Skip To Content

多次元ラスター レイヤーの操作

多次元ラスター レイヤーの構成と読み込み

ArcGIS Pro は、多次元ラスター レイヤーをマップ ビューに直接追加する機能を提供します。このタイプのレイヤーを追加すると、多次元データセットから 1 つまたは複数の変数を同時にインポートできるようになります。変数は、所定の時間または垂直ディメンションのデータを表す多次元配列です (例: 時間と深度のディメンションを持つ世界の海洋温度)。netCDF、GRIB および HDF 形式の科学データセットは、一般的に多次元で保存されます。

[多次元ラスター レイヤーの追加] ダイアログ ボックスから多次元ラスター データ レイヤーをマップ ビューに追加するとき、システムはデフォルトの多次元ラスター処理テンプレートを適用して、選択した各変数の多次元ラスター レイヤーを 1 つ作成します。新しいラスター レイヤーには、変数からの多次元情報が含まれ、この情報を視覚化、解析、共有できます。

[多次元ラスター レイヤーの追加] ダイアログ ボックスから、[マルチバンド ラスター] または [クラシック NetCDF ラスター] 処理テンプレートを選択するオプションもあります。マルチバンド ラスター処理テンプレートを使用すると、選択したすべての変数から、各バンドが 1 つの変数を表す 1 つのマルチバンド ラスター レイヤーを作成することができます。通常、変数は同種で、表示や比較用のマルチバンド画像に結合できます。たとえば、MODIS センサーのさまざまなバンドの反射率変数は、1 つのマルチバンド ラスター レイヤーに統合できます。

[クラシック NetCDF ラスター] 処理テンプレートを使用すると、[NetCDF ラスター レイヤーの作成 (Make NetCDF Raster Layer)] ジオプロセシング ツールによって作成される出力に似たクラシック NetCDF ラスター レイヤーを生成できます。

データが不規則なグリッドに格納されている場合、[多次元ラスター レイヤーの追加] ダイアログ ボックスの [不規則なデータの内挿] 設定を使用して、データを規則正しいグリッドに内挿できます。

大量の多次元データセットを管理する必要がある場合、変数をラスター画像としてモザイク データセットに追加することをお勧めします。詳細については、「モザイク データセット内の多次元データセット」をご参照ください。

多次元ラスター レイヤーをマップ ビューに追加する手順の概要を以下に示します。これらの手順で使用する netCDF、GRIB または HDF 形式の科学データセットがあることを想定しています。

  1. [マップ] タブの [レイヤー] グループで、[データの追加] ドロップダウン メニューをクリックし、[多次元ラスター レイヤー] を選択します。これにより、[多次元ラスター レイヤーの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. このダイアログ ボックスで、[変数のインポート] データ ソースの変更 ドロップダウン メニューをクリックして、ファイル、多次元ラスター、多次元モザイク データセット、またはイメージ サービスから変数をインポートします。[変数のインポート元] ダイアログ ボックスが開きます。GRIB、netCDF、または HDF 形式を参照して選択するか、多次元ラスター、モザイク データセット、またはイメージ サービスを参照して選択します。[開く] をクリックして、選択したファイルまたはデータセットから変数をインポートします。
  3. [多次元ラスター レイヤーの追加] ダイアログ ボックスの [変数の選択] テーブルで、1 つまたは複数の変数を選択します。

    [多次元ラスター レイヤーの追加] ダイアログ

  4. [出力構成] パラメーターで、デフォルトの [多次元ラスター] を使用して [OK] をクリックし、多次元ラスター レイヤーまたは複数のレイヤーをマップに追加します。風または海流データを含んでいる多次元ラスター レイヤーを追加するには、[ベクトル場 (U-V)] 処理テンプレートを使用します。
  5. 必要に応じて、[マルチバンド ラスター] または [クラシック NetCDF ラスター] 処理テンプレートを使用してレイヤーを作成する場合は、ステップ 1 ~ 3 を繰り返して、[出力構成] で選択します。[OK] をクリックして、目的のレイヤーまたは複数のレイヤーをマップに追加します。

多次元ラスター レイヤーの視覚化

多次元ラスター レイヤーの視覚化は、多次元モザイク データセットの表示と似ています。[時間範囲] を設定してから、タイム スライダーを使用してレイヤーをアニメーションにします。レイヤーに深度など他の垂直ディメンションもある場合は、レンジ スライダーのフィールド名を指定して、レンジ スライダーを使用して垂直ディメンションをアニメーションにします。詳細については、「タイム スライダーを使用して時系列データの視覚化」および「レンジ スライダーの基本操作」をご参照ください。

タイム スライダーと深度が設定された多次元ラスター レイヤー

さらに、[ディメンションで選択 (Select by Dimension)] ジオプロセシング ツールを使用して、ディメンション値に基づいて表示を更新することもできます。

リアルタイムでの多次元ラスター レイヤーの解析と新しい変数の計算

多次元ラスター レイヤーは、ラスター関数を使用してリアルタイムに処理および解析できます。たとえば、ゾーン統計関数を使用すると、別のデータセットのゾーン内にある値に基づいて、多次元ラスター レイヤーの統計情報を計算できます。それぞれのラスター関数の概要については、「ラスター関数のリスト」をご参照ください。さらに、複数のラスター関数を連結して、カスタムのラスター関数テンプレートを作成し、複雑な科学方程式を計算することができます。ArcGIS Pro は、ポータルでのラスター解析を使用して、画像データや科学データを分散処理する機能を提供します。ラスター解析を実行するためにポータルを構成する必要があります。

多次元ラスター レイヤーの Web サービスとしての公開

ArcGIS Pro から多次元ラスター レイヤーを公開できます。公開する前に、時間と範囲のプロパティがレイヤーで有効化されていることを確認します。関連するマップ サービスは、公開時に指定されたポータルのフェデレーション サーバー上に公開されます。マップ サービスの多次元情報は、Web ブラウザーのタイム スライダーやレンジ スライダーを使用して Web ブラウザーで視覚化できます。また、[Web レイヤーとして共有] ウィンドウの構成タブで WMS を有効化して、公開されたレイヤーで WMS 機能を利用することもできます。

関連トピック