Skip To Content

集水域ラスターの作成

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

ビューの作成

グローバルな集水域関数は、ラスター内にある一連のピクセルの流出寄与域を特定します。集水域は、すべてのピクセルからフロー方向を特定するフロー方向ラスターから定義されます。

詳細については、Spatial Analyst ツール ヘルプの「集水域の詳細」トピックをご参照ください。

備考

集水域を特定する対象の位置を指定する必要があります。集水域の定義にその閾値を使用するときには、集水域の流出点は、累積流量から得られた河川ネットワークの合流部になります。したがって、累積流量ラスター、および河川を構成するピクセルの最小数 (閾値) を指定する必要があります。

定義されたそれぞれの集水域の値は、入力ラスターの流出点のピクセル値から取得されます。

パラメーター

パラメーター説明

流向ラスター

各セルからの流れの方向を示す入力ラスター。

流向ラスターは、流向ラスターの作成関数を実行して作成できます。

流出点ラスター

入力流出点の位置。

このラスターは、これは流出寄与域または集水域を判別するピクセルを表します。NoData でないすべてのピクセルがソース セルとして使用されます。

ライセンス

この機能を使用するには、ArcGIS Spatial Analyst エクステンションを有効にする必要があります。

関連トピック