Skip To Content

方向と角度の単位

方向を指定する編集ツールでは、方向の値を極座標、方位角、四分円方位角のいずれかの単位で入力できます。デフォルトの方向はロケールに固有であり、角度の単位は度に設定されます。この設定は、プロジェクトごとに変更して保存することができます。

次のセクションでは、プロジェクトの [オプション] ダイアログ ボックスで使用できる方向と角度の単位の設定を説明します。

方向と単位の設定を変更する手順については、「編集する単位設定の構成」をご参照ください。

備考:

地表面/平面補正をオンにすると、オフセット角度が方向に適用され、距離に距離ファクターが乗算されます。作図ツールを使用してジオメトリを作成し、方位と距離の値を入力すると、この処理がリアルタイムで実行されます。

詳細については、「地表面/平面補正のオン/オフの切り替え」をご参照ください。

極座標

極座標角は、正の X 軸を 0 度として反時計回りに計測されます。角度値は、反時計回りの方向に増加し、時計回りの方向に減少します。

これがデフォルトです。

極座標角

北方位角

北方位角システムでは、ラインの方位角は子午線からラインに向かって計測された水平角です。北から時計回りに計測されます。

北方位角

南方位角

南方位角システムでは、角度は南から時計回りに計測されます。

南方位角

四分円方位角

四分円方位角システムでは、コンパスが 90 度の 4 つのセクションに等分割されます。ラインの方位角は北または南の基準子午線からの角度として計測され、東または西に向かって計測されます。

四分円方位角

四分円方位角は、子午線、角度、方角の形式で書き出されます。たとえば、N25W という方位角は、北から計測して 25 度西の方向として定義されます。S18E という方位角は、南から計測して 18 度東の方向として定義されます。

有効な入力の形式は次のとおりです。

  • [N または S] dd.dddd [E または W]。dd.dddd は、10 進度で入力します。
  • [N または S] dd-mm-ss [E または W]。dd-mm-ss は、度、分、秒をハイフンで区切って入力します。
    備考:

    この形式では、角度単位を度/分/秒に設定する必要があります。

  • dd.dddd-[1 または 2 または 3 または 4]。dd.dddd は 10 進度で入力し、ハイフン (-) を付けてから、次のいずれかの数値コードを入力します。
    • 1 = NE
    • 2 = SE
    • 3 = SW
    • 4 = NW

角度単位

デフォルトの角度単位を次のセクションに示されたいずれかの形式に変更できます。

度は、角度計測の標準単位で、1 度は円の 1/360 を表し、度の小数部は 10 進数値で表されます。

これがデフォルトです。

度分秒 (DMS)

度/分/秒でも度を使用しますが、度の小数部は分と秒で表されます。1 分は 1/60 度、1 秒は 1/60 分です。

有効な入力の形式は次のとおりです。

  • dd-mm-ss.ss
  • dd.mmssss
  • dd^mm'ss.ss"

ラジアン

ラジアンは、平面角計測の国際単位 (SI) です。円は 2 π (約 6.28318) ラジアンです。1 ラジアンは、約 57.296 度と同じです。1 ラジアンの角度の円弧の長さは、円弧の半径と同じです。

グラジアン

グラジアンは、直角を 100 の部分に分けた角度計測単位です。1 グラジアンは、円の 1/400 です。

ゴン

gon は、グラジアンと同じです。1gon は、円の 1/400 です。gon という用語は、grad が degree (度) を意味するドイツ語やスウェーデン語などの北欧語で使用されます。