Skip To Content

フィールド計算の基礎

フィールド演算を使用して、テーブル内のフィールド値に対する単純な計算または複雑な計算を行う式を作成して実行できます。1 つのレコードまたはすべてのレコードの一連のフィールド値に対して、数値計算を実行できます。フィールド演算の実行は、テーブル内の多くのレコードを一括して更新する方法です。フィールド演算は、レイヤーまたはテーブルに選択セットがある場合に、文字列、数字、日付フィールドに作用し、自動的に選択レコードに対して演算を行います。

フィールド演算へのアクセス

プロジェクトでテーブル ビューを開いているときに、[フィールド演算] ボタン フィールド演算 をクリックすると、[フィールド演算 (Calculate Field)] ジオプロセシング ツールが表示されます。そのため、ジオプロセシング タスクの一部として、いつでも式を作成できます。提供されたフィールド リストと関数を使用して、パラメーターを指定し、式を作成します。

フィールド演算 (Calculate Field) ツールの使用例

フィールド演算を使用できない場合

[フィールド演算] コマンドを使用できない場合は、以下の可能性を検討してください。

  • ArcGIS が管理するフィールドは、手動で編集できません。そのため、ObjectID (OID または FID) フィールドや、ジオデータベース フィーチャクラスの Shape_Length フィールドおよび Shape_Area フィールドの値を計算することはできません。
  • テーブルのデータ ソースが読み取り専用であるか、フォルダーまたはジオデータベースに対して書き込みアクセス権を設定できないか、データ ソースが通常変更できない形式です。
  • フィールドが、テーブルに結合されているテーブルに属しています。関連元テーブルのフィールドの値のみを計算できます。
  • フィールドが、Raster、BLOB、または Global ID タイプです。これらのタイプは計算できません。

高度な計算または簡単な計算の実行

[フィールド演算 (Calculate Field)] ツールでは、選択したフィールドに対して計算を実行する前に、Python コード ブロックを使用してデータを処理し、高度な計算を実行できます。

単純なフィールド演算式は、[条件式] テキスト ボックスに直接入力します。マルチライン スクリプト、ループ、分岐などのより複雑な式は、[フィールド演算] ツールの [コード ブロック] ボックスに入力します。

使用上のヒント

計算を実行する際に、以下の点に注意してください。

  • 文字列の計算には二重引用符 (") を使用します。
  • 操作しているレイヤーまたはテーブルに、表示をオフにしているフィールドが存在する場合、それらのフィールドは表示されません。フィールドの表示設定は、レイヤーのフィールド ビューで設定します。

関連トピック