Skip To Content

多次元モザイク データセットの作成

このワークフローでは、時間および垂直ディメンションを含む多次元変数を使用して、モザイク データセットを作成するのに必要な手順を示します。このワークフローでは、netCDF ファイルからのデータをモザイク データセットに追加する方法について説明しますが、HDF および GRIB ファイルからのデータを追加する場合も考え方は同じです。

netCDF ファイルからモザイク データセットを作成する

  1. [モザイク データセットの作成 (Create Mosaic Dataset)] ジオプロセシング ツールを使用して、モザイク データセットを作成します。
  2. [モザイク データセットにラスターを追加 (Add Rasters To Mosaic Dataset)] ジオプロセシング ツールを使用して、データを追加します。
  3. netCDF ラスター タイプを選択します。
  4. 入力ファイルまたはファイルを含むワークスペースを指定します。
  5. [ラスター タイプ プロパティ] ページをクリックします。
  6. [変数] タブで、追加する変数名を確認します。
    1. 必要に応じて、不要な変数を削除します。

      変数を設定しない場合、すべての変数が追加されます。

      システムは時間および垂直ディメンションの値を可能な限り標準化します。標準化された値に加えて、元のディメンション値をモザイク データセットに追加する場合は、[元のディメンション値のコピー] チェックボックスをオンにします。

    2. また、[追加] ボタンをクリックして変数名を入力しても、変数を追加できます。
  7. [OK] をクリックしてツールを実行し、データを追加します。
  8. モザイク化されたピクセルに基づいて、モザイク データセットの統計情報が計算されます。必要に応じて、各アイテムの統計情報を計算し、すべてのアイテムの最小値と最大値の合計を求める場合は、[ピラミッドと統計情報の構築 (Build Pyramids and Statistics)] ジオプロセシング ツールを使用して統計情報の計算を実行します。
    1. 作成したモザイク データセットを入力として指定します。
    2. [ピラミッド構築] オプションをオンにします。
    3. [統計情報オプション] を展開し、[モザイク データセット統計情報の推定] チェックボックスをオンにします。
    4. [OK] をクリックしてツールを実行します。

多次元プロパティの表示

上記のワークフローを使用して netCDF、HDF、または GRIB ファイルから多次元モザイク データセットを作成すると、変数とディメンションの情報がモザイク データセットにインポートされます。情報は、[モザイク データセット プロパティ] ウィンドウの [多次元情報] タブにあります。各変数は個別に表示され、サブタブには変数に関連付けられたディメンションに関する情報が含まれています。

[モザイク データセット プロパティ] ウィンドウの [多次元情報] タブには、多次元ラスター降雨量変数および時間ディメンション情報が表示されます

[多次元情報] タブには、モザイク データセットの [レイヤー プロパティ][ソース] タブからもアクセスできます。

関連トピック