Skip To Content

参照データの準備に関するヒント

ジオコーディング操作は、ロケーターの基準となるプライマリ参照データと同じだけの価値があるため、参照データはロケーターを構築する上で重要な要素の 1 つとなります。参照データにエラーが発生すると、マッチングの精度が落ちる可能性があります。たとえば、参照フィーチャのジオメトリが正しくない場合、これらと一致する住所も空間的に正しくないことになります。参照フィーチャの名前のスペルが間違っていると、正しいスペルの住所と一致しなくなります。参照データについて、エラーの原因になりうるものとして、 次の点に注意する必要があります。

不完全なジオメトリ属性と住所属性

世界は絶えず変化しているため、作成したロケーターを使用して最適なジオコーディング操作を実現できるように、参照データを更新して、これらの変化を反映させる必要があります。たとえば、市街道路網に住宅地が新設された場合、新しい道路セグメントとそれに関連する番地の範囲、道路名、その他のプロパティを追加する必要があります。道路網に基づいて作成されたロケーターでは、そのロケーターが更新されるまで、新しい住宅地の住所が検出されません。

住所属性が不完全な場合や住所属性にエラーが含まれている場合 (住所範囲が正しくなかったり、道路名や郵便番号が欠落していたりする場合)、住所とこれらのフィーチャを照合すると、予期しない結果が返される可能性があります。住所ロールに基づいて作成されたロケーターの場合、フィーチャに空の道路名が含まれていると、そのロケーターの構築時にエラーが発生します。したがって、参照データ内のアドレス属性のエラーを見直して修正することが不可欠です。

参照データの更新の詳細

空間参照とジオメトリのエラー

ストリート住所またはポイント住所フィーチャクラスなどの参照データは通常、特定の空間参照に基づいて作成されます。フィーチャクラスで採用される座標系によって、フィーチャのジオリファレンスの方法が決まります。ロケーターを作成すると、空間参照の情報がそのロケーターに格納されます。そのロケーターに対してジオコーディングされた住所の位置は、同じ空間参照上でジオリファレンスされます。したがって、参照データに必ず空間参照が含まれているようにすることが重要です。

空間参照の詳細

マップ上でフィーチャを描画するには、そのフィーチャが有効な形状とジオメトリを含んでいる必要があります。参照データに含まれるフィーチャの形状が NULL または空の場合は、[ロケーターの作成 (Create Locator)] ツールを使用してロケーターを構築することができません。また、頂点に完全にスナップされていない一致ライン セグメント、自己交差を含むポリゴン、不正なリング順序などのジオメトリ エラーが含まれていると、住所が交差点と一致しなくなることやロケーターの構築に失敗することがあります。参照データに対して [ジオメトリのチェック (Check Geometry)][ジオメトリの修正 (Repair Geometry)] などのツールを実行し、ジオメトリ エラーの有無をチェックして、エラーがある場合は修正することをお勧めします。データに含まれるラインと頂点の無効な接続性によって交差点の住所の一致が返されない場合は、[交点で分割] 編集ツールを使用して、ライン フィーチャを変更することもできます。

参照データの書式設定

次に示す要素が参照データの書式設定に使用されます。

住所要素

ArcGIS Pro には、住所の照合に使用できるプライマリ参照データに対して特定の要件がある複数のロケーター ロールが事前に定義されています。組織または他のデータ プロバイダーから取得したデータを使用できますが、ロケーターの構築に必要な共通の住所要素がそれぞれに含まれます。これらの住所要素は、参照データの属性テーブル内の複数のフィールドに分けて含める必要があります。共通の住所要素とその説明を次の表に示します。

要素説明

左側の番地範囲

道路の左側の住所範囲の最小値と最大値 (例: 100、198)

右側の番地範囲

道路の右側の住所範囲の最小値と最大値 (例: 101、199)

左側パリティ

道路の左側での奇数、偶数、混合の番地範囲の値 (例: O、E、B)

右側パリティ

道路の右側での奇数、偶数、混合の番地範囲の値 (例: O、E、B)

方向の接頭辞

道路名の前に付ける方向 (例: W. Redlands Blvd. の W)

種類の接頭辞

道路名の前に付ける道路の種類 (例: Avenue B の Avenue)

道路名

道路の名前 (例: Cherry Rd. の Cherry)

接尾辞のタイプ

道路名の後に続く道路の種類 (例: New York St. の St.)

方向の接尾辞

道路名の後に続く方向 (例: Bridge St. NW) NW

単位タイプ

道路名の後に続くサブ住所単位タイプ (例: Gilman Ave., Apt. 17 の Apt.)

単位名

道路名の後に続くサブ住所単位 ID (例: Orange St., Suite 2C の 2C)

レベル タイプ

レベル タイプの後に続く階のサブ単位 ID (例: Level 3 の 3)

レベル名

建物名の後に続く階のサブ単位分類 (例: Building C, Floor 3 の Floor)

建物名

建物タイプの後に続く建物のサブ単位 ID (例: Building 14 の 14)

建物タイプ

道路名の後に続く建物のサブ単位分類 (例: Orchard Ct., Bldg. の Bldg.) F

近傍

都市または地区のサブセクション (例: Little Italy)

市の名前

市の名前 (例: Olympia)

郡の名前 (例: San Bernardino)

州の名前またはその略語 (例: Washington または WA)

郵便番号

米国郵政公社で使用される郵便番号 (例: 98501)

拡張番号付きの郵便番号

米国郵政公社で使用される拡張番号付きの郵便番号 (ZIP + 4) (例: 90210-3841)

国を表す 3 桁の ISO 3166-1 コード (例: USA)

言語

住所の言語を表す 3 桁の MARC 言語コード (例: ENG)

ArcGIS Pro で提供される各ロケーター ロールと参照データの要件の詳細

国と言語

国を使用すると、現地住所のパターンと形式を処理しやすくなり、ロケーターの構築時にどの国に固有のジオコーディング ロジックを参照データに適用する必要があるかを特定できます。ロケーターの構築に使用されるプライマリ参照データに複数の国のデータが含まれている場合は、すべての国に属している住所や場所を検索したり、検索を絞り込み、選択した国以外の国で見つかった一致を除外したりすることができます。

また、言語を使用すると、1 つの国で複数の言語を使用して住所を表記できる場合に出力ラベルを書式設定しやすくなり、ロケーターの構築時にどの言語に固有のジオコーディング ロジックを参照データに適用する必要があるかを特定できます。ロケーターの構築に使用されるプライマリ参照データに言語が含まれている場合は、複数の言語を使用して、同じ国または地域に属している住所や場所を検索することができます。たとえば、北米は多言語地域であり、参照データに含まれる各フィーチャはその地域で使用されている言語 (英語、フランス語、スペイン語など) ごとのレコードで表されます。つまり、1 つのロケーターを使用して、データ内に表記されているすべての言語で同じ住所や場所を検索することができます。

複数の言語、国コード、言語コードで表記されたレコードを示す表

複数の国または言語のデータを含むロケーターを構築する際には、[<データ内に定義されたとおり>] オプションを選択した場合に国コードまたは言語コードのフィールドが必要となります。

各フィーチャの範囲の指定 (オプション)

ロケーターで、参照データの各フィーチャの x,y の最小値と最大値があらかじめ定義されている場合は、ロケーターのこれらの値はフィーチャのズーム範囲として使用されます。たとえば、ArcGIS World Geocoding Service には、これらの値が事前定義されています。

次の 4 つの要素でフィーチャの範囲を定義します。これらのフィールドを作成し、参照データの値を割り当てることができます。これらには緯度経度の座標か、参照データと同じ空間参照内の投影値を指定します。これらのフィールドは、ロケーターの作成時に指定できます。

要素説明

Xmin

X 座標の最小値

Ymin

Y 座標の最小値

Xmax

X 座標の最大値

Ymax

Y 座標の最大値

これらのフィールドが指定されていない場合は、ArcGIS Pro で定義されたデフォルトのズーム範囲が使用されます。

関連トピック