Skip To Content

ArcGIS Pro ヘルプ

ArcGIS Pro はデスクトップ上で空間データを作成および処理するための主要なアプリケーションです。このアプリケーションにはデータを可視化、解析、編集、共有するためのツールが備わっています。

プロジェクトの構築

ArcGIS Pro は、作業に使用するリソースをプロジェクトに整理します。プロジェクトには、マップ、レイアウト、レイヤー、テーブル、タスク、ツール、およびサーバー、データベース、フォルダー、スタイルへの各接続が含まれています。組織のポータルのコンテンツや ArcGIS Online のコンテンツを取り入れることもできます

データのマッピングと視覚化

ArcGIS Pro では 2D と 3D でデータをマッピングできます。

解析およびジオプロセシングの実行

ジオプロセシングには、自動で空間解析を実行し GIS データを管理するさまざまなツールが用意されています。ArcGIS Pro を使用して、データの解析、GIS データの管理、および作業を自動化したり複雑な問題を解いたりするツールの作成を行えます。

  • 適切なジオプロセシング ツールを特定したら、入力および出力データセットの場所を指定し、プロセスに影響を与えるその他のパラメーターを調整し、ツールを実行します。
  • ArcGIS Pro には多数の組み込みツールが備わっており、カスタム ツールを作成することができます。
  • ModelBuilder を使用して、空間解析またはデータ管理プロセスのダイアグラムまたはモデルを作成できます。
  • Python および ArcPy サイト パッケージを使用してスクリプトを記述することによって、解析、データ変換、データ管理、マッピング作業を自動化できます。
  • エクステンション製品を追加することで、ネットワーク機能、空間機能、空間統計機能などの追加の解析機能を利用できます。

データの管理と編集

ArcGIS Pro では、都市、建物、道路、森林、河川、山、その他の空間現象をはじめとする各種フィーチャを作成および編集し、さまざまなソースから自身のプロジェクトにデータを統合できます。2D と 3D の両方で編集するレイヤーを視覚化できるため、あらゆる視点からこれらを確認できます。

タスクを利用した作業の合理化

GIS 管理者は、タスクを通じて、ユーザーが従うことのできる一連の手順を開発することで、作業が組織内の標準に基づいて実行されるようにすることができます。タスクとは、ワークフローまたはビジネス プロセスの手順をわかりやすく説明した事前設定済みの一連のステップです。

成果の共有

作業の共有は、ArcGIS Pro の重要な機能の 1 つです。 プロジェクト全体、マップ、レイヤー、その他のコンポーネントに至るあらゆる要素を共有できます。

  • 他のユーザーと連携するため、他のユーザーが使用できるプロジェクト テンプレートを構築したり、プロジェクト ファイルやそのアイテムを ArcGIS Online とポータルで共有したりすることができます。
  • Web マップは、ArcGIS Pro 内や ArcGIS プラットフォーム全体 (ブラウザーとモバイル デバイスを含む) で再利用できます。
  • パッケージ化による共有を行うと、GIS データを含む圧縮ファイルが作成されます。完全なプロジェクトやレイヤーを他のユーザーと共有するには、パッケージを作成してください。
  • コンテンツを共有する前に、ArcGIS Pro操作を分析して、エラー、問題点、あるいはパフォーマンスを改善する推奨事項の有無をチェックできます。ArcGIS Pro で何か見つかった場合、その問題の解決方法に関する情報を含むヘルプ トピックへのリンクが通知されます。
  • マップまたはレイアウトを作成した後で、ファイルとして共有したり印刷したりすることができます。いくつかの業界標準ファイル形式にエクスポートできます。