Skip To Content

ジオリファレンス ツール

[ジオリファレンス] タブには、ラスター データセットのジオリファレンスに必要なすべてのツールが含まれています。[ジオリファレンス] タブには、[画像] タブからアクセスできます。

  1. [コンテンツ] ウィンドウで、ジオリファレンスするレイヤーをハイライト表示します。
  2. [画像] タブで、[ジオリファレンス] をクリックして [ジオリファレンス] タブを開きます。

[画像] タブの [ジオリファレンス] タブ

ジオリファレンスのオプションにアクセスするには、[調整] の横にある [オプション] ジオリファレンス オプション をクリックします。新しいウィンドウが開きます。このウィンドウでは、すべてのジオリファレンス セッションのデフォルト オプションを設定できます。

[ジオリファレンス] モーダル タブには、次の 5 つのグループがあります。

  • 準備
  • 調整
  • レビュー
  • 保存
  • 閉じる

準備

[準備] グループには、ソース ラスターとターゲット ラスターを設定するツールがあります。

アイコンツール説明

場所検索

検索

住所、場所名、または座標値を入力して、場所を検索します。

座標系の設定

座標系の設定

マップの座標系を設定します。

表示範囲に フィット

表示範囲に フィット

ジオリファレンスしているラスターを現在表示されているマップ範囲に配置します。

移動

移動

ジオリファレンスしているラスターをシフトします。

縮尺

サイズ変更

ジオリファレンスしているラスターのサイズを変更します。

回転

回転 (Rotate)

ジオリファレンスしているラスターを回転させます。

ラスターを手動で回転させるか、A キーを押してテキスト ボックスに角度を指定することができます。

水平方向に反転

垂直方向に反転

反転

ラスターを水平方向または垂直方向に反転させます。

左 90 度回転

右 90 度回転

固定回転

ラスターを 90 度左または 90 度右に回転させます。

アジャスト

[調整] グループには、コントロール ポイントのインポートや作成に使用できるツールが用意されています。また、変換を選択したり、ソース ラスターの位置をデフォルトにリセットすることもできます。

アイコンツール説明

自動 ジオリファレンス

自動 ジオリファレンス

ターゲット ラスターに対するソース ラスターのコントロール ポイントを自動的に作成します。自動位置合わせを機能させるには、ソース ラスターとターゲット ラスターが地理的位置、スペクトル分解能、空間解像度の点で比較的類似している必要があります。

コントロール ポイントのインポート

コントロール ポイントのインポート

コントロール ポイントをジオリファレンス セッションにインポートします。

コントロール ポイントの追加

コントロール ポイントの追加

ラスターをジオリファレンスするコントロール ポイントのペアを追加します。まず、ジオリファレンスするラスターの位置をクリックします。次に、ターゲット上の対応する場所を選択します。

変換

変換

使用する変換を設定します。変換ごとに、設定する前に必要なコントロール ポイントの最低数が異なります。

自動的に適用

自動的に適用

コントロール ポイントのペアを作成するたびに表示を更新します。コントロール ポイントを作成するたびに表示を更新しない場合は、このオプションをオフに切り替えることができます。

適用

適用

現在のコントロール ポイントと変換で表示を更新します。これは、[自動的に適用] がオフになっているときに便利です。

リセット

リセット

ラスターを元の位置に戻します。

キーボード ショートカット

ジオリファレンスしているとき、キーボード ショートカットを使用して、タスクを迅速かつ簡単に実行することができます。

ショートカット説明

C

Pan

Q

ローミング

X

縮小

Z

拡大

L

ジオリファレンス レイヤーの表示設定のオン/オフを切り替えます。

H

コントロール ポイントのヒントの表示設定のオン/オフを切り替えます。

A

ダイアログ ボックスを開いて、[移動][縮尺]、または [回転] の値を指定します。

Esc

コントロール ポイントのキャンセル (コントロール ポイントのペアの作成中)

スペース

押し続けている間、ベクター スナップを一時的に無効化します (スナップが有効な場合)

F5 キー

コントロール ポイント テーブルを更新します。

レビュー

[レビュー] グループには、ジオリファレンス結果の品質管理を実行できるツールが用意されています。[コントロール ポイント テーブル] を使用して、各コントロール ポイントの残差を確認できます。また、コントロール ポイントを選択、ズーム、削除することもできます。

アイコンツール説明

コントロール ポイント テーブルを開く

コントロール ポイント テーブルを開く

コントロール ポイントと残差を含むテーブルを表示します。

コントロール ポイントの選択

コントロール ポイントの選択

マップ表示内のコントロール ポイントのペアを選択およびハイライト表示します。

選択したコントロール ポイントにズーム

選択したコントロール ポイントにズーム

選択したコントロール ポイントを中央に配置して拡大します。さらに拡大する場合は、このツールを複数回クリックします。

選択したコントロール ポイントを削除

選択したコントロール ポイントを削除

選択したコントロール ポイントを削除します。

すべて削除

すべて削除

すべてのコントロール ポイントを削除します。

コントロール ポイント テーブル

[コントロール ポイント テーブル][レビュー] グループは、コントロール ポイントの品質を確認するために使用されます。[コントロール ポイント テーブル] は、作成されたコントロール ポイントのペアに関する情報を提供します。各行はコントロール ポイントのペアを表し、開始座標、調整済み座標、および残差エラーを一覧表示します。エラーの合計は、二乗平均平方根 (RMS) 誤差で提示されます。

アイコンツール説明

コントロール ポイントのインポート

コントロール ポイントのインポート

コントロール ポイントをジオリファレンス セッションにインポートします。

コントロール ポイントのエクスポート

コントロール ポイントのエクスポート

コントロール ポイントをジオリファレンス テキスト ファイルに保存します。

コントロール ポイントの追加

コントロール ポイントの追加

テーブルに空の行を追加します。これは、コントロール ポイントの座標を手動で入力する場合に便利です。

デフォルトで、このコントロール ポイントは使用不可になっています。コントロール ポイントをアクティブ化するには、[コントロール ポイントの使用] チェックボックスをオンにします。

選択したコントロール ポイントにズーム

選択セットにズーム

選択したコントロール ポイントを中央に配置して拡大します。さらに拡大する場合は、このツールを複数回クリックします。

選択したコントロール ポイントを削除

選択セットの削除

選択したコントロール ポイントを削除します。

すべて削除

すべて削除

すべてのコントロール ポイントを削除します。

変換

変換

使用する変換を設定します。変換ごとに、設定する前に必要なコントロール ポイントの最低数が異なります。

コントロール ポイントの使用

コントロール ポイントの使用

ジオリファレンスの計算と調整でのコントロール ポイントのオン/オフを切り替えます。オフにしたコントロール ポイントの行はラスターの調整に使用されず、その値は二乗平均平方根 (RMS) 誤差に影響しません。

度/分/秒 (DMS)

度分秒

10 進度座標と度/分/秒座標を切り替えます。

このオプションは、マップの座標システムが度/分/秒をサポートしている場合のみ使用可能です。

更新

[保存] グループには、変換結果を保存するツールがあります。現在のラスターに保存したり、新しいラスター データセットに保存したり、コントロール ポイントをテキスト ファイルとして保存することができます。

アイコンツール説明

保存

更新

指定したコントロール ポイントと変換方法で現在のラスターを更新します。

名前を付けて新規保存

新規保存

指定したコントロール ポイントと変換方法で新しいラスター データセットを作成します。

コントロール ポイントのエクスポート

コントロール ポイントのエクスポート

コントロール ポイントをジオリファレンス テキスト ファイルとして保存します。

注意:
ArcGIS Pro プロジェクトを保存しても、ジオリファレンス セッションの現在の状態は保存されません。プロジェクトを閉じる前に、コントロール ポイントをエクスポートします。

閉じる

これはモーダル タブであるため、[コンテンツ] ウィンドウでタブやコンテキスト レイヤーを切り替えても、ジオリファレンス セッションは開いたままでターゲットと同じラスター レイヤーがあります。[閉じる] グループの [ジオリファレンスを終了] ボタン ジオリファレンスを終了 を使用すると、現在のラスター レイヤーのジオリファレンスが終了したときに、モーダル タブを閉じることができます。

関連トピック