Skip To Content

グローバル関数

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

概観

ArcGIS Pro には、グローバル関数という新しい種類のラスター関数が追加されました。グローバル関数は、特定の解像度と範囲で処理を実行する機能を提供します。デフォルトでは、グローバル関数はソース解像度と全範囲でラスターを処理します。このため、グローバル関数を適用する場合、出力のサイズによっては時間がかかる場合があります。グローバル関数をモザイク データセットなどの大きな入力に適用すると、処理に時間がかかる可能性があるため、注意して使用する必要があります。

グローバル関数は、通常のラスター関数とさまざまな方法で区別できます。すべてのラスター関数には、ハンマーのアイコン グローバル関数 があるので、他のラスター関数と区別できます。グローバル関数またはグローバル関数を含むラスター関数を開くと、関数ページの上部に、この関数は処理に時間がかかる可能性があることを示す通知が表示されます。ラスター関数エディターでグローバル関数のパラメーターを編集したり、ラスター関数テンプレートでグローバル関数を使用する場合、グローバル関数ノードにはアイコンが表示され、通常のラスター関数と区別できます。

グローバル関数を使用する際は、分散ラスター解析ツールを使用してデータを処理することをお勧めします。これにより、データを分散処理することができ、グローバル関数の処理時間を最小限に抑えることができます。

グローバル ラスター関数のリスト

関数名説明

コリドー関数

2 つの入力累積コスト ラスターに対して累積コストの合計値を計算します。

この関数は距離カテゴリにあります。

コスト アロケーション関数

コスト サーフェス上での最小累積コストに基づき、各セルの最小コスト ソースを計算します。

この関数は距離カテゴリにあります。

コスト バック リンク関数

最小コスト ソースへの最小累積コストパスに隣接するセルの近傍範囲を定義します。

この関数は距離カテゴリにあります。

コスト距離関数

コスト サーフェス上で最小コスト ソースとの最小累積コスト距離をセルごとに計算します。

この関数は距離カテゴリにあります。

コスト パス関数

ソースから目的地までの最小コスト パスを計算します。

この関数は距離カテゴリにあります。

ユークリッド アロケーション関数

ユークリッド距離に基づいて各セルから最も近いソースをセルごとに算出します。

この関数は距離カテゴリにあります。

ユークリッド方向関数

最も近いソースへの方向をセルごとに計算します。

この関数は距離カテゴリにあります。

ユークリッド距離関数

最も近いソースまでのユークリッド距離をセルごとに計算します。

この関数は距離カテゴリにあります。

穴埋め関数

データの微小な欠落を取り除くために標高サーフェス ラスターのくぼみと先端を埋めます。

この関数は水文解析カテゴリにあります。

累積流量ラスター関数

各セルへの累積する流量のラスター レイヤーを作成します。オプションで、ウェイト ファクターを適用できます。

この関数は水文解析カテゴリにあります。

流向ラスター関数

各セルから最も急な傾斜となる近傍セルへの流向ラスター レイヤーを作成します。

この関数は水文解析カテゴリにあります。

流路距離ラスターの作成関数

水流または河川が流れ込むセルまでの下降斜面の水平方向または垂直方向の最小距離を計算します。

この関数は水文解析カテゴリにあります。

カーネル密度関数

カーネル関数を使用してポイントまたはポリライン フィーチャから単位面積ごとの値を計算し、各ポイントまたはポリラインに滑らかなテーパー サーフェスを合わせます。

この関数は解析カテゴリにあります。

最小コスト パス関数

ソースから目的地までの最小コストパスを算出します。コスト サーフェス上のセルごとに、最も近いソースまでの最小累積コスト距離が計算されます。これにより、選択した位置から累積コスト サーフェス内でコスト距離が最も近いソース セルまでの最小コスト パスを記録する出力ラスターが生成されます。

この関数は距離カテゴリにあります。

ニブル関数

ラスターの選択したセルを最近傍の値に置き換えます。これは、データがエラーである可能性があるラスターのエリアを編集するときに便利です。

この関数はデータ管理カテゴリにあります。

パスの距離関数

水平コスト係数と垂直コスト係数とともにサーフェス距離を考慮に入れて、最小コスト ソースとの最小累積コスト距離をセルごとに計算します。

この関数は距離カテゴリにあります。

パスの距離アロケーション関数

水平コスト係数と垂直コスト係数とともにサーフェス距離を考慮に入れて、コスト サーフェスの最小累積コストに基づき、各セルの最小コスト ソースを計算します。

この関数は距離カテゴリにあります。

パスの距離バック リンク関数

水平コスト係数と垂直コスト係数とともにサーフェス距離を考慮に入れて、最小コスト ソースへの最小累積コスト パス上にある、次のセルの近傍を定義します。

この関数は距離カテゴリにあります。

リージョン グループ関数

出力のセルごとに、そのセルが属している接続済みリージョンの ID が記録されます。各リージョンには、一意の数値が割り当てられます。

この関数はデータ管理カテゴリにあります。

河川リンク ラスター関数

ラスターの線状ネットワークの交差部分にユニークな値を設定します。

この関数は水文解析カテゴリにあります。

可視領域関数

測地線による方法を使用して、一連の観測フィーチャから見通せるラスター サーフェスの位置を決定します。

この関数はサーフェス カテゴリにあります。

集水域ラスター関数

ラスター内のセルに対する集水域を決定します。

この関数は水文解析カテゴリにあります。

ゾーン統計関数

別のデータセットのゾーン内にあるラスターの値の統計情報を計算します。

この関数は統計演算カテゴリにあります。

ジオプロセシング環境設定

グローバル関数のジオプロセシング環境設定は、アプリケーション レベルで制御されます。ArcGIS Pro での処理環境の設定は、[解析] タブの [環境] ボタンをクリックして行うことができます。環境設定の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

関連トピック