Skip To Content

ロケーター ロールの概要

ロケーターを構築するために最初に行う手順は、ロケーターの構築に使用するデータのタイプを定義することです。これには、データに適したロケーター ロールを選択します。ロケーター ロールでは、使用するデータのタイプ (区画、道路の中心線、郵便番号、対象ポイント (POI) など) を定義し、ロケーターの構築時に使用する適切なフィールドを指定します。作成したロケーターには、ジオコーディングに使用される参照データのスナップショットが含まれています。また、インデックスと地域住所情報も格納されており、これによってジオコーディング処理中に最適な一致が返されます。

ロケーターの構築に使用するロケーター ロールを選択する際には、参照データに含まれるジオメトリのタイプやジオコーディングするデータの形式など、考慮すべき点がいくつかあります。ポイント住所ロケーター ロールは通常、単一の場所での住所のモデル化に使用されます。POI ロールは、名前またはコードで特定されるフィーチャの検索に使用することができます。

ArcGIS Pro で提供されるそれぞれのロケーター ロールの基本特性のいくつかを次の表に示します。このようなロールは、「320 Madison St., 53606」や「329 Holiday Court, La Jolla, CA 92122」のように、追加のゾーン情報が含まれる住所のジオコーディングに使用することができます。ロケーター ロールをさらに拡張して代替名テーブルを含めることもできます。これにより、プライマリ フィーチャの代替名に基づいて住所をジオコーディングできるようになります。

ArcGIS Pro で提供されるロケーター ロールの基本特性

ロール一般的な参照データセットのジオメトリ一般的な参照データセットによる表現住所検索のパラメーターアプリケーション

ポイント住所

ポイントまたはポリゴン

各フィーチャは住所を表す

各フィーチャはオプションのサブアドレス エレメント付きの住所を表す

単一フィールド内のすべてのアドレス エレメント

71 Cherry Ln.

W1700 Rock Rd.

38-76 Carson Rd.

15 Lakeshore Dr. Apt. 24A

区画、建物、住所ポイントの検索

集合住宅のユニット、タウンハウス、複層住宅、ショッピング モール内の店舗の検索

ストリート住所

ライン

道路セグメント両側の住所範囲

各フィーチャには道路名と (オプションの) ゾーン名が指定されている

単一フィールド内のすべてのアドレス エレメント

単一フィールド内で番地がない住所エレメント

320 Madison St.

N2W1700 County Rd.

105-30 Union St.

5th St. NE & Cherry St. NE

Raspberry Lane, San Antonio, TX

道路または道路の交差点のどちらかの側の家の検索

道路名でフィーチャを検索

POI

ポイントまたはポリゴン

最適なリバース ジオコーディング結果を得るために推奨されるポリゴン

各フィーチャは特定の地理的な地名またはランドマークを表す

各フィーチャはテキスト文字列、名前、またはコードで特定される (コードに数字を入れてもかまわないが、テキスト文字列で表現する必要がある)

単一フィールド内のすべての場所名エレメント

Leeds Castle, England

Sapporo, Japan

Cafe Cabrillo

N1N115

地域または世界での地理的な場所名やランドマークの検索

名前またはコードで特定されるフィーチャの検索

距離マーカー

ポイント

各フィーチャは、道路に沿って一定の間隔で配置された連番付きのマーカーを表す

単一のフィールド内の距離マーカー

Mile 25 I-5 N, San Diego, CA

高速道路上の距離マーカー標識の検索

距離範囲

ライン

ライン セグメントごとの距離マーカー範囲

単一のフィールド内の距離マーカー範囲

Carr 682 KM 4.4, Barceloneta, 00617

高速道路に沿った概算距離の検索

郵便番号

ポイントまたはポリゴン

最適なリバース ジオコーディング結果を得るために推奨されるポリゴン

郵便番号の地域または重心

単一のフィールド内の郵便番号

22066

B4N 1Z5

特定の郵便番号が示す場所の検索

追加の郵便番号

ポイント

追加の郵便番号の重心

5 桁の郵便番号と別のフィールド内の 4 桁の拡張コード

96822-2323

特定の追加郵便番号が示す場所の検索

郵便地区

ポイント

郵便番号と市

単一のフィールド内の郵便番号と市

7132 Frauenkirchen

特定の郵便地区の検索

行政区域

ポイントまたはポリゴン

最適なリバース ジオコーディング結果を得るために推奨されるポリゴン

各フィーチャは、市、近郊、都市圏、テリトリー、地域など、特定の行政区域を表す

単一フィールド内の行政区域の名前

ブリティッシュコロンビア

North Park, San Diego

特定の行政区域の検索

ポイント住所

ポイント住所ロケーター ロールを使用すると、番地と道路名で構成された一般的な住所のロケーターを作成できます。このロケーター ロールでは、ポリゴン ジオメトリまたはポイント ジオメトリのフィーチャクラスがプライマリ参照データとして使用されます。プライマリ参照データ内の各フィーチャは単一の住所に相当します。たとえば、区画ポリゴン、建物フットプリント、または区画重心 (区画ポリゴンの中心点) が含まれるフィーチャクラスをポイント住所ロケーターのプライマリ参照データとして使用することができます。検索する各住所がプライマリ参照データ内に存在する必要があります。道路のどのような住所範囲からも、厳密な住所を外挿または内挿することはできません。次に示すように、ポイント住所ロケーター ロールでは、参照データ内の各フィーチャが区画や建物などの単一の住所の値に相当する必要があります。

区画または建物ごとに一意の住所がある

フィーチャクラスをポイント住所ロケーターの参照データとして使用するには、番地と道路名の情報を格納するそれぞれのフィールド、Shape フィールド、代替名テーブルへのリンクに使用できるオプションの住所 JoinID フィールドが必要となります。また、道路の方向の接頭辞、接頭辞タイプ、道路タイプ、方向の接尾辞、郵便番号、追加の郵便番号 (米国での ZIP+4 など)、区域 (市や近郊などの行政区域) を格納するフィールドを指定することもできます。

サブアドレス

ポイント住所ロケーター ロールでは、サブアドレス情報 (集合住宅の各区画、タウンハウス、複層住宅、複合商業施設の各店舗を表す識別子など) を含む住所を使用することができます。サブアドレスは、住居用および商業用のさまざまな建物や、特殊な建造物 (空港、トレーラー パーク、桟橋と船着場、学校など) で使用されています。

ポイントまたはポリゴンのプライマリ参照データ内の各フィーチャは、サブアドレス情報を含む単一の住所に相当します。建物のフットプリントや住所ポイントを含むフィーチャクラスを、参照データとして使用できます。検索する各住所が参照データに存在する必要があります。道路のどのような住所範囲からも、厳密な住所を外挿または内挿することはできません。次に示すように、サブアドレスでは、参照データ内の各フィーチャが建物や住所ポイントなどの単一の住所の値に相当する必要があります。

住所ポイントごとに、サブアドレスを含む住所がある

サブアドレスに対応したポイント住所ロケーターのプライマリ参照データを提供するフィーチャクラスには、基本的な住所属性だけでなく、建物タイプ、建物名、レベル タイプ、レベル名、ユニット タイプ、ユニット番号を表すそれぞれのフィールドも含めることができます。

サブアドレス エレメント タイプ フィールド

備考:

このロケーター ロールでは、3 組のサブアドレス エレメント (Unit と Unit Type、Level と Level Type、Building Unit と Building Type) がサポートされます。ロケーターでサブアドレス エレメントの各ペアを使用するか、1 つのペアだけを使用するかは任意に選択できます。これらのペアは、Apt F や Building A や Floor 1 などが適用されるフィールドにマッピングできます。プライマリ参照データ内のアドレス エレメントの詳細をご確認ください。

参照データにサブアドレス レコードの複数のサブアドレス エレメントが含まれている場合は、サブアドレス エレメントの 1 つだけが検索文字列内の 1 つのサブアドレス エレメントとの照合に使用されます。

サブアドレス情報を含む住所を検索する場合は、サブアドレス番号の前にサブアドレス インジケーター (#、Apt、Suite、Bldg、Floor) を指定する必要があります。このように指定しないと、住所は最高スコアを返すデータ内のレコードと一致することになります。

ストリート住所

ストリート住所ロケーター ロールを使用すると、道路名のみ、番地、道路の交差点で構成された一般的な住所のロケーターを作成できます。このロケーター ロールの利点の 1 つは、道路セグメントの両側に番地の値の範囲を設定できることです。このスタイルにより、ロケーターは道路セグメントに沿った場所を示すだけでなく、住所が道路セグメントのどちら側にあるかを判断することができます。

このロケーター ロールでは、ライン ジオメトリのフィーチャクラスが使用されます。プライマリ参照データ内の各フィーチャは、道路セグメントに沿って 2 つの住所範囲 (道路の各側に 1 つずつ) がある道路セグメントを表します。

各道路セグメントには、道路の右側と左側の両方に住所範囲の開始住所と終了住所があります。

プライマリ参照データには、道路の右側と左側に開始住所値と終了住所値のフィールドが必要です。

フィーチャクラスをストリート住所ロケーター ロールのプライマリ参照データとして使用するには、道路の各側の開始住所情報と終了住所情報を格納する 4 つのフィールド、道路名の情報を格納するフィールド、Shape フィールド、参照データ内の代替名テーブルへのリンクに使用できる ID を格納するオプションの住所 JoinID フィールドが必要となります。さらに、道路の方向の接頭辞、種類の接頭辞、道路の種類、方向の接尾辞、ゾーンなどを格納するフィールドを指定することができます。

このロケーター ロールは、通常のブロック範囲、グリッド ゾーンを使用した英数字による住所、交差道路情報が番地に含まれるハイフン付きの住所をサポートしています。道路の交差点も、このロケーター ロールで使用できます。参照フィーチャクラスに含まれる ZIPLZIPR (道路の各側の郵便番号)、市の右側と左側、州の略語のフィールドなどのオプション フィールドを使用することができます。

参照データには、追加のゾーン情報のフィールドが必要です。

このロケーター ロールで作成されたロケーターに対してジオコーディングできる住所のテーブルには、道路の方向の接頭辞、接頭辞タイプ、道路タイプ、方向の接尾辞 (存在する場合) に加えて、番地と道路名を格納する住所フィールドも必要です。交差点の説明 (Eureka Blvd. & Vine St. など) もこのフィールドに格納することができます。道路名の検索はストリート住所ロケーター ロールで作成されたロケーターのオプションとしても使用されるため、道路の方向の接頭辞、接頭辞タイプ、道路タイプ、方向の接尾辞 (存在する場合) に加えて、道路名も住所のテーブル内の住所フィールドに格納する必要があります。

POI

POI (対象ポイント) ロケーター ロールを使用すると、ランドマーク、場所、建物の名前を含むデータのロケーターを作成できます。また、このロールでは、場所を特定する英数字文字列 (例: N1N115) を含む住所データのロケーターを作成することもできます。このロールで作成されたロケーターを使用して、山、橋、河川、市などのフィーチャを検索できます。また、このロールで作成されたロケーターを使用すると、移動通信用鉄塔、国勢調査区、フィーチャクラス内で仮想的に表現された一意のフィーチャを検索することもできます。さらに、このロケーター ロールでは、ジオコーディング時に結果の絞り込みに使用したり、ジオコーディングしたフィーチャの追加情報として使用したりできるカテゴリとサブカテゴリを各フィーチャに割り当てることもできます。

このロケーター ロールでは、ポリゴン ジオメトリまたはポイント ジオメトリのフィーチャクラスがプライマリ参照データとして使用されます。このロケーターの参照データとして使用されるフィーチャクラスには、フィーチャ ID フィールドと Shape フィールドに加えて、フィーチャの位置を区別するための名前および地理ゾーン (市、州、国など) を表す属性や、そのフィーチャに一意の名前または値を格納する特定のフィールドも必要です。必要に応じて、代替名テーブルへのリンクに使用できる ID を格納する結合フィールドを参照データに含めます。カテゴリとサブカテゴリを使用するには、フィーチャを分類する 1 つまたは 2 つのフィールドをプライマリ参照データに挿入します。

備考:

ポリゴン ジオメトリをプライマリ参照データに使用すると、最適なリバース ジオコーディング結果が返されます。

備考:

複数のフィーチャクラスに異なるタイプの場所や位置を表すフィーチャがある場合は (バス停、地下鉄の駅、公園、学校など)、ロールごとに 1 つのプライマリ参照データセットしか使用できないので、各フィーチャクラスを 1 つのフィーチャクラスにマージすることをお勧めします。

POI ロケーター ロールのフィーチャクラスの属性

このロケーター ロールを使用してジオコーディングできる住所のテーブルには、地名と地理ゾーンの他に、位置の特定に使用できる一意の名前または値も含める必要があります。地理ゾーン情報は検索を絞り込むために使用します。Rochester のような同じ名前が 1 つの国で複数の州に見つかることはよくあるからです。

距離マーカー

距離マーカー ロケーター ロールを使用すると、距離マーカー (道路に沿って一定の間隔で配置された連番付きのマーカー) のロケーターを作成できます。このロケーター ロールでは、ポイント ジオメトリのフィーチャクラスが使用され、参照データ内の各フィーチャは距離マーカーまたは標識を表します。

距離マーカーごとに始点と終点があります。

フィーチャクラスを距離マーカー ロケーターの参照データとして使用するには、距離の値、距離の方向、計測単位、道路名情報を格納するそれぞれのフィールド、フィーチャ ID フィールド、および Shape フィールドが必要となります。

距離マーカー ロケーター ロールのフィーチャクラスの属性

距離範囲

距離範囲ロケーター ロールを使用すると、距離マーカー範囲を伴う道路セグメントのロケーターを作成できます。このロケーター ロールでは、ライン ジオメトリのフィーチャクラスが使用され、参照データ内の各フィーチャは、道路セグメントに沿って 1 つの距離マーカー範囲がある道路セグメントを表します。フィーチャクラスを距離範囲ロケーターの参照データとして使用するには、開始距離、終了距離、道路名情報を格納するそれぞれのフィールド、フィーチャ ID フィールド、および Shape フィールドが必要となります。

距離範囲の参照データの属性フィールドの例

郵便番号

郵便番号ロケーター ロールを使用すると、郵便番号のロケーターを作成できます。このロケーター ロールでは、ポイント ジオメトリまたはポリゴン ジオメトリのフィーチャクラスが使用され、参照データ内の各フィーチャは郵便番号ポリゴンまたはその重心を表します。

備考:

ポリゴン ジオメトリをプライマリ参照データに使用すると、最適なリバース ジオコーディング結果が返されます。

郵便番号ロケーターの参照データ
郵便番号ロケーターの参照データ

郵便番号ロケーター ロールの参照データには、フィーチャの郵便番号を指定するフィールド、Shape フィールド、代替名テーブルへのリンクに使用できる ID を格納するオプションの結合フィールドが必要となります。

このロケーター ロールを使用してジオコーディングできる住所のテーブルには、郵便番号情報を格納するフィールドを挿入する必要があります。

追加の郵便番号

追加の郵便番号ロケーター ロールは、拡張番号 (米国での ZIP+4 番号など) 付きの郵便番号のジオコーディングに使用されます。このロケーター ロールを使用すると、ポイント フィーチャクラスをプライマリ参照データとして使用するロケーターを作成できます。

参照データの属性フィールドの例

プライマリ参照データ ソース内の各フィーチャは、追加の郵便番号のポイントを表します。参照データ フィーチャクラスまたはシェープファイルには、ObjectID フィールドと Shape フィールドに加えて、フィーチャの郵便番号 (米国では 5 桁の郵便番号) を表すテキスト フィールドと追加の郵便番号 (米国では 4 桁の ZIP+4 番号) を表す別のテキスト フィールドも必要となります。

追加の郵便番号ロケーターを使用して住所のテーブルをジオコーディングするには、郵便番号と追加の郵便番号がすべて格納されるテキスト フィールドをテーブルに挿入する必要があります。たとえば、米国の場合は、12345-6789、12345 6789、123456789 のように、ZIP+4 番号 (5 桁の郵便番号と ZIP+4 番号) になります。

住所データ テーブルのフィールドの例

郵便地区

郵便地区ロケーター ロールを使用すると、郵便地区のロケーターを作成できます。このロケーター ロールでは、ポイント ジオメトリのフィーチャクラスが使用され、参照データ内の各フィーチャは郵便地区を表します。

ポリゴン ジオメトリをプライマリ参照データに使用すると、最適なリバース ジオコーディング結果が返されます。

郵便地区ロケーター ロールの参照データには、フィーチャの郵便番号と市を指定するフィールド、Shape フィールド、代替名テーブルへのリンクに使用できる ID を格納するオプションの結合フィールドが必要となります。

住所データ テーブルのフィールドの例

行政区域

行政区域ロケーター ロールは、市、近郊、郡、州、地区、テリトリーなどの地域のジオコーディングに使用されます。このロケーター ロールを使用すると、ポイントまたはポリゴン フィーチャクラスをプライマリ参照データとして使用するロケーターを作成できます。住所レベルと行政区域の両方を含むロケーターを複数のロールで構築する場合は、行政区域ポリゴンを使用して、欠落している行政区域の属性を住所データから取り込むことができます。

備考:

ポリゴン ジオメトリをプライマリ参照データに使用すると、最適なリバース ジオコーディング結果が返されます。

その他のロール属性

ロケーターを作成する際にロケーター ロールのリストを確認すると、それぞれのロケーター ロールを区別するための属性が他にもあることがわかります。

結合 ID フィールド

テーブルを使用して、参照データ フィーチャクラス内のフィーチャに対して代替名を指定することができます。道路の代替名を使用すると、フィーチャに指定された複数の名前の 1 つを使用して、住所をフィーチャに一致させることができます。たとえば、Bridge Street が Slash Road とも呼ばれている場合は、266 Bridge Street を使用して見つかるものと同じ住所を 266 Slash Road を使用して見つけることができます。

プライマリ フィーチャクラスには、各レコードに一意の ID 値を格納するフィールドが必要であり、このフィールドを使用すると、代替名テーブルから結合 ID にリンクすることができます。

行政区域フィールド

ロールごとに、[市]、[州]、[郵便番号] などの行政区域フィールドがあります。これらのフィールドは、正確な一致の可能性をさらに高くするために使用します。複数の区域にまたがる長い道路も存在します。たとえば、米国イリノイ州シカゴの Lake Shore Drive は市を横断し、5 つを超える郵便番号にまたがっています。上記の例にあるように、郵便番号なしでストリート住所だけをジオコーディングすると、どれが正確かを判断できない複数の一致が返されます。

範囲の最小 XY 値および最大 XY 値

参照データ内の各フィーチャを、一致する場所の表示に使用できる範囲を使用して指定することができます。これを行うには、最小 X 座標、最大 X 座標、最小 Y 座標、および最大 Y 座標を格納する 4 つのフィールド (XminXmaxYminYmax) がテーブル内に必要です。これらのフィールドの値は、フィーチャのジオメトリと同じ空間参照に存在する必要があります。XminXmaxYmin、および Ymax の各値を組み合わせて、ジオコード結果を表示するマップ範囲を設定します。

備考:

これら 4 つのフィールドが住所ロケーターの構築で設定されない場合、ジオコード結果は、アプリケーションで定義されているデフォルトの拡大率に基づいて表示されます。

Display X および Display Y

住所の実際の位置または希望の位置 (つまり、建物または区画の重心) を表す X と Y の値の組を使用して、参照データ内の各フィーチャを指定することができます。この値は、住所の道路または道路エントリに沿った位置から生成される一致結果の X、Y 値とは異なります。これらのフィールドの値は、フィーチャのジオメトリと同じ空間参照に存在する必要があります。

アプリケーションによっては、DisplayX フィールドと DisplayY フィールドを使用して、フィーチャをさらに正確にマッピングしたり、正確な位置解析を行うことができます。

カスタム出力フィールド

それぞれのロケーター ロールで、ロケーターにカスタム出力フィールドをさらに追加できます。これらのフィールドはオプションです。参照フィーチャクラスから任意のフィールドを選択し、カスタム出力フィールドとして含めることができます。追加フィールドが指定されたロケーターを使用して住所を検索すると、参照データ内の対応するフィールドの情報が住所の候補に表示され、出力フィーチャクラスに保存されます。

一般的な例としては、Block ID、特殊識別子、不動産所有者の名前などがあります。出力フィーチャクラスに保存された追加フィールドを使用して、他の属性テーブルやフィーチャクラスに結合し、さらに空間解析を行うことができます。この情報は、住所を再照合して、正しい一致を判断するために追加の情報が必要なときにも役立ちます。

関連トピック