Skip To Content

多次元ラスター データの概要

多次元データは、複数の回数や、複数の深度または高さで取得されたデータを表します。これらのデータ タイプは、大気、海洋、および地球科学でよく使用されています。多次元ラスター データは、データを特定の時間間隔で収集する衛星観測によって取得したり、データを他のデータ ソースから集約、内挿、シミュレートする数値モデルから生成することができます。

多次元ラスター データの一般的な格納形式は、netCDF、GRIB、HDF です。多くの場合、海洋データは netCDF 形式 (*.nc)、気象データは GRIB 形式で格納され、NASA は科学データの格納に HDF 形式をよく使用します。これらの多次元形式は、複数の変数を格納するために共通の機能を共有し、各変数は多次元配列になります。たとえば、netCDF ファイルには 2010 年から 2014 年の各月の、標高 0、1、10 メートルにおける気温、湿度、および風速を格納できます。詳細については、「多次元ラスター タイプ」をご参照ください。

ArcGIS Pro は、多次元ラスター データの管理、視覚化、処理を実行したり、それを Web サービスとして公開する機能があります。多次元データの処理の詳細については、「ArcGIS Pro の多次元解析」をご参照ください。

多次元ラスター レイヤーをマップ ビューに追加すると、1 つのファイルで変数を簡単に表示および調査できます。多次元ラスター データを ArcGIS Pro に取り込むには、多次元ラスター レイヤー多次元モザイク データセットの 2 つの方法があります。多次元ラスター レイヤーを追加するには、[マップ] タブで [データの追加] > [多次元ラスター レイヤー] オプションを使用します。

多次元データ レイヤーの追加

デフォルトでは、システムが多次元ラスター処理テンプレートを適用し、選択した各変数の多次元ラスター レイヤーを 1 つ作成します。新しいラスター レイヤーには、変数からの多次元情報が含まれ、この情報を視覚化、解析、共有できます。選択した変数を 1 つの多次元多変量解析ラスター レイヤーに結合することもできます。

複数の変数を持つ大量の多次元ラスター ファイルを操作する場合は、多次元モザイク データセットがデータを格納および管理し、データ解析を実行する効果的な方法です。

Cloud Raster Format の多次元ラスター データ

Cloud Raster Format (CRF) は多次元ラスター ストレージをサポートしており、[多次元解析] ツールセットのジオプロセシング ツールのデフォルトの出力ラスター形式です。.CRF ファイルは、分散処理および格納環境で大きなファイルを読み書きするために最適化されています。*.CRF ファイルでは、多次元ラスター データをより小さなタイル バンドルに分けることで、複数のプロセスで出力への同時書き込みを行えるようにします。

多次元モザイク データセットを *.CRF ファイルに変換するには、[ラスターのコピー (Copy Raster)] ツールを使用し、出力形式として *.CRF を選択します。

関連トピック