Skip To Content

ターン カテゴリ エバリュエーター

ターンは、ターン フィーチャがまだ存在していないネットワーク データセット内の 2 つの隣り合ったエッジ間でのすべての移動に自動的に設定されます。ターン カテゴリ エバリュエーターの主な目的は、まだ表されていない、またはターン フィーチャによって制限されているターン移動にペナルティを適用することで、移動時間の推定を向上させることです。

ターン カテゴリ エバリュエーターのダイアログ ボックス

ターン カテゴリ エバリュエーターは、まず 2 つのエッジの移動を 4 つの一般的なターン タイプ (左折、右折、前方直進、逆ターン) に分類します。次に、エバリュエーターは、指定された値に基づいてエッジ間の移動を遅らせます。たとえば、左折に対して 15 秒のターン遅延を設定すると、エバリュエーターは左折となるすべての隣接エッジを検索して、それぞれを 15 秒遅延させます。エバリュエーターはまた、階層を使用してターンの分類および遅延をより正確に行うことができます。たとえば、生活道路から一般道路への左折を認識し、そのターンに対して、ある生活道路から別の生活道路への左折の場合よりも多く遅延させることができます。

ターン カテゴリ エバリュエーターは、ネットワーク データセット内に存在するターン フィーチャと一緒に使用することも、ターン フィーチャなしで使用することもできます。ネットワーク内のすべてのターン (または大部分のターン) にターン フィーチャを作成することは、ほぼ不可能です。ターンの品質を維持することができないからです。この場合、ターン カテゴリ エバリュエーターを使用して、4 つのターン方向にターン角度を定義し、各ターン タイプに遅延を割り当てることで、ターンを設定できます。ターンは単純化されており、2 つのエッジを持つターンのみが遅延するので、通常、ターン フィーチャほど正確ではありません。

時間コスト属性のデフォルトのターン エバリュエーターとしてターン カテゴリ エバリュエーターが割り当てられると、そのコスト属性をネットワーク問題内でインピーダンスまたは累積属性として使用するときは常にターンが遅延します。ターン エバリュエーターの方位角値を変更する場合、ネットワーク データセットを再構築する必要はありません。

ターン方位角範囲

ターン方位角は、隣り合ったエッジ間の動きを直進、逆ターン、右折、および左折に分類するのに使用されます。[ターン方位角範囲] セクションでは、左右のターン方位角範囲を設定できます。これにより、直進および逆ターンが設定されることになります。左折と右折は両方とも、デフォルトで最小値が 30 度、最大値が 150 度となります。右折の方位角範囲は時計回りで、左折の方位角範囲は反時計回りです。ターン方位角範囲を指定するには、[最小方位角] および [最大方位角] テキスト ボックスに方位角の値を入力します。または、範囲インジケーターのポイントを円グラフ上にドラッグすることでターン方位角の値を指定することもできます。

ターン カテゴリ エバリュエーターは、まずターン方位角を評価し、次に道路クラスを評価します。角度が右折の範囲に入っている場合、ターン カテゴリ エバリュエーターはまず角度の判定を行い、次に必要に応じて隣り合った道路を調べて道路クラスを特定します。

[ターン方位角範囲] セクションでの方位角の値の変更

ターン タイプ

ターンは、それぞれのターン方位角に基づいて、4 つの主なカテゴリ (左折、右折、前方直進、逆ターン) に分類されます。交差点を通る車両は、この 4 種類のターンのうちのいずれかを実行する必要があります。

ターンがこれらの 4 種類のグローバル ターンに分類される方法を説明するために、下の円グラフでは交差点を通る車両の動きを白色の矢印で示します。この円グラフは、[ターン カテゴリ] エバリュエーターのダイアログ ボックスに表示されているものです。このグラフでは、円の下部の赤色の領域の中央から交差点に車両が近づいていくように向きが設定されています。あるエッジから別のエッジまでのターン角度が、紫色領域への車両の向きを示している場合、車両は左折を実行したことになります。車両の角度が緑色の領域を向いている場合、車両が直進したことになります。車両の角度が青色領域を向いている場合は右折、赤色領域を向いている場合は逆ターンということになります。

逆ターンは、U ターンか、最大方位角ターンの回転移動よりも大きい急なターンのいずれかです。前方直進ターンは、ターン回転が最小方位角よりも小さい場合です。

デフォルトのターン方位角

ターンの種類を分けている方位角は変更可能です。たとえば、直進を示す扇形部分 (ウエッジ) を狭くし、逆ターンのウエッジを広くすることができます。この操作で、左折および右折のウエッジも影響を受けます。この変更を受け、上の円グラフで直進を示す矢印は下の円グラフで左折に、上の円グラフで右折を示す矢印は下の円グラフで逆ターンに再度分類されます。

ターン方位角の変更による、ターン分類の変更

ターン分類の変更が可能であるため、ターン遅延も変更できます。たとえば、元の直進のターン遅延がわずか 2 秒だとすると、2 番目の円グラフで左折として再分類された同じターンはターン遅延が 5 秒になります。

道路クラス

ネットワーク データセットに階層が存在する場合、[道路クラス] セクションで、道路レベルを幹線道路、一般道路、生活道路という道路クラスにグループ化できます。ネットワーク データセットに階層が存在しない場合、ターン カテゴリ エバリュエーターではすべての道路が生活道路として扱われます。

階層に基づく道路クラス

交差点を通り抜けるのに要する時間は、交差点の交通量に依存することが多く、さらに交通量は道路階層に関連している傾向にあります。たとえば、生活道路から一般道路に左折する場合、通常は、交通が途切れるのを待つか、一般道路を優先する交通信号が変わるのを待つ必要があります。しかし、生活道路から別の生活道路に左折する場合は、交差点の交通量が少なく、通常は徐行または停止標識が設置されているだけなので、遅延は短くなる傾向にあります。

ネットワークで階層が使用されている場合は、ターン カテゴリ エバリュエーターが有効になります。このエバリュエーターはターンを通過する 2 つの道路が生活道路、一般道路、幹線道路、またはその組み合わせであるかに従ってターンを分類することでターン遅延をより詳細にモデリングします。したがって、生活道路から一般道路への左折に 10 秒のターン遅延を割り当てると同時に、生活道路から生活道路への左折に 2 秒のターン遅延を割り当てることが可能です。

ターン カテゴリ エバリュエーターは 3 つの道路クラス タイプでのみ機能します。デフォルトの階層範囲を使用するか、[カスタム範囲を使用] オプションを選択することでカスタム範囲を定義できます。

[道路クラス] セクションでは、デフォルトの範囲を使用するか、カスタム範囲を定義することができる

階層ネットワーク属性に関する詳細

ネットワークで階層が使用されていない場合、すべてのターンが同じ道路クラス (生活道路) の一部と見なされます。

ターン カテゴリの移動時間

このセクションのテーブルには、ターン タイプとそれに対応するインピーダンス値が示されます。ターン遅延の値を変更するには、[秒] 列の行をクリックして値を入力するか、[増分] または [減分] ボタンを使用します。

ターン遅延は、秒を使用してモデリングされます。したがって、ターン カテゴリ エバリュエーターは、時間 (分や秒など) に基づくネットワーク コスト属性でのみ使用可能です。

車両が各種ターンを行うのに要する平均秒数を推定または測定し、その値をターン カテゴリ エバリュエーターのダイアログ ボックスの該当するターンの種類に割り当てることができます。

ターン カテゴリの移動時間

階層のないターン カテゴリ

ネットワークで階層が使用されていない場合、ダイアログ ボックスには [道路クラス] セクションが存在せず、すべてのターンが生活道路の一部と見なされます。

[道路クラス] セクションが存在しない [ターン カテゴリ] ダイアログ ボックス