Skip To Content

ラスター関数

ラスター関数は、新しいラスターをディスクに書き込むジオプロセシング ツールとは対照的に、画像とラスター データセットのピクセルに処理を直接適用する操作です。計算は、ラスターを表示したときに元のデータのピクセルに適用されるため、画面上に表示されるピクセルのみが処理されます。ズームおよび画面移動すると、計算がリアルタイムで実行されます。中間データセットは作成されないため、処理したファイルをディスク上に作成する時間がかからず、処理を迅速に適用できます。

ソフトウェアには、ラジオメトリック補正、ジオメトリック補正、データ管理、視覚化、および解析に使用できる多くの関数が標準で付属しています。[ラスター関数] ウィンドウには、[画像] タブまたは [解析] タブからアクセスできます。関数は、個別に適用したり、組み合わせて関数チェーンを作成することができます。データセットの構造に応じて、さまざまな方法で関数を適用できます。

ArcGIS Pro では、次の 3 つのタイプの関数を使用できます。

  • ローカル関数 - すぐに使用できるラスター解析および管理ツールのコレクションで、[ラスター関数] ウィンドウで使用できます。
  • グローバル関数 - グローバル関数は、特定の解像度と範囲で処理を実行する機能を提供します。デフォルトでは、グローバル関数は、画面上に表示されるピクセルに適用される通常の関数とは対象的に、ソース解像度と全範囲でラスターを処理します。
  • カスタム関数 - カスタム関数は、Python で記述して標準の関数と同様に適用できます。

関数は、次のデータ タイプに適用できます。

  • ラスター レイヤー - 関数は、[ラスター関数] ウィンドウを使用して、ラスター レイヤーに適用できます。
  • モザイク データセット - 関数はモザイク データセット全体に適用できます。ラスター関数をモザイク データセットに適用するには、[カタログ] ウィンドウで該当するモザイク データセットを右クリックして、[モザイク データセット関数の編集] をクリックします。関数をモザイク データセットに適用すると、共有時や公開時などの配布中も、モザイク データセットに関数が適用されたままになります。
  • モザイク データセット内のラスター アイテム - 関数は、[ラスター関数の編集 (Edit Raster Function)] ツールを使用して、モザイク データセット内の個々のアイテムに適用できます。関数をモザイク データセットに適用すると、共有時や公開時などの配布中も、モザイク データセットに関数が適用されたままになります。
  • イメージ サービス レイヤー - ラスター関数は、[ラスター関数] ウィンドウを使用して、イメージ サービスに適用できます。イメージ サービスから個々のアイテムを追加して、それらに関数を適用することもできます。これには、[カタログ] ウィンドウでイメージ サービスを展開して、アイテムをマップに追加します。
  • Portal for ArcGIS を使用したラスター解析 - Portal for ArcGIS は、画像およびラスター データに分散サーバーベースの処理を実行できるように拡張されました。この技術により、最大解像度や全体表示であっても、データを分散処理することで、ラスター処理のパフォーマンスを向上させることができます。この処理機能を使用して、ラスター データに適用される処理を定義し、オンプレミスのポータルを使用して分散処理を実行できます。この処理の結果には、ArcGIS の組織サイトでホストされる Web イメージ レイヤーの形式でアクセスできます。

ラスター関数テンプレート

関数は組み合わせて関数チェーンにすることができます。関数チェーンは、関数エディターを使用してラスター関数テンプレートとして保存できます。ラスター関数テンプレートは、さまざまな方法で使用および配布できます。

  • ラスター レイヤー - 処理テンプレートは、標準の関数と同様にプロジェクト内のレイヤーに適用できます。処理テンプレートは、[カスタム] タブと [プロジェクト] タブの [ラスター関数] ウィンドウにあります。
  • モザイク データセットまたはイメージ サービス処理テンプレート - 処理テンプレートをモザイク データセットに追加して、イメージ サービスとして公開できます。処理テンプレートをモザイク データセットに追加するには、[カタログ] ウィンドウで該当するテンプレートを右クリックして、[処理テンプレートの管理] をクリックします。[処理テンプレートの管理] ウィンドウでは、モザイク データセットに関連付けられたテンプレートを追加、編集、整理できます。モザイク データセットをイメージ サービスとして公開すると、関連付けられた処理テンプレートがサービスとともに公開されます。モザイク データセットまたはイメージ サービスにテンプレートを追加した後は、[コンテンツ] ウィンドウでレイヤーを選択すると、[データ] タブの [処理テンプレート] ドロップダウン メニューからその処理テンプレートにアクセスできます。また、[コンテンツ] ウィンドウでイメージ レイヤーのレイヤーの [プロパティ] からアクセスすることもできます。
  • ポータルと共有 - 処理テンプレートをポータルで共有するには、[ラスター関数] ウィンドウでテンプレートを右クリックして、[ポータルと共有] をクリックします。このオプションを使用するには、アクティブなポータルに接続する必要があります。共有すると、ポータル ユーザーが処理テンプレートをダウンロードしたり、ラスターに直接適用することができます。
  • エクスポート - テンプレートは、[ラスター関数] ウィンドウから rft.xml ファイルとしてディスクにエクスポートできます。エクスポートしたファイルは、他のユーザー間で共有できます。これらのファイルは、ArcGIS プラットフォームのさまざまな場所にインポートできます。

関連トピック

このトピックの内容
  1. ラスター関数テンプレート