Skip To Content

チュートリアル: ジオコード フィーチャクラスの住所の再照合

データの取得

このチュートリアルのデータは、arcgis.com からダウンロードできます。

  1. arcgis.com のジオコーディング チュートリアル データのアイテム説明 Web ページに移動します。
  2. [ダウンロード] をクリックして、ファイルをローカルに保存します。
  3. ダウンロードしたファイルを展開します。

不一致の住所の再照合

この演習では、「住所テーブルのジオコーディング チュートリアル」でジオコーディングした住所テーブルを使用して、作成されたフィーチャクラスで不一致の住所を再照合します。

  1. 住所テーブルのジオコーディング チュートリアル」の手順を完了すると、[コンテンツ] ウィンドウに Atlanta ジオコード フィーチャクラスが表示されます。ArcGIS Online World Geocoding Service ではなく、Atlanta ロケーターを使用して作成されたフィーチャクラスを使用します。また、すでにチュートリアルを完了し、ジオコード フィーチャクラスが保存されている場合は、データとの接続を追加し、新しいプロジェクトに追加してもかまいません。
  2. ジオコーディング結果レイヤーを [コンテンツ] ウィンドウで右クリックし、ドロップダウン リストで [データ] > [住所の再照合] 住所の再照合 (Rematch Addresses) の順にクリックします。

    [住所の再照合] ウィンドウが開きます。

    [住所の再照合] ウィンドウ

    [住所の再照合] ウィンドウには、ジオコード フィーチャクラス内のすべてのレコードが 3 つのカテゴリ ([一致][不一致][複数の候補あり]) にそれぞれ分かれて表示されます。各レコードを個別に参照でき、住所を一致または不一致にするたびにレコードは更新され、適切なカテゴリに移動します。ウィンドウが開き、[不一致] の住所がデフォルトで表示されます。このチュートリアルでは、3 個のレコードが含まれているはずです。場合によっては、完全一致が見つからないために住所が一致していないが、非常に近い一致候補が存在することもあります。調べているアクティブなレコードについて、候補がリスト形式で [住所の再照合] ウィンドウの下部に表示されます。候補は、マップ上のポイントとしても表示されます。

  3. フィールドを編集してさらに適切な一致を検索し、候補リストから一致するものを選択します。

    最初の不一致のアドレスには、候補が表示されていません。[住所の再照合] ウィンドウの上部にある入力住所フィールドを見ると、「101 BAKER ST NW」という住所が含まれている [IN_Street] 以外は、デフォルトで表示されているすべてのフィールドが [<NULL>] にマークされています。存在しないフィールドに情報を入力して、ジオコーディングに使用しているロケーターが候補を見つけることができるかどうかを確認できます。

    1. [自動的に適用] チェックボックスがオンになっていることを確認します (自動的にオンになっているはずです)。

      これにより、フィールドを更新して Enter キーを押すとすぐに新たな候補が検索されるようになります。

    2. [IN_City] フィールドに「ATLANTA」と入力し、[IN_State] フィールドに「GA」と入力します (この演習でジオコーディングするすべての住所はアトランタにあるため、この方法が正確です)。両方のフィールドを変更する際、各フィールドで Enter キーを押します。

      4 つの候補から一致するものを選択できます。そのうち、2 つはスコア 100 で指定されています。

    3. [メニュー] ボタン メニュー をクリックし、ドロップダウン メニューから [すべての候補をマッピング] すべての候補をマッピング をクリックすると、すべての候補の場所がマップ上に表示されます。

      すべての候補が金色のアイコンでマップの範囲内に表示され、[住所の再照合] ウィンドウのリスト内のレコードに対応する文字説明も表示されます。

    4. リスト上の候補を順にクリックします。

      各候補をクリックするたびに、マップは選択された候補にズームし、マップ上で選択された候補のアイコンが水色に変わります。

    5. リストの 2 番目の候補を選択し、[一致] 一致 をクリックします。

      候補は自動的に [住所の再照合] ウィンドウの [一致] カテゴリに移動し、ビューは更新され、ジオコード フィーチャクラスで 2 番目の不一致の住所が表示されます。この住所は 2 つになった不一致の住所のうちの 1 つです。

  4. [マップから選択] マップから選択 を使用して、マップ上の場所に住所を一致させます。

    2 番目の不一致の候補では、入力に住所、州、郵便番号が含まれているにもかかわらず、候補が表示されていません。この場合、ロケーターはこの住所を照合できない場合があります。ただし、[マップから選択] マップから選択 を使用して、手動で一致するものを選択することができます。

    1. プロジェクトの上部にある [マップ] タブで [場所検索] ボタン 場所検索 をクリックします。

      アトランタの地域に詳しい場合、マップをスキャンして適切な道路を見つけ、道路番号に基づいたおおよその一致する場所を選択します。この場合、より正確に一致させるために、[場所検索] ウィンドウを使用することをお勧めします。

    2. 検索する住所の入力を始めます。検索ボックスに「4505 BEVERLY RD NE, GA, 30309」と入力します。

      道路名の最後まで入力すると、適切な候補 ([4505 Beverly Rd NE, Atlanta, Georgia, USA]) が表示されるはずです。

    3. この候補をクリックすると、2 つの候補が [場所検索] ウィンドウに表示されます。
    4. 最初の候補を右クリックし、ドロップダウン メニューから [ズーム] ズーム をクリックします。
    5. マップ上のマーカーの場所を記録し、[住所の再照合] ウィンドウに戻ります。
    6. [マップから選択] マップから選択 をクリックし、前のステップで記録した場所と同じところをマップでクリックします。

      新たな住所候補が、クリックしたポイントの緯度経度とともに [住所の再照合] ウィンドウの下部に表示され、[PP](「ポイントによる選択 (Picked by Point) 」を表す) にマークされたシンボルが付与されます。

    7. [一致] 一致 をクリックします。

      候補は自動的に [住所の再照合] ウィンドウの [一致] カテゴリに移動し、ビューは更新され、ジオコード フィーチャクラスで最後の不一致の住所が表示されます。この住所が唯一の不一致の住所になりました。

    8. このワークフローを繰り返して、最後の不一致の住所に対して、マップから一致する場所を選択します。

      [一致] 一致 をクリックすると、[不一致] カテゴリが [住所の再照合] ウィンドウから削除され、照合済みのジオコード フィーチャクラスの住所が表示されたビューに切り替わります。

  5. 照合された住所を確認します。
    1. 照合された住所を順にクリックし、調べます。

      49 個の住所のうち、2 番目の住所はこのチュートリアルで手動で一致させた最初の住所です。また、38 番目と 44 番目の住所はマップ上でポイントを選択して一致させた住所です。

  6. 関連付けられた住所を照合します。
    1. [住所の再照合] ウィンドウの [複数の候補あり] タブをクリックします。

      1 つの関連付けられた住所があるはずです。

    2. ウィンドウ下部のリストの 2 番目の候補を選択し、[一致] 一致 をクリックします。

      [複数の候補あり] および [不一致] タブが表示されなくなり、[住所の再照合] ウィンドウには一致している住所 (合計 50 個) のみが表示されます。

  7. [住所の再照合] ウィンドウにある [編集の保存] ボタン 編集の保存 をクリックして、編集内容を保存します。
  8. [住所の再照合] ウィンドウを閉じ、ArcGIS Pro を終了します。

関連トピック