Skip To Content

サーフェスの平滑化関数

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

概要

標高サーフェス ラスターの窪地 (シンク) とピークを特定および平滑化して、データの小さな欠陥を取り除きます。この関数は、指定された [Z 制限] 内にすべてのシンクが平滑化されるまで、反復的なプロセスで平滑化を実行します。

[オルソ マッピング] ツールや他の方法で標高サーフェスが作成されると、データ内に窪地やピークの形で小さいが重大なエラーがよく発生します。写真測量では、窪地とピークはホールとスパイクとよく呼ばれます。多くの場合、サーフェス データは水文モデルなどのモデル化に使用されるため、これらの窪地とピークのエラーを、周囲のデータと整合する方法で修正することが重要です。

窪地とは、排水方向が定義されないピクセルです。窪地のセルより低いピクセルは周囲にありません。流出点は、窪地の流出寄与域の標高が最も低い境界ピクセルです。窪地が浸水した場合、ここが水の流出するポイントになります。

たとえば、流出点が標高 210 フィートで、シンク内の最深ポイントが 204 フィート (6 フィート差) のシンク エリアがあるとします。[Z 制限] を 8 に設定した場合、この特定の窪地は平滑化されます。しかし、[Z 制限] を 4 に設定した場合、この窪地の深さはこの差異を上回り、有効な窪地と見なされないため、この窪地は平滑化されません。

サーフェスの平滑化関数の仕組みについては、「サーフェスの平滑化の詳細」をご参照ください。

グローバル ラスター関数です。

備考

[Z 制限] は、窪地の深さと流出点の間で許容される最大差異を指定し、平滑化する窪地と変更しない窪地を決定します。[Z 制限] は、窪地の平滑化に使用する深さの最大値ではありません。[Z 制限] より小さく (浅く)、隣接する最も低いセルより低い窪地はすべて流出点の高さまで平滑化されます。窪地と流出点の Z 値の差が [Z 制限] より大きい場合、その窪地は平滑化されません。

サーフェスの平滑化ラスター関数を使用する前に [窪地の抽出 (Sink)] ツールを使用すると、窪地の数とその深さがわかります。窪地の深さがわかると、適切な [Z 制限] の値を決定しやすくなります。

サーフェスの平滑化関数を使用して、ピークを取り除くこともできます。ピークとは、隣接するどのピクセルよりも高いピクセルです。ピークを取り除くには、入力サーフェス ラスターを反転する必要があります。これには、Minus 関数を使用します。Minus 関数では、最初の入力としてサーフェス ラスターの最高値、2 番目の入力としてサーフェス ラスターを指定します。

[Z 制限] は、このプロセスにも適用できます。Z 制限に何も指定されていない場合、すべてのピークが取り除かれます。Z 制限値が指定されていて、ピークと隣接する最も高いセルの Z 値の差が [Z 制限] より大きい場合、そのピークは取り除かれません。

サーフェス ラスターが整数である場合、平坦化された出力ラスターは整数型になります。入力が浮動小数点値である場合、出力ラスターも浮動小数点値になります。

パラメーター

パラメーター名説明

ラスター

シングルバンド ラスター標高データセット。

Z 制限

平滑化される窪地と流出点間の最大標高差。

このパラメーターに値が指定されていない場合、すべてのシンクは深さに関係なく平滑化されます。

[Z 制限] の値は、ゼロより大きくなければなりません。

関連トピック


このトピックの内容
  1. 概要
  2. 備考
  3. パラメーター