Skip To Content

多次元ラスター タイプ

一般的に、netCDF、GRIB、HDF などの多次元形式は、気象データや海洋データ (気温、湿度、風速、風向など) を格納するために、科学分野で使用されています。通常、データは変数として保存され、各変数は複数の時間および複数の高度または圧力で取得されたデータを表す多次元配列になります。多次元モザイク データセットを使用して、多次元データを管理および処理できます。ステップごとの手順については、「多次元モザイク データセットの作成」をご参照ください。

ArcGIS Pro では多次元ラスター タイプとして netCDF、GRIB、および HDF の 3 つをサポートしています。これらは、各形式で格納されている多次元ラスター データに対応しています。

  • GRIB - General Regularly-distributed Information in Binary World Meteorological Organization は、一般的に気象学で使用される簡潔なデータ形式で、過去の気象データや予測データを格納するために使用されます。GRIB ラスター タイプでは、GRIB 1 および GRIB 2 データをモザイク データセットに追加できます。
  • HDF - Hierarchical Data Format The HDF Group は、NCSA (National Center for Supercomputing Applications) によって策定された、科学データを格納するための形式です。HDF ラスター タイプでは、HDF5 または HDF4 に格納されたラスター データをモザイク データセットに追加できます。HDF ファイルに格納されている非ラスター データは、HDF ラスター タイプでは無視されます。
  • netCDF - Network Common Data Form は、多次元データを格納するためのファイル形式です。詳細については、「netCDF の基礎」をご参照ください。現在、netCDF ラスター タイプでは CF (Climate and Forecast) CF 規約とメタデータ 規約および COARDS (Cooperative Ocean/Atmosphere Research Data Service) 規約がサポートされています。他の規約を使用して作成された NetCDF ファイルも動作する可能性はありますが、これらはサポートされません。

ラスター タイプを定義するときに、次のいずれかの処理テンプレートを指定します。

  • デフォルト - ラスター データは、ピクセル値に変更を加えずにモザイク データセットに追加されます。
  • ベクトル場 - 流れの方向と強度を表すラスター データを追加します。このテンプレートを使用して作成されたモザイク データセットは、[ベクトル場] レンダラーを使用して視覚化されます。
  • カスタム - ユーザーのカスタム テンプレート。

モザイク データセットに追加する変数を指定します。

組織内で再使用できるように、ラスター タイプと定義した変数をラスター タイプ テンプレートとして保存するには、[一般] タブの [名前を付けて保存] ボタンをクリックします。

ArcGIS Pro によってサポートされるラスター タイプは、[モザイク データセットにラスターを追加 (Add Rasters To Mosaic Dataset)] ツールの [ラスター タイプ] ドロップダウン リストに一覧表示されます。組織が独自のラスター タイプを作成したり、ラスター タイプのプロパティを変更して保存した場合には、**.art ファイルへ移動してこれを選択する必要があります。

モザイク データセットでは、1 つまたは複数の変数を管理できます。すべての変数を 1 つのモザイク データセットで管理するか、変数ごとにモザイク データセットを作成するかは、アプリケーションに依存します。

  • アプリケーションが変数を 1 つだけ使用する場合や、少数の独立変数を使用する場合は、変数ごとに 1 つのモザイクを作成、使用、および管理すると簡単です。
  • アプリケーションの一部として、ラスター関数テンプレートを使用した複数の変数による計算が含まれる場合は、そのテンプレートで使用されるすべての変数を 1 つのモザイクに追加する必要があります。
  • 科学データを提供するとともに、サービスの数を最低限に抑えたい場合は、複数の変数をモザイクに追加し、変数選択テンプレートを使用してそれぞれの変数にアクセスできます。

以下では、複数の変数から新しいデータを計算する例を示します。最初に、気温、相対湿度、風速という 3 つの変数をモザイク データセットに追加します。これらの変数から、風速冷却指数と熱指数を計算するラスター関数テンプレートを作成して、そのテンプレートをモザイク データセットに追加できます。追加した 3 つのデフォルト変数選択テンプレートを使用すると、気温、風速、湿度、風速冷却、および熱指数を視覚化できるようになります。

特定の深度と位置にある変数を検索するときは、Groupname フィールドを使用できます。Groupname フィールドは、モザイク データセット内のアイテムのグループを定義します。同じ Groupname 値を持つアイテムは 1 つのグループに属します。アイテム グループ タイプのラスター関数テンプレートでは、各グループ内で変数による計算が行われ、グループごとにラスターが生成されます。

場合によっては、1 つのアイテムがすべてのグループの計算に関与していることがあります。このような場合は、このアイテムをグループごとに複製する代わりに、TagVariable フィールドに有効な値を指定し、* としてそのアイテムの Groupname を設定します。

メモ:

多次元データは、モザイク データセットに存在している必要はありません。モザイク データセットがワークフローに適切であることを確認してください。

NetCDF および HDF

一部の netCDF または HDF データには、不規則に配置された配列としてデータのジオロケーションが格納されます。モザイク データセットの追加時、表示目的でのみ、データが自動的に正方形のピクセルに変換されます。セル サイズは推計されますが、内挿法の設定に加えてこのセル サイズの変更が可能です。サポートされている内挿法には次のものがあります。

  • 最近隣内挿法
  • 共一次内挿法
  • 線形間引き
  • Natural Neighbor
ほとんどの場合で、最近隣内挿法と共一次内挿法が推奨されます。低密度または不完全状態のデータセットを操作するときは、線形間引きや Natural Neighbor が適している場合もあります。

GRIB

一部の GRIB 製品は、実際の名前の代わりにパラメーター コードを使用して変数を格納します。拡張メタデータ情報を含む GRIB TAB ファイルは、コードのインタープリターとして機能する必要があります。テキスト ファイル (通常データを生成した組織が提供) には *.TAB 拡張子が付与され、データを生成するパラメーター コード、名前、センター、サブセンター、およびテーブル バージョンが含まれています。たとえば、NASA の NLDAS データセットでは、変数コード 153 を解釈するために GRIB TAB ファイルが必要です。データに付属する GRIB TAB ファイルは、以下の例のようになります。

GRIB TAB パラメーター。

場所:

153 is the code CONVfract  is the variable name The text after the variable name is the long name 7 is the data center 12 is the data subcenter 130 is the table version

GRIB ラスター タイプを使用してモザイク データセットに NLDAS データを追加すると、変数が VAR153 として定義されます。

GRIB TAB データのラスター タイプ プロパティ。

[ラスター タイプ プロパティ][GRIBTAB] をクリックし、GRIB TAB ファイルまたはデータセットのすべての GRIB TAB ファイルを格納するフォルダーを追加し、再度 [変数] タブをクリックすると、変数が [説明] 内で正しく解釈されていることがわかります。モザイク データセットに変数を追加します。

関連トピック


このトピックの内容
  1. NetCDF および HDF
  2. GRIB