Skip To Content

各種ロケーターの概要

ArcGIS Pro には、使用できるロケーターが複数用意されています。ロケーターを使用する状況の例として、月次レポートを作成するために一連の住所を月に一度ジオコーディングする場合、機密情報を含むクライアント ロケーションのテーブルを組織のファイアウォールで守られている一連のポイントに変換する必要がある場合、組織の信頼できる参照データを使用して郡全域で排水ポンプ場の近辺に存在するものを特定する必要がある場合などがあります。

使用可能なロケーター

ArcGIS プラットフォーム全体で使用できるロケーターを次に示します。

ArcGIS Online World Geocoding Service

ArcGIS Online World Geocoding Service はすぐに使用できる最新型のロケーターであり、幅広いコンテンツに対応しており、最新の機能が備わっています。組織のポータルにサイン インして、使用可能な状態にしたら、ArcGIS Pro で使用できるようになります。ArcGIS Online World Geocoding Service を使用すると、ジオコーディング用に Esri のクラウド ホスティングされた World Geocoding Service に住所が送信されます。オンプレミスのソリューションが必要なプライバシー要件またはセキュリティ要件がある場合やトランザクションベースのビジネス モデルが組織に合わない場合は、オンプレミス製品を検討する必要があります。

World Geocoder for ArcGIS

グローバルなジオコーディング要件がある組織、オンプレミスのソリューションが必要なプライバシー要件またはセキュリティ要件がある組織、大容量のジオコーディングをグローバルに必要としている組織の場合は、World Geocoder for ArcGIS を使用できます。このロケーターは ArcGIS Online World Geocoding Service Service のオンプレミス バージョンであり、ファイアウォールの内側でライセンス付与とホストを行うことができます。詳細については、「World Geocoder for ArcGIS の概要」をご参照ください。

StreetMap Premium for ArcGIS

オンプレミスのソリューションが必要なプライバシー要件またはセキュリティ要件 (HIPPA など) がある組織や特定の地域または国で大容量のジオコーディングを必要としている組織の場合は、StreetMap Premium for ArcGIS を使用できます。StreetMap Premium には、ArcGIS Enterprise で使用するためのライセンスを付与するか、ArcGIS Desktop 単独使用または同時使用のライセンスを付与できます。詳細については、「StreetMap Premium for ArcGIS の概要」をご参照ください。

独自のロケーターを構築

検索に必要な独自の資産データと住所データを収集して管理する組織の場合は、独自のロケーターを構築できます。このオプションでは、組織内の個々のメンバーがデータを検索したり、必要に応じて上記のロケーターの利用方法を把握したりできるように自由にジオコーディングを設定できます。

備考:

ディスク上にローカルに格納されているロケーター (World Geocoder for ArcGIS、StreetMap Premium for ArcGIS、独自に作成したロケーターなど) はいずれも、同じ方法で ArcGIS Pro プロジェクトに追加することができます。[カタログ] ウィンドウで [ロケーター] フォルダーを右クリックし、[ロケーターの追加] をクリックします。ダイアログが表示されたら、ディスク上のロケーターの位置を参照し、そのロケーターをプロジェクトに追加することができます。追加した後、そのロケーターは自動的に追加されたサービスと同様に機能します。

関連トピック


このトピックの内容
  1. 使用可能なロケーター