Skip To Content

流路距離ラスターの作成関数

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

概要

この関数は、各ピクセルで、水流または河川におけるピクセルまでの下降斜面の水平または垂直方向の距離を計算します。オプションの流向ラスターが提供される場合、降下傾斜方向は、入力流向ラスターで定義された方向に限定されます。複数の経路がある場合、最小、加重平均、最大の流路距離を計算できます。出力は流路距離ラスターです。

グローバル ラスター関数です。

備考

流路距離を測定する傾斜方向を制限するには、流向ラスター関数を使用して生成される入力流向ラスター (任意) を指定します。任意の入力流向ラスターを生成する際は、D8D-Infinity (DINF)、Multi Flow Direction (MFD) のいずれかのモデルから選択します。

任意の入力フロー ラスターを指定する場合、このラスターは [流向ラスターの作成 (Flow Direction)] ツールで作成し、流路距離ラスター関数と同じ入力サーフェス ラスターを使用することをお勧めします。

  • この入力サーフェス ラスターに窪地が存在しない場合、入力河川ラスターで表される河川ピクセルまでの距離が計測されます。
  • この入力サーフェス ラスターに窪地が存在する場合、経路の一部は河川に到達する前に窪地に流れ込み、流向が途中で止まる可能性があります。その場合、これらのピクセルの流路距離は窪地まで計測されます。

任意の入力流向ラスターを指定せずに関数を実行すると、各ピクセルから、ピクセルが流入する河川までのすべての下り経路を考慮したうえで、流路距離が評価されます。D8 流向ラスターを使用して関数を実行すると、すべてのピクセルから河川上のピクセルまでの可能な下り経路は 1 つしかなく、流路距離はこの経路に沿って計測されます。

入力河川ラスターを作成する際は、関数に入力した入力ストリーム ラスターと同じものを使用することをお勧めします。河川ラスターは入力サーフェス ラスターから、流向ラスター累積流量ラスターの作成Con の各関数をそれぞれ使って作成できます。他のデータ ソースからの河川を使用する場合、最善の結果を得るために、まず入力サーフェス ラスターに変換してから、その結果に対して流路距離ラスターの作成関数を実行します。

各セルからその先にある河川上のセルに到る複数の流路が存在する場合は、[統計情報の種類] を使用して、最小、加重平均、または最大の流路距離を計算します。

各セルから河川上のセルに到る流路が 1 つだけ存在する場合は、統計情報のすべての種類で同じ結果が生成されます。

パラメーター

パラメーター説明

河川ラスター

線形河川ネットワークを表す入力河川ラスター。

サーフェス ラスター

連続標高サーフェスを表す入力ラスター。

流向ラスター

各ピクセルからの流れの方向を示す入力ラスター。

流向ラスターが提供される場合、降下傾斜方向は、入力流向で定義された方向に限定されます。

流向ラスターは流向ラスター関数を使用して作成できます。

距離タイプ

流路距離の垂直的または水平的コンポーネントが計算されるかどうかを決定します。

  • 垂直方向 - 流路距離の計算は、ドメインの各ピクセルから、ピクセルが流入する河川上のピクセルまでの流路距離の垂直コンポーネントを表します。これがデフォルトです。
  • 水平方向 - 流路距離の計算は、ドメインの各ピクセルから、ピクセルが流入する河川上のピクセルまでの流路距離の水平コンポーネントを表します。

流向タイプ

入力流向ラスターのタイプを定義します。

  • D8 - 入力流向ラスターのタイプは D8 です。これがデフォルトです。
  • MFD - 入力流向ラスターのタイプは MFD (Multi Flow Direction) です。
  • DINF - 入力流向ラスターのタイプは DINF (D-Infinity) です。

統計の種類

複数の流路の流路距離の計算に使用する統計情報の種類を決定します。各セルから河川上のセルに到る流路が 1 つだけ存在する場合は、統計情報のすべての種類で同じ結果が生成されます。

  • 最小 - 複数の流路が存在する場合、最小の流路距離が計算されます。これがデフォルトです。
  • 加重平均 - 複数の流路が存在する場合、流路距離の加重平均が計算されます。セルからその下流隣接セルへのフローの割合が、加重平均を計算するための重みとして使用されます。
  • 最大 - 複数の流路が存在する場合、最大の流路距離が計算されます。

関連トピック


このトピックの内容
  1. 概要
  2. 備考
  3. パラメーター