Skip To Content

累積流量ラスターの作成関数

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

概要

各セルへの累積する流量のラスター レイヤーを作成します。オプションで、ウェイト ファクターを適用できます。

[累積流量ラスターの作成 (Flow Accumulation)] の図
累積流量の例

この結果は、各ピクセルへの累積流量のラスター レイヤーです。これは、下り勾配にある各ピクセルに流れこむすべてのセルのウェイトを累計することで算出されます。加重ラスターを指定しない場合はウェイト 1 が各ピクセルに適用され、出力ラスターのピクセルの値は各ピクセルに流れ込むピクセルの数になります。

詳細については、「累積流量ラスターの作成の詳細」をご参照ください。

グローバル ラスター関数です。

備考

累積流量ラスターの作成関数は、累積流量の計算に D8、多重流向 (MFD) および D-Infinity (DINF) という 3 つのフロー モデリング方法をサポートしています。

流向ラスターは流向ラスターの作成関数を使用して作成できます。

  • 入力流向ラスターが流向ラスター関数で作成されていない場合、定義されたフローが無限ループに陥る可能性があります。
  • 入力流向は、D8MFD、または DINF のいずれかの方法で作成できます。これらの 3 つの方法間の入力流向ラスターの種類によって、累積流量関数が各ピクセルのフローを分割および累積する方法が変わります。

入力 D8 流向ラスターの場合、フロー方向が定義されていないピクセルは、フローのみを受け取ります。これらのピクセルは、下流に寄与しません。流向ラスターの値が 1、2、4、8、16、32、64、128 以外の場合、そのピクセルのフロー方向は未定義と見なされます。

D-Infinity 入力流向ラスターの場合、流向ラスターの値が -1 であれば、そのピクセルのフロー方向は未定義と見なされます。

累積流量は、出力ラスターの各ピクセルに流れ込むピクセルの数の合計または一部に基づきます。処理ピクセル自体は、この累積に考慮されません。

累積流量が大きい出力ピクセルはフローが集中するエリアで、流路の特定に使用できます。

累積流量が 0 の出力ピクセルは局所的な高地で、尾根の特定に使用できます。

パラメーター

パラメーター名説明

流向ラスター

各セルからの流れの方向を示す入力ラスター。

流向ラスターは、流向ラスター関数を実行して作成できます。

加重ラスター

オプションの入力ラスター。各ピクセルに加重を適用します。

加重ラスターが指定されていない場合、デフォルトの加重 1 が各ピクセルに適用されます。

出力データ タイプ

出力累積ラスターは、整数タイプまたは浮動小数点タイプのいずれかになります。

  • Float - 出力ラスターは浮動小数点タイプになります。これがデフォルトです。
  • Integer - 出力ラスターは整数タイプになります。

流向タイプ

入力流向ラスターのタイプを定義します。

  • D8 - 入力流向ラスターのタイプは D8 です。これがデフォルトです。
  • MFD - 入力流向ラスターのタイプは MFD (Multi Flow Direction) です。
  • DINF - 入力流向ラスターのタイプは DINF (D-Infinity) です。

関連トピック


このトピックの内容
  1. 概要
  2. 備考
  3. パラメーター