Skip To Content

関数エディターの概要

関数エディターは、画像およびラスター解析ワークフローを構築するためのビジュアル プログラミング言語です。解析ワークフローは、ラスター関数テンプレート (RFT) として保存できます。これにより、今後の処理を自動化できます。RFT の作成と変更は、関数エディターで行います。関数エディターは、1 つまたは複数の関数の出力を別の関数の入力として使用して、一連の関数を連結する関数チェーンをダイアグラムとして表示します。

関数エディターとともに、すべての関数にアクセスするには [ラスター関数] ウィンドウも開く必要があります。関数エディターModelBuilder と同様に動作し、[ラスター関数] ウィンドウは [ArcToolbox] と同様に動作します。エディター上に関数をドラッグ アンド ドロップするだけで、関数をチェーン (処理) に連結できます。関数を右クリックして [関数エディターに追加] を選択することもできます。

RFT になるプロセスをモデル化するには、さままざまな方法があります。たとえば、まず空の関数エディターを開いてから、ラスター変数と必要な関数を挿入できます。このモードでは、入力データがチェーンに接続されていないため、チェーンの一部分の結果をプレビューするような特定の機能は無効化されます。

より対話的に行う方法もあります。まず、マップ内のラスター レイヤーを使用します。このラスター レイヤーに関数を適用して、マップ内に新しい一時ラスター レイヤーを作成します。次に、この新しいレイヤーに別の関数を適用して、新しい別のレイヤーを作成します。基本的に、各関数の結果を試しながら、結果も確認します。関数の適用が終了し、適切な結果が得られたら、最後の出力を右クリックして、[関数チェーンの保存] をクリックできます。最後の関数が適用されたレイヤーには、これまで追加したすべての関数が含まれています。レイヤーの関数チェーンを保存すると、元の入力データは削除され、ラスター変数に置き換えられます。これにより、このテンプレートを異なるデータで再び使用できるようにパブリックになります。

関数エディターの機能

関数エディターを使用すると、さまざまなタスクを実行できます。

  • ワークフローのシーケンスを、わかりやすいダイアグラムとして視覚化します。
  • ラスター関数、ラスター変数、スカラー、ラスター レイヤー、データセット、その他のデータ タイプをダイアグラムに追加し、それらを接続することで、解析を実行する RFT を構築します。この解析は、現在の表示範囲で実行することも、Portal for ArcGIS のラスター解析を使用して分散して実行することもできます。
  • 関数のラスター レイヤーの関数チェーンのパラメーターを繰り返し確認します。[コンテンツ] ウィンドウで関数ラスター レイヤーを右クリックしてから [関数チェーンの編集] をクリックすることで、関数チェーンに設定した表示と設定を操作することができます。パラメーターに変更を加えた場合、[関数エディター] ツールバーの [適用] 適用 ボタンをクリックすると、レイヤーが更新され、パラメーターの調整結果が反映されます。
  • 関数ラスター レイヤーの関数チェーンを RFT として保存します。
  • 他のユーザーが RFT を使いやすいように、関数名、ラスター変数名、関数変数名を変更します。

ラスター関数テンプレートの例

次のラスター関数テンプレートは、火災前と火災後の画像を使用して、燃焼の重大度と植生の健康状態の回復を説明する方法を示しています。

関数チェーンの例

このラスター関数テンプレートは、5 つのラスター関数から構成されています。

  1. 反射率関数 - 入力画像をアルベドとして表現するために使用されます。アルベドは、地表面で反射された利用可能なエネルギーの比率です。これは、複雑なモデリングや専門的なリモート センシング アプリケーションのために科学関連のユーザーによってよく使用されます。
  2. バンド演算関数 - アルベド データの出力から、火災前と火災後のデータの正規化燃焼率 (NBR) を実行します。
  3. 減算関数 - 火災前の NBR と火災後の NBR から NBR の変化 (デルタ) を作成します。
  4. 再分類関数 - NBR の差異から、重大度と植生の健康状態のクラス閾値を定義します。
  5. 属性テーブル関数 - 再分類関数で定義された各クラスから作成された整数値に属性と色を割り当てます。

関連トピック