Skip To Content

リプレゼンテーションを持つレイヤーのシンボル表示

リプレゼンテーションは、フィーチャクラス内にフィーチャ ジオメトリとともにシンボル情報を格納することによって、フィーチャの外観のカスタマイズを可能にする ArcMap のシンボル表示オプションです。一般的に、厳密なカートグラフィック仕様に対応したり、高度なシンボル効果を実現したりする場合に使用されます。フィーチャクラスには複数のリプレゼンテーションが関連付けられているため、同じデータを数種類のマップ製品に一意に表示できます。

リプレゼンテーション シンボル

ArcGIS Pro のシンボル モデルではリプレゼンテーション ルールがサポートされており、属性主体のシンボルと組み合わせることによって、ファイルベースのリプレゼンテーション オーバーライド による地図製作が可能になります。シンボルと属性主体シンボルの構成はレイヤーに格納されるため、このアプローチの方がリプレゼンテーションよりも高い柔軟性を発揮します。更新してもジオデータベースのフィーチャクラスのスキーマ変更は不要で、シンボルはジオデータベース フィーチャクラスだけでなく、どのレイヤー データ ソースにも適用できます。

ArcGIS Pro におけるリプレゼンテーション

リプレゼンテーションは ArcGIS Pro に表示できますが、シンボルは修正できません。リプレゼンテーション シンボルは、ソース データにリプレゼンテーションが含まれるレイヤーの [シンボル] メニュー シンボル表示 にあります。レイヤーに複数のリプレゼンテーションが含まれる場合は、そのそれぞれにシンボル オプションがあります。

レイヤーのシンボルに修正を加えるには、リプレゼンテーション シンボルを個別値シンボルに変換します。これにより、すべてのリプレゼンテーション ルールと、リプレゼンテーションに関連付けられたフィールド オーバーライドが、レイヤー シンボルに変換されます。変換する前にレイヤーを分析し、オーバーライド blob フィールドに格納されたオーバーライド、シェープ オーバーライド、フリー リプレゼンテーション、リプレゼンテーション マーカー オーバーライドなど、サポートされていない要素を特定する必要があります。分析を実行すると、各フィーチャをオーバーライドとともにリストするログ ファイルが生成されます。ArcMap を使用してオーバーライドされた属性やジオメトリを手動で適切なフィールドに移動するか、この操作を [オーバーライドの更新 (Update Override)] ジオプロセシング ツールで行います。

リプレゼンテーション シンボルを個別値シンボルに変換

リプレゼンテーション シンボルを個別値シンボルも変換するには、次の手順を実行します。

  1. [コンテンツ] ウィンドウで、リプレゼンテーションで描画したフィーチャ レイヤーを選択します。[表示設定] タブの [描画] グループで、[シンボル] をクリックして [シンボル] ウィンドウを開きます。
  2. [シンボル] ウィンドウで [分析] をクリックし、リプレゼンテーションの分析を実行します。
  3. 分析結果はこのダイアログ ボックスの下に表示されます。問題が見つかった場合は、オーバーライドを含むリプレゼンテーション ルールが記載されたログ ファイルが生成されます。このようなオーバーライドを含む個々のフィーチャは、ArcMap[オーバーライドでフィーチャを選択 (Select Feature By Override)] ツールで特定できます。[ログの表示] をクリックしてログ ファイルを開きます。
  4. 分析が完了していれば、[変換] ボタンが有効になります。分析によって問題が見つかった場合は、ArcMap でオーバーライドをフィールドに移動するか、オーバーライドを削除して解決します。または、変換時に無視することもできます。
  5. [変換] をクリックし、リプレゼンテーションを、フィールド オーバーライドを適用した個別値シンボルに変換します。個別値フィールドは、リプレゼンテーションの RuleID フィールドです。
  6. 式ボタン 式の設定 をクリックし、リプレゼンテーション RuleID のベースとなる元のデータ値を使用して、シンボルを式ベースのシンボルに移行する方法もあります。

関連トピック