Skip To Content

探索的解析ツール

3D で探索的解析を使用して、グラフィックスを対話形式で作成し、リアルタイムに解析パラメーターを編集することで、データを調査できます。対話型のツールを使用すると、シーン内をクリックするか入力ソース レイヤーを使用して、解析オブジェクトを作成できます。解析パラメーターを操作して、シーン内で視覚的なフィードバックをリアルタイムに受け取ることができます。

次の 5 つの探索的解析ツールがあります。

  • [見通し] ツールは、所定の観測位置から 1 つ以上の目標点が見えるかどうかを判定する見通し線を作成します。
  • [可視ドーム] ツールは、中心にある観測点から見える球体の部分を求めます。
  • [可視領域] ツールは、定義された視野角を通じて所定の観測位置から見えるサーフェス領域を求めます。
  • [スライス] ツールは、ビューの表示をスライスし、見えないコンテンツを表示します。
  • [切り盛り] ツールは、土砂の充填または除去が行われるサーフェス エリアを視覚的に表示しながら、体積の計算を実行します。

最初の 3 つの解析ツールは、表示可能な見通し線、視野、または球形の可視性のカバレッジを決定します。[スライス] ツールは表示中のコンテンツを一時的に除去します。切り取った平面はボリュームとして使用されます。[切り盛り] ツールは、平面を使用して体積移動を計算します。どの場合でも結果は一時的なので、対話型のオブジェクトを再び読み込みたい場合は、フィーチャクラスとして保存する必要があります。

各ツールは可視解析を実現するために、異なる方法を使用し、カスタマイズ可能な作成方法とパラメーター値を提供します。ビュー内の解析のフィードバックは、障害物の有無や範囲外を区別するために色分けされます。

探索的 3D 解析ツールは、現在シーン ビューに表示されているテレインとデータ レイヤーを処理します。ツールの計算精度は、3D オブジェクトとその詳細レベルに基づきます。詳細レベルは、シーンのカメラ位置とお使いのグラフィックス ハードウェアの仕様に応じて変化します。

2D 解析の場合や高精度を求められる場合は、次のような同種のジオプロセシング ツールを使用することをお勧めします。

ArcGIS Solutions for Visibility Assessment で作成されたファイルを使用することで可視性の質問に答える特定のソリューションも存在します。

探索的 3D 解析ツールへのアクセス

シーン内で、[解析] タブの [探索的 3D 解析] グループで、[対話型解析] ドロップダウン メニューをクリックし、ツールをクリックします。カスタマイズして保存したテンプレートは、ギャラリー リストに追加されます。テンプレートの詳細については、後の「解析オブジェクトの更新と管理」セクションをご参照ください。

ツールの選択後、[探索的解析] ウィンドウで作成プロパティを確認および設定します。ツールがアクティブになり、ビュー内に解析オブジェクトを追加できます。対話型のハンドルを使用したり、[探索的解析] ウィンドウの [プロパティ] タブを使用したりして、ビュー内で選択した解析オブジェクトを更新できます。

作成方法とヒント

対話型の探索的 3D 解析ツールと他の表示設定ツールの主な違いは、ビュー内をクリックするとグラフィックスが作成され、手動でリアルタイムに更新できることです。それぞれのツールは、次のようにツール固有のさまざまな作成方法を提供しています。

  • クリックして観測点と目標点を配置できます。
  • 定義された値の代わりに、対話形式で配置を調整できます。
  • カメラの現在位置を観測点として使用して、クリックするだけで目標点を追加できます。
  • ライン レイヤーを指定して、設定された間隔で目標点を作成するのに使用できます。
  • 3D オブジェクトを選択し、スライスする平面の範囲を設定します。
  • 建物フットプリントをトレースして、充填または搬出する必要がある地面の体積を決定します。
  • レイヤー ファイルを使用して、そこから解析を生成できます。これらは、前のパスから探索的解析ポイントに変換できます。

探索的解析ワークフローにキーボード ショートカットを使用して、表示方法を操作したり、観測点と目標点の位置を更新したりできます。

スナップを使用して、ビュー内の解析オブジェクトを建物の角などに配置できます。

解析オブジェクトの更新と管理

適切な選択は、解析オブジェクトを更新する上で重要です。[探索的解析] ウィンドウの [プロパティ] タブを使用すると、解析オブジェクトを参照して、1 つまたはすべてを選択できます。または、選択したオブジェクトの上に表示される編集ハンドルを使用して、ドラッグして再配置やサイズ変更を行うことができます。

すべての解析結果は一時的であるため、テンプレートを保存して、ツールの現在の設定を維持することができます。または、定期的にデザインを操作する場合、観測点、見通し線、またはボリュームのある形状をフィーチャクラスに変換して、再利用したり、他のユーザーと共有したりできます。

リソースの限度

探索的解析ツールは、シーン内でレンダリングするときに、コンピューターの表示機能の一部を消費します。シーンの描画能力に負荷をかけないように、同時に作成できる解析オブジェクトの数と複雑性には制限があります。この制限に達すると、アプリケーションの上部隅に通知が表示されます。他の解析オブジェクトを追加する前に、既存の解析オブジェクトを 1 つ以上削除する必要があります。すべての解析オブジェクトを削除するには、[解析] タブで [すべて削除] すべてを削除 をクリックします。

一般的なワークフロー

3D 空間で可視性を解析する多くのシナリオがあります。たとえば、セキュリティ カメラの範囲が不足または重複している場所が必要なことがあります。中心のソース位置から外に向かうインシデントの影響を知りたい場合もあるでしょう。これらのツールを使用を開始し、独自の使用例を見つけるには、「一般的なワークフロー」に従ってください。

画像、PDF ファイル、または印刷として共有

可視領域、見通し、可視ドーム、スライス ツールの探索的解析のグラフィックスは、シーンを画像または PDF ファイルとして共有するか、印刷するときに取得されます。

[共有] タブの [エクスポート] グループで、[マップ] エクスポート をクリックして、任意の数の画像ファイル タイプまたは PDF にエクスポートします。

オプションで、同じタブの [印刷] グループで、[マップ] 印刷 をクリックして、探索的解析のグラフィックスを含むマップを印刷します。

関連トピック