ファイル ジオデータベースの作成

ArcGIS を使用してファイル ジオデータベースを作成すると、ディスク上に特別なファイル フォルダーが作成されます。次のいずれかの方法で、ファイル ジオデータベースを作成します。

ArcGIS Pro プロジェクトからの作成

ArcGIS Pro でファイル ジオデータベースを作成するには、次の手順に従います。

  1. ArcGIS Pro プロジェクトを開きます。
  2. [カタログ] ウィンドウの [データベース] を右クリックして、[新しいファイル ジオデータベース] をクリックします。
  3. ファイル ジオデータベースの名前を入力し、[保存] をクリックします。

    指定した場所に、ファイル ジオデータベースが作成されます。

[ファイル ジオデータベースの作成 (Create File GDB)] ツールの実行

[ファイル ジオデータベースの作成 (Create File Geodatabase)] ジオプロセシング ツールを使用すると、これまでにリリースされた ArcGIS に対応したファイル ジオデータベースを作成できます。 これにより、新しいリリースのジオデータベースを開けない可能性がある以前のリリースの ArcGIS を所有するユーザーとデータを共有できます。

なお、ファイル ジオデータベース スキーマは、ArcGIS 10 以降変更されていません。

  1. ArcGIS Pro[ファイル ジオデータベースの作成 (Create File Geodatabase)] ツールを開きます。

    検索機能を使用してツールを検索したり、[データ管理] ツールボックスの [ワークスペース] ツールセットからツールを直接開いたりできます。

  2. ファイル ジオデータベースを作成するフォルダーの場所を指定します。
  3. ジオデータベースの名前を入力します。
  4. ファイル ジオデータベースの ArcGIS バージョンを選択します。

    ジオデータベースで利用できる機能は、選択したリリースによって制限があります。

  5. [実行] をクリックします。

    指定した場所に、ファイル ジオデータベースが作成されます。

Python スクリプトの実行

ArcGIS Server または ArcGIS Engine および Geodatabase Update エクステンションがインストールされているコンピューターからファイル ジオデータベースを作成する場合、CreateFileGDB_management 関数を呼び出す Python スクリプトを実行できます。これを実行できるのは、Linux コンピューター上の ArcGIS クライアントからファイル ジオデータベースを作成する場合や、若干の変更を加えるだけで再使用可能な Python のスタンドアロン スクリプトを使用してすべてのファイル ジオデータベースを作成する場合です。

Python スクリプトは、Linux ボックスの Wine で実行されるため、ディレクトリ パスで Microsoft Windows のパス区切り文字 (\) を使用する必要があります。例で、Z: はルート ディレクトリです。

次の手順では、Python を使用してファイル ジオデータベースを作成する方法の例を示しています。

  1. Python コマンド プロンプトを開きます。
  2. スタンドアロン スクリプトを実行するか、対話型のインタープリター内にコマンドを直接入力します。

    最初の例で、createfgdb.py スクリプトには次の情報が含まれています。

    # Import system modules
    import os
    import sys
    import arcpy
    # Set workspace
    env.workspace = "Z:\home\user\mydata"
    # Set local variables
    out_folder_path = "Z:\home\user\mydata"
    out_name = "myfgdb.gdb"
    # Execute CreateFileGDB
    arcpy.CreateFileGDB_management(out_folder_path, out_name)

    サイトで実行できるようにスクリプトを変更したら、コマンド プロンプトまたは Python ウィンドウからスクリプトを呼び出すことができます。

    この例で、Python はコマンド プロンプトで入力され、ファイル ジオデータベース (myfgdb.gdb) が Linux コンピューター上のユーザーのホーム ディレクトリである gdbs ディレクトリに作成されます。

    import arcpy
    arcpy.CreateFileGDB_management("Z:\home\user\gdbs", "myfgdb.gdb")

    この例では、バージョン 10.5 ファイル ジオデータベース (myoldfgdb.gdb) が、ユーザーの Microsoft Windows コンピューターの oldgdbs ディレクトリに作成されます。

    import arcpy
    arcpy.CreateFileGDB_management("Z:\home\user\oldgdbs", "myoldfgdb.gdb", "10.5")