Skip To Content

ロケーターの概要

ロケーターは、ArcGIS プラットフォーム全体でジオコーディングを実行する場合に使用されるポータブルなファイルです。ロケーターには、ジオコーディングに使用される参照データのスナップショットが含まれています。また、インデックスと地域住所情報も格納されており、これによってジオコーディング処理中に最適な一致が返されます。ロケーターには、ArcGIS Online World Geocoding Service などのサービスとしてアクセスするか、ローカル デスクトップ ジオコーディングを実行する場合にディスク上のファイルとしてアクセスするか、モバイル アプリケーションで使用するためにモバイル マップ パッケージ内でアクセスすることができます。

参照データ、ルール、インデックスで構成されたロケーター

ロケーターを使用する理由

ロケーターを使用すると、マップ上の特定の位置に移動したり、住所や場所のテーブルからポイント フィーチャを生成したりすることが簡単にできます。ジオコーディングの結果を使用して、空間解析と表形式の解析を実行し、組織に関する意思決定や組織内の意思決定を下すことができます。ロケーターには、単にデータベース検索を行うのではなく、高度な検索を実行できる専用のインデックス、ルール、構成、地域情報が備わっています。ロケーターを微調整すると、可能な限りニーズに最適な一致結果が返されるようになります。

ロケーターを使用する方法および状況

ロケーターにデスクトップ コンピューター上のファイル フォルダーからアクセスした場合または ArcGIS Enterprise でホストされているロケーター サービスとしてアクセスした場合、そのロケーターは ArcGIS Pro で使用できます。モバイル マップ パッケージの一部としてパッケージ化されたロケーターは、モバイル デバイス上の Navigator for ArcGIS などのアプリケーションで使用できます。また、ロケーター サービスは、Web AppBuilder for ArcGIS などの Web アプリケーションでジオコーディング機能が必要な場合に使用できます。ロケーターはポータブルなファイルのため、ファイル共有で組織全体に配布したり、ロケーター パッケージの形で ArcGIS.com を経由して組織の外部で共有したりすることができます。

関連トピック