Skip To Content

ネットワーク データセットとは

ネットワーク データセットは、交通ネットワークをモデリングするのに適しています。ネットワーク データセットは、シンプル フィーチャ (ラインとポイント) およびターンを含めることができるソース フィーチャから作成され、ソース フィーチャの接続性を格納します。ネットワークを解析する場合、解析は常にネットワーク データセットで行われます。

ネットワーク データセットは、下の図に示されている道路ネットワークをモデリングします。この図では、一方通行の道路、ターン規制、および高架/トンネルがモデリング可能であることが強調されています。ストップ 1 からストップ 2 までのルートなどのネットワークで実行される解析は、ネットワーク データセットのこれらのプロパティとその他のプロパティを無視せずに適用します。

ルート解析のあるネットワーク データセット

接続性とその重要性を理解するため、フィーチャは通常は相互に認識しないと考えます。たとえば、2 つのライン フィーチャが交差する場合、どちらのラインもそれに交差するもう 1 つのラインを認識しません。同様に、ライン フィーチャの末尾にあるポイント フィーチャは、ラインを認識するための固有情報を一切持っていません。しかし、ネットワーク データセットによって、どのソース フィーチャが一致するかが追跡されます。また、ネットワーク データセットには接続性ポリシーがあり、これを変更することで、どの一致フィーチャが実際に接続されているかをさらに定義できます。これにより、道路を接続することなく高架と地下をモデリングすることが可能です。こうして、ネットワーク解析が実行されるときに、解析はネットワーク沿いのどのパスが実現可能であるかを確認できます。

マルチモーダル ネットワーク データセット

マルチモーダル交通ネットワークなどのより複雑な接続性のシナリオも考えられます。次の例は、道路、線路、バス路線を表示したパリの中心部の交通ネットワークを示しています。

パリの中心部の交通ネットワーク

ネットワーク データセットには、ネットワークのインピーダンス、規制、階層のモデリングに役立つ、豊富なネットワーク属性も用意されています。

ネットワーク データセット ツールセットの詳細