Skip To Content

ラスター関数テンプレート

ラスター関数テンプレートはモデルに似ています。ラスター関数テンプレートでは、1 つ以上のラスター関数を連結して処理ワークフローを生成できます。

[関数エディター][ラスター関数] ウィンドウを使用して、ラスター関数テンプレートを作成します。[関数エディター]ModelBuilder に似ていますが、ジオプロセシング ツールの代わりにラスター関数を使用してテンプレートを作成する点が異なります。

[関数エディター] では、[ラスター関数] ウィンドウと連携して、ワークフローを作成するための関数にアクセスできるほか、[関数エディター] ウィンドウの上部にあるミニ ツールバーには、独自のツールセットが付属しています。

[関数エディター] のツール

アイコン名前説明
画面移動画面移動

ダイアグラム内を移動します。

定率拡大定率拡大

固定の倍率で拡大します。

定率縮小定率縮小

固定の倍率で縮小します。

自動レイアウト自動レイアウト

ダイアグラム内のエレメントを自動的に配置します。

ウィンドウに合わせるウィンドウに合わせる

ダイアグラム全体をウィンドウの表示範囲内に合わせます。

スクリプトPython ラスター関数の挿入

スクリプト ファイル (*.py) をインポートして、Python ラスター関数を挿入します。

ラスターの追加ラスターの追加

入力ラスター データセットをダイアグラムに追加します。

変数スカラーの追加

定数ラスターを表す入力定数値を追加します。

ラスター変数の追加ラスター変数の追加

ラスター変数を追加します。この変数はデフォルト値で、変更可能です。

削除削除

ダイアグラム内の選択されたエレメントを削除します。

保存保存

ラスター関数テンプレートを、[ラスター関数] ウィンドウの [プロジェクト] カテゴリまたは [カスタム] カテゴリ セクションに保存します。

編集の保存名前を付けて保存

新しい名前および場所を指定して、ラスター関数テンプレートを保存します。

プロパティプロパティ

現在のラスター関数テンプレートのプロパティを編集します。

ラスター関数ラスター関数

[ラスター関数] ウィンドウを開きます。

ラスター関数テンプレートの作成

次に、ラスター関数テンプレートを作成、保存、使用する手順を示します。

[関数エディター] を開きます。

[画像] タブの [解析] グループにある [関数エディター] ボタン 関数エディター をクリックします。

新しい空の [ラスター関数テンプレート] ビューが開きます。テンプレートは一時的に作成されたもので、[ラスター関数] ウィンドウの [プロジェクト] カテゴリまたは [カスタム] カテゴリに保存する必要があります。関数エディター ビューは、マップ ビューの調整と同様にサイズ変更、ドッキング、または任意の位置でタイル分割できます。

ラスター関数の追加

ラスター関数は、ラスター関数テンプレートの基本的な要素です。多くのラスター関数を、画像やラスター関連のタスクに使用できます。タスクに必要な関数がわかったら、それらの関数をラスター関数テンプレートに追加できます。

ラスター関数テンプレートに関数を追加するには、関数を [ラスター関数] ウィンドウからテンプレートにドラッグします。任意の関数またはテンプレートを右クリックし、[関数エディターに追加] をクリックすることもできます。ラスター関数が関数テンプレートに追加され、黄色の丸い四角形として表示されます。

テンプレート内のパンシャープン関数

ラスター変数の追加

ラスター関数テンプレートには、ラスター関数および変数が一緒に接続されたワークフローが表示されます。ラスター変数は、エンド ユーザーが指定できるラスター データセットのプレースホルダーです。ワークフローでは、各変数を処理するラスター関数を指定する必要があります。

まず、ラスター変数 ラスター変数の追加 を追加する必要があります。次に、テンプレート内のラスター変数と関数との間の接続を描画して、ラスター変数を関数に直接接続する必要があります。ある関数の出力を次の関数の入力として接続し、ワークフローの作成を続行することもできます。

次の図は、パンシャープン関数で使用される 2 つのラスター変数を示しています。パンシャープン関数の出力は、クリップ関数の入力として使用されます。

ラスター関数テンプレートを表示するラスター関数エディター

エレメントのサイズ変更と移動

モデル エレメントのサイズを変更するには、エレメントを選択してハンドルのいずれかをドラッグします。モデル エレメントを移動するには、エレメントを選択し、エレメントの中央にカーソルを置いて移動ポインター 移動 を表示して、テンプレート内の任意の場所にエレメントをドラッグします。

関数パラメーターの変更

パンシャープン関数をダブルクリックして、関数のプロパティ ページを開きます。[パラメーター] タブでパラメーターを編集できます。パラメーターを指定した後、[OK] をクリックして [プロパティ] ウィンドウを閉じます。[OK] をクリックしても関数は実行されません。関数の設定が保存されるだけです。

ヒント:

関数のプロパティにアクセスするには、関数を右クリックして [プロパティ] をクリックする方法もあります。

パンシャープン パラメーター

[一般] タブを使用して、関数の名前または説明を変更できます。これは、複数の関数を含むラスター関数チェーンを作成する場合に便利です。関数の名前を利用して、関数の機能を説明できるため、関数を使用するすべてのユーザーがその関数チェーンの使用方法を理解できます。

エンド ユーザーへの関数パラメーターの公開

パンシャープン関数をダブルクリックして、関数のプロパティ ページを開きます。[変数] タブでパラメーターを公開設定できます。ここでは、変数名などを変更して、エンド ユーザーに追加情報を提供することもできます。

次のスクリーン ショットでは、2 つのラスター入力がエンド ユーザーに表示されます。自動的に生成されるユーザー インターフェイスでは、[名前] フィールドで指定された名前が使用されます。この例では、[名前] フィールドが編集されています。必ずしも [名前] フィールドの名前を変更する必要はありませんが、そのテンプレートを使用するすべてのユーザーに役立ちます。

パンシャープン変数

クリップ関数では、[クリップ タイプ][クリップ ジオメトリ] がパブリック変数に設定されています。これにより、ユーザーはクリップを実行するために使用されるレイヤーを変更し、境界を切り取るか、境界のみを保持するかを決定することができます。

クリップ変数

ラスター関数テンプレートの保存

[関数エディター] で開いているテンプレートに行った変更を保存できます。[保存] 保存 をクリックして、ラスター関数を保存します。既存のテンプレートを編集する場合は、[名前を付けて保存] 編集の保存 をクリックして、テンプレートを別の名前または別のカテゴリに保存します。

ラスター関数テンプレートを保存すると、モデル ダイアグラムの外観とレイアウトだけでなく、すべての変数およびパラメーターの内容も保存されます。テンプレートを [ラスター関数] ウィンドウの [システム] タブに保存することはできません。[プロジェクト] または [カスタム] タブに保存する必要があります。

ラスター関数テンプレートの適用

エンド ユーザーがテンプレートを開くと、公開設定されているパラメーターを示すウィンドウが開き、入力を指定する必要があります。次のテンプレートの例では、各関数からそれぞれ 2 つずつ、計 4 つのパラメーターが公開設定されています。パラメーターは、パブリック変数を含むチェーンの各関数の下に自動的にグループ化されます。

ラスター関数テンプレートのパラメーター

関連トピック