Skip To Content

コンフィグレーション キーワードとは

コンフィグレーション キーワードは、各データセットのデータをどこに、またはどのような形式で格納するかをジオデータベースに指定したリストのグループを表します。テーブルまたはフィーチャクラスを作成する際に、コンフィグレーション キーワードを使用して、データを格納する方法を指定することができます。

コンフィグレーション キーワードは、ファイル ジオデータベースとエンタープライズ ジオデータベースで使用されます。これらのジオデータベースにそれぞれ固有のキーワード セットが用意されています。エンタープライズ ジオデータベースの場合は、ジオメトリの格納 (DBMS によって異なります) を指定するためのコンフィグレーション キーワードと、ジオメトリック ネットワーク、トポロジ、およびテレインを管理するためのコンフィグレーション キーワードがあります。

次に、コンフィグレーション キーワードの例とそれらの用途を示します。

  • DEFAULTS: ほとんどのジオデータベースに使用される適切なデフォルト設定と格納設定。
  • MAX_FILE_SIZE_256TB: ファイル ジオデータベースに非常に大きい画像をインポートする場合、このコンフィグレーション キーワードを指定すると、最大 256TB のラスター データセットをジオデータベースに格納できます。
  • SDELOB: Oracle のジオデータベースにフィーチャクラスを追加する場合、このコンフィグレーション キーワードを指定すると、空間データを BLOB 形式でデータベースに格納できます。
  • TEXT_UTF16: ラテン文字以外の言語 (中国語やロシア語など) の属性データが含まれるフィーチャクラスをファイル ジオデータベースに作成する場合、このコンフィグレーション キーワードを指定すると、テキスト文字を UTF-16 形式で格納できます。UTF-16 は、これらの言語のデータを効率よく格納できる形式です。

ほとんどの場合は、Default オプションを選択すると、各自の環境に適したデータセットが作成されます。ただし、コンフィグレーション キーワードを指定しなければならない場合もあります。たとえば、エンタープライズ ジオデータベースでデフォルトではないラスター ストレージ設定を使用する場合や、ファイル ジオデータベースに大きいラスター データセット (1 テラバイト以上) を格納する必要がある場合などです。

メモ:

コンフィグレーション キーワードは、ファイル ジオデータベースとエンタープライズ ジオデータベースでのみ使用されます。