報を入力できるように、[時刻][日付] テキスト ボックスは有効になります。曜日を設定するには、次のいずれかの値を [日付] テキスト ボックスに入力します。

    • 日曜日
    • 月曜日
    • 火曜日
    • 水曜日
    • 木曜日
    • 金曜日
    • 土曜日

出力ジオメトリの線形形状タイプ

このコントロールを使用すると、出力をマップに表示する方法を選択できます。ロケーション-アロケーション解析では、常に、ネットワークに沿って最小コストパスが解析されますが、これらのネットワーク パスはマップに表示できません。結果をマップ内で視覚化する場合は、出力を直線として表現できます。また、施設、需要地点、ラインの各クラス テーブル内の出力フィールドのみに関心がある場合は、ラインを一切表示しないようにすることができます。

コスト属性の累積

[移動モード] グループの [コスト属性の累積] ドロップダウン メニューを使用して、累積するコスト属性を構成できます。ネットワーク データ ソースがサービスの場合、出力ジオメトリ タイプにラインが含まれない場合、またはコスト属性が存在しない場合、このドロップダウン メニューは使用できません。属性は、グループ ヘッダーとして示される単位ドメインごとにグループ化されます ([時間][距離] など)。チェックボックスがオンの場合、解析時に解析レイヤーがこのオンになっている属性を累積します。

[コスト属性の累積] ドロップダウン メニュー

同じレイヤー タイプの複数の解析レイヤーが選択されている場合、すべてのレイヤーが 1 つの属性に対して同一のオンになったステータスを共有しているのでなければ、チェックボックスは混合状態を示します。次の画像では、[WeekendFallbackTravelTime] 属性が複数のレイヤーに対して選択されているため、ここにはチェック マークがあります。

混合状態を示すチェック マーク

選択したレイヤーが 1 つの属性に対してオンになったステータスを共有している場合、チェックボックスはその状態を示します。

属性に対してオンになっているチェックボックス