Skip To Content

モザイク データセット内の多次元データの概要

モザイク データセット内の多次元データ

多次元データは複数の時刻または複数の深度で取得され、多くの場合は netCDF、GRIB、または HDF 形式で格納されます。それぞれのファイルには 1 つまたは複数の変数が含まれ、各変数は特定の時間または特定の垂直ディメンションにおけるデータを表す多次元配列になります。たとえば、netCDF ファイルには 2010 年から 2019 年の各月の、標高 0 メートル、1 メートル、および 10 メートルにおける気温、湿度、および風速を格納できます。

モザイク データセットは、多次元データなど画像やラスター データのコレクションを管理するためのデータ モデルであり、netCDF、GRIB、HDF 形式を操作するために一元的なデータ モデルを提供します。netCDF、GRIB、および HDF ラスター タイプを使用すると、サブデータセットを抽出することなく、データを直接モザイク データセットに追加できます。適切なラスター タイプを使用して作成されたモザイク データセットは、多次元に対応します。時間をかけて収集された画像や、異なる高さや深さから収集された画像をもとに、多次元モザイク データセットを作成することもできます。たとえば、何年もの時間をかけて、Landsat 画像から作成された NDVI データを使用し、多次元モザイク データセットを作成できます。詳細については、「多次元ラスター タイプ」をご参照ください。

モザイク データセットの一般的なプロパティに加え、多次元モザイク データセットには変数やディメンションに関する情報が含まれ、これらはモザイク データセットのフットプリント テーブルにフィールドとして格納されます。

  • Variable - 変数名
  • Dimensions - モザイク データセットで使用するディメンションの名前。

多次元対応のモザイク データセットは次の 2 つの方法で作成します。モザイク データセットを作成し、netCDF、HDF、GRIB ラスター タイプを使用してラスターを追加できます。これにより、ディメンション情報と変数情報がモザイク データセットにインポートされ、[モザイク データセットのプロパティ] ダイアログ ボックスに [多次元情報] タブが生成されます。あるいは、[多次元情報の構築 (Build Multidimensional Info)] ツールを使用して、モザイク データセットを多次元対応にするために必要な多次元フィールド、メタデータ、構造を生成します。各ラスターの変数を識別するモザイク データセット フットプリント テーブルにフィールドを作成する必要があります。また、フットプリント テーブルには、1 つ以上のディメンションを定義するための回数フィールドや高さフィールドも必要です。

モザイク データセットの多次元プロパティにより、ユーザーの多次元データを視覚化および処理できるようになりました。多次元データの表示の詳細については、「多次元データ モザイク データセットの視覚化」をご参照ください。

多次元モザイク データセットの表示

一般的に、多次元モザイク データセットのラスターまたはスライスは、相互に積み重ねられたスライスです。視覚化するスライスや変数を抽出するには、モザイク レイヤーの [時間] および [処理テンプレート] タブを使用します。

時間範囲を設定してから、タイム スライダーを使用してアニメーション表示します。詳細については、「タイム スライダーを使用して時系列データを視覚化」をご参照ください。

レイヤー プロパティの [時間] タブ

データを表示するための変数を切り替えるには、[処理テンプレート] タブを使用します。たとえば、モザイク データセットに温度と降水率という 2 つの変数が含まれている場合、処理テンプレートを選択して、一方の変数を視覚化します。ArcGIS Pro では、モザイク レイヤーの [データ] コンテキスト タブで [処理テンプレート] ドロップダウン矢印を使用して、テンプレートを切り替えることができます。

レイヤー プロパティの [処理テンプレート]

ArcGIS Pro 1.4 以降では、モザイク レイヤーの [データ] コンテキスト タブで [ラスター アイテムの操作] を使用して、多次元モザイク データセットを探索し、1 つのスライスおよび変数のプレビューを視覚化することもできます。[追加] ボタンを使用して、プレビューのスライスを現在のマップに追加することもできます。ラスター アイテム エクスプローラーの使用については、「ラスター アイテム エクスプローラーの使用」をご参照ください。

モザイク データセットがベクトル場テンプレートを使用して作成されている場合は (風や流れなどのデータ)、ベクトル場レンダラーを使用して視覚化できます。

ジオプロセシング ツールでの多次元モザイク データセットの使用

多次元モザイク データセットの単一のスライスまたはスライスのセットにアクセスして、これらをジオプロセシング ツールで使用するには、3 つの方法があります。

使用可能なデータ スライスにアクセスする 1 つ目の方法では、[モザイク レイヤーの作成 (Make Mosaic Layer)] ツールを使用して、クエリを指定します。たとえば、2015 年 12 月におけるスライスのコンターを生成するには、[モザイク レイヤーの作成 (Make Mosaic Layer)] ツールを使用して 2015 年 12 月のクエリを指定し、モザイク レイヤーの出力を [コンター (Contour)] ツールの入力として使用します。

コンター モデル

データ スライスにアクセスする 2 つ目の方法では、[ディメンションで選択 (Select by Dimension)] ツールを使用して、操作するディメンションを選択します。

データ スライスにアクセスする 3 つ目の方法では、ArcGIS Pro 内で選択を行い、選択したスライスをマップのレイヤーとして追加します。これらのレイヤーにアクセスして、ジオプロセシング ツール内で使用できます。選択してマップに追加するときに、複数の画像を選択してマップに追加することもできます。

選択セットをマップに追加

データ スライスのセットから最小、最大、または平均を計算する場合は、適切な定義クエリを作成して、モザイク データセットのモザイク オペレーターを [最小][最大]、または [平均] に設定します。[ラスターのコピー (Copy Raster)] ツールを使用して、出力をエクスポートできるようになります。

オーバーラップの解決 = 平均

リアルタイムでの新しい変数の解析と計算

ラスター関数テンプレートは、ラスター関数のチェーンと対応するパラメーターを含む XML ファイルです。関数テンプレートの詳細については、「ラスター関数テンプレート プロパティ」をご参照ください。科学的計算式は、ラスター関数テンプレートで表現できます。

たとえば、風速冷却指数は気温と風速から計算できます。

 wind chill = 35.74 + 0.615T -
35.75*(V^0.16) + 0.4275T*(V^0.16)

この計算式は、ラスター関数テンプレートとしても表現できます。ArcGIS Pro は、[ラスター関数] ウィンドウで、風速冷却ラスター関数を提供しています。必要に応じて、ラスター関数エディターでこれを追加できます。

風速冷却モデル

多次元モザイク データセットのイメージ サービスとしての公開

多次元モザイク データセットから公開されているイメージ サービスは、多次元に対応しています。多次元モザイク データセットのスライスにアクセスする場合と同じ方法で、データ スライスにアクセスして解析および表示することができます。

多次元のイメージ サービスでは、WMS の時間および垂直ディメンションのクエリがサポートされます。標準の WMS における時間および標高クエリをサポートするイメージ サービスを公開する場合は、多次元モザイク データセットを公開する前に、モザイク データセット プロパティで時間および垂直ディメンションに使用するフィールドを設定します。

時間の使用

WMS の時間および垂直ディメンションのクエリについては、「Web ブラウザーでの WMS サービスとの通信」をご参照ください。

関連トピック