Skip To Content

ネットワーク データセットの再構築

Network Analyst のライセンスで利用可能。

ネットワーク属性を変更したときに、その変更によって、ネットワーク データセットがソース フィーチャクラスにアクセスする必要が生じた場合、ネットワーク データセットを構築する必要があります。たとえば、ソース フィーチャクラスから時間コストを取得するフィールド エバリュエーターを作成した場合、ネットワークを再構築する必要があります。ソース フィーチャのジオメトリを変更した場合、ネットワーク データセットを再構築する必要があります。ただし、関数エバリュエーター、スクリプト エバリュエーター、またはグローバル ターン遅延エバリュエーターはソース フィーチャクラスから直接情報を取得しないため、これらのエバリュエーターの作成時にネットワークを再構築する必要はありません。

再構築が必要

以下のシナリオでは、ネットワーク属性が編集された場合に、ネットワーク データセットを再構築する必要があります。

  • ソース フィーチャのジオメトリの編集。
  • フィールド スクリプトの値の取得元となる既存のソース フィーチャ レコードの編集。
  • エレベーション フィールドの値の取得元となる既存のソース フィーチャ レコードの編集。
  • ソースの追加または削除。
  • フィールド スクリプト エバリュエーターを使用するエバリュエーターが属性に割り当てられている場合、データ タイプを変更すると、ネットワークの再構築が必要になります。
  • (鉛直接続性ページでの) エレベーションの派生元となるフィーチャクラス上のフィールドの変更。
  • 接続性グループに対してソースを追加または削除すると、それによって接続性ポリシーが変更されます。
  • 属性の編集 (追加、複製、名前の変更、削除)。
  • フィールド スクリプト タイプであるエバリュエーター値の変更。
  • フィールド スクリプト エバリュエーターから別のエバリュエーター タイプへの (またはその逆の) エバリュエーター タイプの変更。
  • タイム ゾーン テーブルの別のテーブルへの変更。

再構築が必要ない

以下のシナリオでは、ネットワーク属性が編集された場合に、ネットワーク データセットを再構築する必要はありません。

  • コストおよび記述子属性の単位の編集。
  • 規制属性の規制の使用法の編集。
  • パラメーターの変更 (パラメーター データ タイプとデフォルト値の追加、削除、名前の変更、または編集)。
  • エバリュエーター タイプがフィールド スクリプトでない場合のエバリュエーター値の変更。
  • 非フィールド スクリプト エバリュエーターから別の非フィールド スクリプト エバリュエーターへのエバリュエーター タイプの変更。
  • 階層範囲の変更。
  • タイム ゾーン テーブルのレコードの編集。


このトピックの内容
  1. 再構築が必要
  2. 再構築が必要ない