Skip To Content

Con 関数

Image Analyst ライセンスで利用できます。

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

ビューの作成

それぞれの入力セルの if/else 条件評価に基づいて、出力ラスターのピクセルを設定します。条件評価が真 (1) の場合は [True ラスター] のピクセル値、偽 (0) の場合は [False ラスター] のピクセル値を返します。この条件は、論理演算関数の出力によって指定され、これが入力 [ラスター] になります。

Con 関数は、Greater Than 関数などの算術演算: 論理演算関数の次に実行する必要があります。論理関数の出力は、ブール型のラスター (値が 1 と 0) です。Con 関数を使用すると、1 の値はすべて [True ラスター]、0 の値はすべて [False ラスター] の値に設定されます。

Con 関数の説明

[Con] を使用した条件評価の詳細

備考

[True ラスター][False ラスター] のいずれかが浮動小数の場合、出力ラスターは浮動小数になります。[True ラスター][False ラスター] がどちらも整数の場合、出力は整数になります。

[True ラスター] または定数が指定されていない場合、式が True にならないセルには NoData が割り当てられます。

入力で NoData のピクセルは、出力も NoData のままです。

パラメーター

パラメーター名説明

Raster

論理演算ラスター関数のブール結果を表す入力ラスター。値は 1 (true の場合) または 0 (false の場合) になります。整数または浮動小数点のいずれのラスターでもかまいません。

True ラスター

条件が true である場合に出力ピクセル値として使用される値を持つ入力。整数、浮動小数のラスター、または定数値のいずれでもかまいません。

False ラスター

条件が false である場合に出力ピクセル値として使用される値を持つ入力。整数、浮動小数のラスター、または定数値のいずれでもかまいません。

範囲タイプ

出力ラスターで使用する範囲を選択します。

  • 最初のラスターに一致 - 最初の入力ラスターの範囲を使用して、処理対象範囲を決定します。

  • 共通の範囲 - 重複するピクセルの範囲を使用して、処理対象範囲を決定します。これがデフォルトです。
  • すべての範囲 - すべてのラスターの範囲を使用して、処理対象範囲を決定します。
  • 最後のラスターに一致 - 最後の入力ラスターの範囲を使用して、処理対象範囲を決定します。

セルサイズ タイプ

出力ラスターで使用するセル サイズを選択します。すべての入力セル サイズが同じである場合、すべてのオプションは同じ結果を生成します。

  • 最初のラスターに一致 - 入力ラスターの最初のセル サイズを使用します。
  • 最小 - すべての入力ラスターのうちの最小セル サイズを使用します。
  • 最大 - すべての入力ラスターのうちの最大セル サイズを使用します。これがデフォルトです。
  • 平均 - すべての入力ラスターの平均セル サイズを使用します。
  • 最後のラスターに一致 - 入力ラスターの最後のセル サイズを使用します。

関連トピック

このトピックの内容
  1. ビューの作成
  2. 備考
  3. パラメーター