Skip To Content

ArcGIS Pro のレイアウト

ページ レイアウト (単にレイアウトとも呼ばれます) は、仮想ページ上に整理されたマップ エレメントのコレクションで、マップ印刷用に設計されたものです。一般的なマップ エレメントには、1 つ以上のマップ フレーム (各マップ フレームには順序付けされたマップ レイヤー セットが含まれる)、縮尺記号方位記号、マップ タイトル、説明テキスト、凡例が含まれます。地理的な参照のために、格子線経緯線を追加できます。

レイアウト エレメントの概要
レイアウト エレメントの概要

エレメントは、レイアウトに追加した後、そのレイアウト上で選択、移動、サイズ変更して、望みの外観と操作性を得ることができます。この動作は、レイアウト上の対話形式によるエレメントのロック、選択の禁止、移動、またはサイズ変更によってオフにすることができます。[コンテンツ] ウィンドウでエレメントの横にある [ロック] ボタン 黄色のロック をクリックして、ロックされたビューとロック解除されたビューを切り替えます。

レイアウトは、横方向 (横長) または縦方向 (縦長) にできます。また、電子的にエクスポートして使用したり、印刷したりすることもできます。ページ サイズは、出力の仕様に応じて変わります。レイアウトに表示されるものは、マップを同じページ サイズに印刷またはエクスポートした場合に表示されるものと同じです。

ページ レイアウトを使用して、マップ ブックのページを作成することもできます。マップに複数のページがある場合は、マップ シリーズの使用を検討する必要があります。

関連トピック